中判カメラビギナーにおすすめの4つのロモカメラ

フィルム界隈でよく言われていることは、中判フィルムより35mmフィルムの方が簡単で、とっつきやすいということ。大きいフォーマットはフィルム初心者の方たちを怖がらせてしまうのではないでしょうか。そんなことはまったくありません!今回は初心者の方でも中判フィルムを簡単に楽しめるカメラをご紹介!初めての中判フィルムカメラはぜひロモグラフィーのカメラを選んでみてください!

Credits: lomographyfruchtzwerg_hhgheinz & frenchyfyl

信頼とコンパクトさが売りのLomo LC-A 120

コンパクトさ。35㎜フィルムカメラが広く使われるのはこの一言に尽きます。Lomo LC-A 120 は、35㎜フィルム用のカメラを使用した経験のある方には、最も親しみやすい中判カメラなのではないでしょうか。多くの中判カメラは大きくて重く、35mmフィルムカメラのような手軽さが無いのがほとんどです。LC-A 120は35㎜のコンパクトフィルムカメラよりはるかに大きい 4.3 in. x 2.5 in. x 5.3 in サイズで撮影ができます。しかし、LC-A 120の操作感は手軽に使えるLC-A +そのもの。さらに、中判フォーマット初心者には安心の自動露出と簡単なフォーカス機能が搭載されています。

Credits: kneehigh85fruchtzwerg_hh & nickpage

操作が簡単なDiana F+

初めての中判フィルムを使う時、ちゃんと撮れているか心配ですか?Diana F+ なら構図を合わせてシャッターを切るだけ。新しいフォーマットで心配な方はこの簡単に撮れるかわいいデザインのカメラがおすすめです。

Credits: fruchtzwerg_hhkathi-lapangmark & johbeil

LomoMod No. 1 でつくるDIY中判カメラ

中判フォーマットはどうしても気合いを入れて撮影をしがち。でもたまには気分転換にとにかく楽しむことも大切です。LomoMod No. 1 はそんな楽しさを追求したカメラです。このカメラは自分で組み立てるカメラなので、撮影する前から楽しさがいっぱいです。液体レンズを採用しているので、好きな液体を入れて写りの変化を楽しむことが出来ます。

液体レンズについてはこちらのマガジンも併せて読んでみてください→LomoModの楽しみかた:サットンレンズ

Credits: meister_pezstratskikcb7-11 & lomography

なつかしの二眼レフ撮影を可能にするLubitel 166+

Lomo Lubitel 166+ は他のカメラとは一線を画す、洗練さを兼ね備たクラシックさが再現された二眼レフカメラです。 初心者でも、フィルム経験者でも、誰しもが持つべき価値あるカメラの1つです。付属のLubikin 35 mm kitを使うと中判フィルムだけではなく、35mmフィルムも使うことができるので、35mmフィルムの気分になったらフォーマットを切り替えることもできます。フルマニュアルのカメラなので自分の思い通りの撮影をすることができ、クリエイティブな作品作りにも最適な1台です。

Credits: fruchtzwerg_hhsakisaki01234annalisa-gaeta87 & bloomchen

初めての中判フィルムカメラは是非ロモグラフィーのカメラを使ってみてください!

↓お買い物は下記リンクから↓

ロモグラフィーカメラ
ロモグラフィー中判フィルム


ロモグラフィー:Web Site / Instagram / Facebook / Twitter

2022-02-02 #gear #tutorials cielsan の記事

他の記事を読む