フィルムに写す世界の景色: AfroPunk 2021 in アトランタ

Afropunk は黒人アーティストやコミュニティによるアート、ファッション、映画、音楽を紹介するフェスティバル。2003年にパンクロックシーンにおけるアフリカンーアメリカンたちのライブを追ったドキュメンタリーに触発され、2005年に始動しました。パンクロックなど白人が大半を占めるミュージック・サブカルチャーにおいて、才能ある黒人アーティストのために、プラットフォームの役割を担ってきました。規模が大きくなるにつれて、ヒップホップやソウル、ポップといった他分野にもその場を提供しています。

このマガジンでは、Travon Gourdine (@boshnovart) を招き、彼の考えや経験、イベントの写真をシェアしてもらいます。

Credits: boshnovart

AfroPunk Fest についてもっと教えてください!いつ頃から取材を始めましたか?このイベントの特別なところは? このフェスでは誰と一緒にいましたか?

Afro Punk はまさに体験そのもの。あらゆる世界に生きている人々を祝うことを目的としたミュージックフェスです。そこにはもちろん、驚くべき才能溢れるミュージシャンだけでなく、多種多様なアーティストもいる自由な祭典です。僕はそこでたくさんの素晴らしい人に出会いました。

記憶に残る体験をいくつか教えてください!

全てです。人、ファッション、音楽、みんなの愛。あの場にいないとなんとも説明が難しいですね。

Credits: boshnovart

フォトグラファーとして、どんな被写体を撮影しましたか?それはなぜ?

主にポートレイトを撮りました。あとはコンサートの様子を少し。ポートレイトは被写体とより近くなれますよね。あの場にいた誰もが本当に美しかったんです。

最近はどうですか?次の予定は?

最近は万事順調です。フルタイムで写真を続けるために2週間前に仕事を辞めたばかりです。長い旅でした。フルタイム・フォトグラファーという夢にまだ満ち溢れています。いくつかのプロジェクトも、自分の撮影をよりアーティスティックに仕上げることもできそうです。写真集の制作も進んでいます。

Credits: boshnovart

_Around the World in Analogue_に参加してみませんか?Around the World in Analogue とタイトルを書いて、ciel.hernandez@lomography.com まで概要をぜひ送ってください。コミュニティーに忘れられない旅をシェアしましょう!ガイドラインはこちら(英)

2022-04-29 #culture #places cielsan の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む