カラフル・ストリート・スナップ:Jatupateeと見るAtoll Ultra-Wide 2.8/17 Lensの第一印象

ストリートフォトの世界は可能性が無限大。どんなに小さいディテールだって新たなストーリーのもととなります。Jatupatee で知られるストリートフォトグラファーのJatuporn Pateepaparnee がロモの新しいAtoll Ultra-Wide 2.8/17 Lens の試写をしてくれました。全く新しい超広角の世界をお楽しみください!

初めまして、Jatupatee!自己紹介をお願いします。

タイ出身のTe Jatupornと言います。

How are you and what have you been doing lately?

普段は動画撮影やグラフィックデザインをしています。写真ももちろん撮っています!

新しい Lomography Atoll Ultra-Wide 2.8 / 17 Art Lens を使って撮影して頂きました。その感想をお聞かせください。

太陽が綺麗なので海沿いで動画を撮ってみました。カメラをスタビライザーにつけて、モデルさんがスケートボードで路地を走る抜ける姿を撮影しました。このレンズは広角なので構図がしやすかったです。ムアントンタニとプラナコーンにも行って写真も撮りました。陽が落ちかけていて少し暗かったですが、楽しく撮影出来ました。

Atollのような超広角で撮影したことがありますか?

24mmしか使ったことないですね。

Atollを使った撮影はどうでしたか?一番良かったことは?

Lomo LC-Wide が大好きなので、Atollでの撮影ももちろん楽しかったです。17mmの超広角は欲しい物を全てフレーム内に収めてくれるのでとても使いやすかったです。色も鮮やかに写ってとても感動しました。

Atollはどんな撮影に向いてますか?撮影に際して何かアドバイスはありますか?

どんなシーンでも使えると思いますが、撮る人次第だと思います。僕が撮影する時は背景や雰囲気を活かして写真の物語を作るようにしています。とにかく撮影が楽しかったです!

Jatupateeの Instagram のフォローも忘れずに!

Atoll Ultra-Wide 2.8/17 Lensは こちら から購入できます!
---

ロモグラフィー:Web Site / Instagram / Facebook / Twitter

2021-12-20 #culture #people maytage の記事

他の記事を読む