メトロポリスなヒマリの世界

── 今回2回目のインタビューですが、それからいかがお過ごしでしょうか?

前回のインタビューでは大学生でしたが、この春から社会人になり、新入社員として忙しい日々を送っています。就職に伴い兵庫県から埼玉県に移動したため、関西ではなかなかお会いできなかった方に会ったり、行ってみたかったところに行ったりして過ごしています。

── 今回のLomoChrome Metropolis 2021での撮影では、どんなテーマで撮影しましたか?

メインで考えていた夜撮りでは、宇宙少女のようなイメージで撮影しました。雨の降った日の地面は光が反射して綺麗なので、夜×雨×光の状況下で撮影するとメトロポリスの雰囲気と合うのではないかと考えました。宇宙少女のイメージなので、モデルの方には宇宙服を思わせるような真っ白な衣装を着てもらっています。そのほかに撮影した喫茶店の写真は、テーマなどは特に考えていなかったのですが、メトロポリスは低彩度な中でも赤色や黄色が目立つ印象があったので、あえてそれらの色味が入るように工夫して撮影しました。

── 以前にLomoChrome Metropolisを使ったことはありましたか? その第一印象を是非聞かせてください。

古いバージョンのメトロポリスを使用したことがあります。第一印象は、彩度が低いためか白が綺麗に写るなあと思いました。モデルさんの肌をメインで撮るような撮影に使用したのですが、肌色に透明感が出てイメージにぴったりでした。

── 新しいメトロポリスを使った感想をお聞かせください。

新旧関わらず、ほかのフィルムには出せないメトロポリスのこの色味が大好きだなあと再確認しました。特に新しいメトロポリスのほうが、この独特の色味を残しながらも全体的に彩度が高く、コントラストが強くなったことで一枚一枚の力強さみたいなものが増したように感じ、私自身お気に入りのワンロールになりました。

── 新旧両方のバージョンを使ってみて、何か違いを感じる場面はありましたか?

カメラや現像の違いもあるかもしれませんが、新しいバージョンのほうがコントラストが強く、シャドウの部分がくっきり濃く出るような印象がありました。古いバージョンは淡いイメージの撮影で、新しいバージョンは夜撮りで使用したのでそれぞれよく合っていたと思います。

── 普段のカラーフィルムでのポートレート撮影と、メトロポリスを使った撮影では撮影スタイルなどに変化はありますか?

普段の撮影ではイメージを固めずに散歩しながら撮ることが多いのですが、メトロポリスは色味が独特で写真の作品性が増すので、撮影イメージやテーマをある程度固めてから撮ることが多いです。作例などを調べてどのような色味になるのかを頭の中に入れておいて、写真を撮るときにどの色が入ると相性がいいのか考えながら撮っていますね。仕上がりを想像しながら撮るのがとても面白いです。

── LomoChrome Metropolisのポートレートとの相性はいかがですか?またこのフィルムはどんなポートレートに向いていますか?

先ほども述べた通り、肌色が綺麗に写るのでポートレートとの相性はとてもいいと思います。ポートレートの中でも特に、私が今回挑戦した夜撮りや曇りの日の作品撮りなど、シックな印象の撮影テーマだとよりしっくりくるように思います。

── LomoChrome Metropolisは"光"をどのように捉えてくれますか?

”影”が濃く写ることで、”光”がより印象的に見えるような写し方をしてくれるフィルムだと思います。コントラストが強く、シャドウが濃い印象が強いですが、だからこそ光をより鮮明に捉えてくれます。また、昼間の日光は柔らかめに、夜の電灯などの人工的な光は強く閃光のように写ってくれるので、時間帯によって全然違う光になるのが面白いところだと思います。

── 今回の撮影でのお気に入りの写真とその理由を教えてください。

【写真】夜撮りでモデルさんが右側にいる写真↑
【理由】左側の光が羽みたいにも見えて印象的な写真だからです。雨風を感じる一瞬とモデルさんの表情も相まって映画のワンシーンみたいで好きです。

【写真】喫茶店でモデルさんが目元に手をやっている写真↑ 
【理由】赤い花を前ボケに使ったのが大正解でした。また後ろの壁の玉ボケと、モデルさんのしぐさの自然な感じ、全部が心地よくて好きな写真です。

── 最後に、LomoChrome Metropolisはどんな方にお勧めしたいですか?また、撮影のコツなどありましたらシェアしてください!

そうですね。普通のカラーフィルムでの色味に慣れてきて新しい写りに挑戦してみたかったり、シックな雰囲気の作品が好きな方には是非おすすめしたいと思います。撮影のコツは、まずメトロポリスの色味を作例から学んでイメージをすることです!また、ポートレートを撮る場合は、どこかに赤色や黄色の原色が入るようにお洋服や小物を工夫すると、メトロポリスの色味を活かした印象的な写真が撮れるのではないかと思います。


その他のヒマリの作品はInstagram をご覧ください!ぜひフォローもしてください!

素晴らしい写真とインタビューありがとうございました!

