Edward CondeとBabylon Kino B&W ISO 13に写るLAの街並み

LAで活躍中のフォトグラファーEdward Condeからすれば、太陽の日差しやヤシの木であふれるストリートは Babylon Kino B&W ISO 13 と相性抜群。彼の低感度フィルムを使ったテクニックとその経験値は podcast で紹介されるほどです。そんな彼にBabylon Kino B&W ISO 13の印象を聞いてみましょう。

低感度フィルムで撮影したことはありますか?過去に試した中で最も低いISO感度は?

Yes, I have been shooting low iso film for some time now. The lowest ISO I have shot is ISO 6 & ISO 12 with Kodak 2238 B&W film.

はい、何回かあります。一番低くて、Kodak 2238 B&W の ISO6とISO12 です。

このフィルムでの撮影はどうでしたか?

ここLAには、低感度フィルムに必要な日差しが豊富にあるので、低感度での撮影をいつでも楽しめました。

フィルムは自分の Nikon F100に装填しました。僕が持っている低感度で撮影可能なカメラの一つです。カメラについている露出計が、絞りやシャッタースピードの設定にとても役立ちます。このフィルムでは、シャッタースピードを保ちながら、f2.8からf4の間で撮影していました。

© Edward Conde

カラー写真と白黒写真はどちらが好みですか?それはなぜ?

気分によります。カラーも白黒も両方大好きですよ。一年を通して、様々なフィルムの気分になっていることに気付かされます。春や夏には、白黒よりカラー写真を撮りがちです。この季節の色味が、自然とそうさせるんだと思います。白黒に関しては一年中撮影していますが、霧が出たり雨が降りやすい秋や冬が多いですね。

© Edward Conde

フィルムは現像所で現像していますか?それとも自分で? 自分なりの現像プロセスがあれば教えてください!(いつも使う現像液や攪拌の仕方、どのくらい時間をかけるかなど…)

以前は Lomography USA で現像をお願いしていました。自分で現像したかったのですが、時間の都合上現像とスキャニングもお願いしてしまった方が早かったので。自分で現像するのは待ちきれないですが、現像液もあれこれ変えて、写りの変化をずっと試しています。

Babylon Kino B&W ISO 13 を使ってみて新たに印象的だった部分はありますか?

陰部分のディテールがあり、ハイライトは維持されたまま、黒がいい塩梅で写っていることです。

© Edward Conde

Lastly what kind of photography would you recommend our new black and white film for?

最後に、このフィルムはどんな写真に向いていますか?

僕は主にドキュメンタリーやストリートフォトを撮影しているのですが、おそらくこれらのジャンルに向いていると思います。

InstagramLomoHome のフォローを忘れずに!

2021-12-08 #gear #people #places tamarasaade の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む