ロモグラフィー10ゴールデンルールチャレンジ (パート1)

4月のフィルム写真を記念したイベントとして、ロモグラフィーでは世界中のロモグラファーに10ゴールデンルール をもとに撮影して頂きました! そしてその結果をロモホームにハッシュタグ#goldenrulechallenge と共にシェアしてもらいました!このマガジンではルール 1から5まで紹介しています。世界各国から集められた写真をお楽しみください!

Credits: chaucharliechaugaz & niklaswag

ルール 1 – どこに行くにもLomoをつれていこう。

フランス在住ロモグラファーの@CORINNE-CAMIADEとイギリス在住の@GAZが記念すべき最初のルールに選ばれました。2人の写真はとても違う物ですが、どこか共通してルール 1らしいその場の雰囲気が伝わってきます。

Credits: corinne-camiade
“このルールこそみんなが実践するべきルールだと思います。 [. . .] 特に考えずに写真を撮りました。このチャレンジをやってみて、普段と違う撮り方をすることの難しさを実感しました! 日常の瞬間を写真に撮ったり、自分の興味を引いた物の写真を撮ることはとても大切なことですが、ゴールデンルールの事を考えながらシャッターを切るのは思ったよりも複雑なプロセスでした。”

一方で@GAZの写真はもっと非現実的な奇妙さを持っていて、実験的な写真に寄っています。彼は、 Lomo LC-Wide で重ね撮りをしてエンドレスなパノラマを撮ることで面白い写真を撮りました”

Credits: gaz

これらのパノラマ写真はとても直感的でカジュアルでありながらも、ユニークさが伝わってきます。

“外出するときは必ずLC-A+かLC-Wideを持って行くようにしています[. . .] ロモのウェブサイトで見たLC-Aで撮影されたクロスプロセスの写真を見て以来、ロモのコミュニティーの一員になれる日を夢見てました。”

ルール 2 – 昼でも夜でもいつでも撮ろう。

@FINASTERIDEの名前で活動するMassimilianoisはローマ在住の53歳のナースです。ルール 1と同様、ルール 2も彼の写真のスタイルなので、そこまでの”チャレンジ”ではなかったようです。

“いつもカバンにカメラを入れるようにしていて、何かあると必ず写真を撮っています、 特にこれといったコンセプトなどはありませんでしたあ、面白い光に注目して撮影をしました。”
Credits: finasteride
Sprocket RocketLomoChrome Purple の組み合わせが一番のお気に入りで、撮れた写真にはとても満足しています。紫に染まる風景とパーフォレーションまで露光された写真がいい味を出しています。”

ルール 3 – Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部です。

スペイン在住の@ALEX_PELLICERはデジタルから写真を始めましたが、後にフィルムの魅力に惚れ、フィルムに転向しました。彼の写真スタイルはキューバとニューヨークへの旅行に大きく影響されました。 "あの旅をきっかけにストリート写真に目覚め、今ではカメラ無しで外出することはないです。"

このゴールデンルールチャレンジでも彼のストリート写真への情熱が垣間見えています。

“とにかく気になった瞬間や風景の写真を必ず撮るように心がけました。街中での散歩、ちょっとした買い物の途中など、その中で偶然聖週間に遭遇し、パレードを写真に記録することもできました。”
“写真に連続性はありませんが、良い写真も撮れたと思います。美術館の中で撮った写真がなんとも言えないアブストラクトな雰囲気がしてとても好きです。”

ルール 4 - オシリの位置からも写してみよう!

“ルール 4の「オシリの位置からも写してみよう」は自分なりに考えた結果、考えすぎないで撮ると言うことになりました。露出や構図に気を使う必要がそこまでないので、日常の一瞬を記録できるスナップ写真にぴったり。それが写真の楽しみ方の1つかと思います。”

この遊び心あるルールは@NIKLASWAGの少年らしい一面を見せてくれています。あえてモノクロで撮った写真が良い雰囲気を醸し出しています。

Credits: niklaswag
“1番のコンセプトは自分のコンパクトカメラを常に持ち歩いて、とにかく撮ることでした。日常風景や友達の姿など、とにかくいろんな写真を撮りました。”
“良い写真がたくさん撮れました。露出設定を間違えて全体的にオーバーに撮れてしまいましたが、結果オーライということで。。例えば中判フィルムでもっとちゃんとした撮影だったらガッカリしていたと思いますが、日常のスナップ写真なら写真が残ってるなら多少の失敗は問題無いと思います。むしろ、一瞬を記録できる事の方が大切です!”

ルール 5 - できるかぎり被写体に接近して撮ろう。

香港在住の@CHAUCHARLIECHAUはロモのゴールデンルールの大ファン。特にルール 6と8が大好き。彼女曰く、 “自分の撮る写真はランダムなものがほとんど。”

Credits: chaucharliechau
“今回はルール 5の「できるかぎり被写体に接近して撮ろう。」に挑戦しました。このルールでは普段では気にかけない小さな物をいつもとは違う角度で撮影するきっかけとなりました。きれいな写真がたくさん撮れました。”
“普段クローズアップ撮影をしない自分としてはとても驚きましたが、撮れた写真にはとても満足しています!いつもとは違う気持ちで撮影ができました。”

残りのルール 6から10は後日公開予定です!今しばらくお待ちください!!


ロモグラフィー:Web Site / Instagram / Facebook / Twitter

2022-06-10 #culture #people alexgray の記事

他の記事を読む