ヒマリさんの過去のインタビューはこちら→ 「ヒマリ:煌めきを追い求めて」


ロモグラフィー:Web Site / Instagram / Facebook / Twitter

2022-08-22 kota_97 の記事

他の記事を読む

  • ヒマリ:煌めきを追い求めて

    2022-03-14 #culture #people
    ヒマリ:煌めきを追い求めて

    現在神戸で活動しているヒマリはデジタルにはない身体性をフィルムに見出し、フィルムを使い続けています。被写体やモデルとのコミュニケーションを通して光を追い求め、そして自分にとっての写真を模索し続けています。優しく煌めきに包まれている写真たちをお楽しみください。

  • Pauline Rühl SaurとDiana F+: 息づく世界の詩

    2022-05-09 #gear #people
    Pauline Rühl SaurとDiana F+: 息づく世界の詩

    風景、ファッション、ポートレート ー Pauline Rühl Saur が私たちのアイコニックな120カメラを使って写し出した、ポエティカルで創造性に満ちたイメージをご覧ください。

  • Phil Knallと新しいLomoChrome Metropolisで撮った都会の姿

    2022-04-27 #culture #people #places
    Phil Knallと新しいLomoChrome Metropolisで撮った都会の姿

    日本在住のオーストリア人 Phil Knall。生活の中心が双子の子育てになっても、アナログ写真に対する情熱は変わりません。今回は、2021年バージョンの Lomochrome Metropolis を、35mmと120の両方で撮影してもらいました。新バージョンのフィルムを通して眺める大都市東京をお楽しみください。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレートレンズ

    全てがクラシカルなポートレートレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレートレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • フィルムに写すギリシャの景色: ミロス島

    2022-08-26 #people #places sylvann の記事
    フィルムに写すギリシャの景色: ミロス島

    フィルムに写す世界の景色(Around the World in Analogue)シリーズでは、ロモグラフィーコミュニティーのメンバーによって撮影された世界の風景をご紹介しています。今回はフィルム写真愛好家のTina Chalkidi (@xalkidh)がミロス島に行った思い出を素敵なフィルム写真と共にシェアしてくれました。

  • フィルムに写す世界の景色: セネガルの美しい街並み

    2022-06-17 #gear #people #places melissaperitore の記事
    フィルムに写す世界の景色: セネガルの美しい街並み

    “フィルムに写す世界の景色(Around the World in Analogue)”シリーズでは、ロモグラフィーコミュニティーのメンバーによって撮影された世界の風景をご紹介しています。 今回はスペイン在住のCarla Diefが撮ったセネガル旅行の写真をシェアしてくれました。 セネガルの街の雰囲気を肌に感じる素敵な写真をお楽しみください!

  • 第三世界 : クマガイユウヤ

    2022-02-14
    第三世界 : クマガイユウヤ

    "LomoChrome Metropolis"というフィルムが持つ魅力と可能性について、ミュージシャンでありフォトグラファーでもあるクマガイユウヤさん(from THE NAAV) がファインダーを通して出会ってきた”第三世界”をご紹介します。まだ見ぬあなたの第三世界を覗いてみませんか?

  • ショップニュース

    ロモグラフィーのフィルムラインナップ

    ロモグラフィーのフィルムラインナップ

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • モノクロ現像&スキャンワークショップのお知らせ

    2022-04-08 #gear #ニュース #people kota_97 の記事
    モノクロ現像&スキャンワークショップのお知らせ

    2022年4月23日(土)にArts Chioyda 3331にある直営店Lomography+でモノクロ現像&スキャンワークショップを開催いたします。当日は撮影ずみのフィルムの現像とスキャンをおこないます!モノクロフィルムを使ったことがない方、現像をしたことがない方など、新しいフィルムの体験をしてみたい方にお勧めのワークショップとなっております!

    2
  • モノクロに映る街の美しさ: Suhyuk ChaiとMinitar-1

    2022-09-02 #culture #people hey_springtime の記事
    モノクロに映る街の美しさ: Suhyuk ChaiとMinitar-1

    *Suhyuk Chai* の名で活動するソウルに住むストリートフォトグラファーのChae Soohyukははっきりとした構図でありながらも力強いモノクロ写真を撮り続けています。そんな彼に "Lomo LC-A Minitar-1 2.8/32 ブラックを使ってソウルの姿をモノクロに記録してもらいました。インタビューと併せてご覧ください。

  • ロモグラフィー10ゴールデンルールチャレンジ (パート1)

    2022-06-10 #culture #people alexgray の記事
    ロモグラフィー10ゴールデンルールチャレンジ (パート1)

    4月のフィルム写真を記念したイベントとして、ロモグラフィーでは世界中のロモグラファーに10ゴールデンルールをもとに撮影して頂きました! そしてその結果をロモホームにハッシュタグ#goldenrulechallengeと共にシェアしてもらいました!このマガジンではルール 1から5まで紹介しています。世界各国から集められた写真をお楽しみください!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ロモグラフィーパートナー: Fotovramke Film Lab in ウクライナ

    2022-03-07 #people #places cheeo の記事
    ロモグラフィーパートナー: Fotovramke Film Lab in ウクライナ

    日本だけでなく、アナログのニーズに応えるためのロモグラフィーパートナーが世界中にいます。今回は、ウクライナはキーフを拠点とするフィルムラボの "Fotovramke Film Lab"をご紹介いたしま。

    1
  • LomoApparat の第一印象 ④ by Choi Mo

    2022-10-31 #gear #culture #people nikkicheung の記事
    LomoApparat の第一印象 ④ by Choi Mo

    新発売の広角コンパクトカメラのLomoApparat使った撮影のために、香港のフィルムフォトグラファーの Choi Moをお招きしました!このポケットサイズのカメラを握りしめ、朝から夜までたくさんのクリエイティブな機能を駆使して撮影をしてくれました。彼が撮影した香港の街並みをぜひご覧ください!

  • 新しいLomoChrome Purple 2021 Pétillantの第一印象 by Josh Mulholland

    2023-01-23 #ニュース
    新しいLomoChrome Purple 2021 Pétillantの第一印象 by Josh Mulholland

    アイルランド在住のJosh Mulhollandに新しくなったLomoChrome Purple 2021 Pétillantのテスト撮影をしていただきました。このインタビューでは彼のお気に入りの写真やLomoChrome Purpleの撮り方などたくさん語ってもらいました。