モノクロに映る街の美しさ: Suhyuk ChaiとMinitar-1

Suhyuk Chai の名で活動するソウルに住むストリートフォトグラファーのChae Soohyukははっきりとした構図でありながらも力強いモノクロ写真を撮り続けています。そんな彼に Lomo LC-A Minitar-1 2.8/32 ブラック を使ってソウルの姿をモノクロに記録してもらいました。インタビューと併せてご覧ください。

LOMO LC-A MINITAR-1 ART LENS 2.8/32 M © Suhyukchai

初めまして!簡単に自己紹介をお願いします。

Suhyuk Chaiと言います。ソウルに住んでいて、普段は小さなカメラとモノクロでストリートフォトグラフィーをしています。

写真を始めたきっかけは?どんな写真が好きですか?

大学時代は映像系に興味があり映像プロダクションや映画祭に参加していましたが、自己表現の形として写真の方が魅力的に感じるようになりました。写真の中でもモノクロ写真の持つ独特の雰囲気に魅了され、そこから写真を始めました。大学を出た後にロンドンに行き、メディアと写真を学びました。今でも僅かな感情を込めた文字では伝えることのできない自己表現をモノクロ写真をとうして作り出しています。

撮影をする時は事前にテーマやコンセプトを決めていますか?

撮影に行く時はどこに行こうか、くらいのことしか考えてません。歩きまわって何かあればすぐに撮るようにしているので特にコンセプトなどは深く考えてません。無意識のうちに作り出した感情や思いを持って写真を撮り歩いています。それらに似通ったものをモノクロに記録していると思います。

LOMO LC-A MINITAR-1 ART LENS 2.8/32 M © Suhyukchai

Lomo LC-A Minitar-1 2.8/32を使って撮影した感想をお聞かせください。

自分の撮影スタイルにぴったりでした。サイズ感もとてもコンパクトで軽く、スナップのように瞬間的にシャッターを切りたい人には最適なピント合わせの仕方がとても気に入りました。絞りリングはフォーカスレバーに邪魔されることがないので撮影に集中することができます。また、間隔が絶妙に調整された4段階のフォーカスレバーは直感的に使用できるのでレンズを見ずにピント合わせができました。特にLeica Mのカメラに付けるとコンパクトなスナップシステムができる良いレンズです。

LOMO LC-A MINITAR-1 ART LENS 2.8/32 M © Suhyukchai

どんな人や撮影シチュエーションにこのレンズをおすすめしたいですか?

僕みたいに素早くスナップ写真を撮りたい人やいつでも持ち運べるコンパクトシステムで撮影したい人におすすめしたいですね。それにこのレンズのビネットも魅力の1つですね。

計画中のプロジェクトや展示はありますか?

パンデミックで色々と計画が遅れてしまっています。海外生活中に撮影した写真を展示する個展を計画中です。その後は写真や出版に関する勉強・研究を進めたいと思っています。

LOMO LC-A MINITAR-1 ART LENS 2.8/32 M © Suhyukchai

Suhyuk Chaiの Instagram のフォローもお忘れなく!

2022-09-02 #culture #people hey_springtime の記事

Lomo LC-A MINITAR 1:2.8

LC-A生誕以来、愛され続けて来た鮮やかな発色、ヴィネット効果、コントラストの強い写り、そしてLC-Aが可能にしたロモグラフィー10ゴールデンルールに則った撮影スタイルを、アナログ、デジタル問わず他のカメラでもお楽しみいただけます!あなたもお好きなカメラにMinitar-1レンズを装着して、おしりの位置から撮影してみよう!

他の記事を読む

  • 110フィルムで撮影されたポートレート展「手のひらサイズのポートレート」を開催

    2022-07-06 #culture #ニュース #people #places kota_97 の記事
    110フィルムで撮影されたポートレート展「手のひらサイズのポートレート」を開催

    2009年に市場から一度姿を消した110フィルム。 その3年後の2012年にロモグラフィーの手によって復活し、今では唯一の110フィルムメーカーとなりました。 そんな手のひらに乗る小さなフィルムにはその大きさ以上の表現力が詰まっています。今回の展示では、110フィルムを愛用するフィルム写真家6名を招待し、合計12点のポートレート写真を展示いたします。

  • Memorial to the Holodomor Victims (Kiev, Ukraine)

    2022-06-06 #places plyshbel の記事
    Memorial to the Holodomor Victims (Kiev, Ukraine)

    78年前、ウクライナでは700万~1000万人にも及ぶ人々が飢餓により亡くなりました。この記念碑はキーウで起こった飢餓、Holdomorの犠牲者のために建てられたものです。この場所に漂う暗い雰囲気はロモグラフィーにとっても忘れられない、趣味深い背景を感じさせます。

  • Phil Knallと新しいLomoChrome Metropolisで撮った都会の姿

    2022-04-27 #culture #people #places
    Phil Knallと新しいLomoChrome Metropolisで撮った都会の姿

    日本在住のオーストリア人 Phil Knall。生活の中心が双子の子育てになっても、アナログ写真に対する情熱は変わりません。今回は、2021年バージョンの Lomochrome Metropolis を、35mmと120の両方で撮影してもらいました。新バージョンのフィルムを通して眺める大都市東京をお楽しみください。

  • ショップニュース

    初心者におすすめなコンパクトなLC-A+

    初心者におすすめなコンパクトなLC-A+

    フィルムカメラを始めてみたいけど、いきなり一眼レフを使いこなす自信がない...という人も多いはず。気軽なスナップ撮影や、使い捨てカメラからのステップアップには、 35mm コンパクトフィルムカメラがおすすめ。

  • Making a Moment: 多重露光の裏側 by Amp Puttipong

    2022-09-12 #people alexgray の記事
    Making a Moment: 多重露光の裏側 by Amp Puttipong

    新シリーズのMaking A momentでは世界各国のフォトグラファーの方たちにお気に入りの1枚を選んでもらい、その撮影秘話をご紹介しています。今回はタイ在住で実験的なフィルム写真を得意とする写真家 Amp Puttipong (@amp_puttipong) の撮影秘話をお送りいたします。

  • モノクロ現像&スキャンワークショップのお知らせ

    2022-04-08 #gear #ニュース #people kota_97 の記事
    モノクロ現像&スキャンワークショップのお知らせ

    2022年4月23日(土)にArts Chioyda 3331にある直営店Lomography+でモノクロ現像&スキャンワークショップを開催いたします。当日は撮影ずみのフィルムの現像とスキャンをおこないます!モノクロフィルムを使ったことがない方、現像をしたことがない方など、新しいフィルムの体験をしてみたい方にお勧めのワークショップとなっております!

    2
  • ロモグラフィー10ゴールデンルールチャレンジ (パート1)

    2022-06-10 #culture #people alexgray の記事
    ロモグラフィー10ゴールデンルールチャレンジ (パート1)

    4月のフィルム写真を記念したイベントとして、ロモグラフィーでは世界中のロモグラファーに10ゴールデンルールをもとに撮影して頂きました! そしてその結果をロモホームにハッシュタグ#goldenrulechallengeと共にシェアしてもらいました!このマガジンではルール 1から5まで紹介しています。世界各国から集められた写真をお楽しみください!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 第三世界 : クマガイユウヤ

    2022-02-14
    第三世界 : クマガイユウヤ

    "LomoChrome Metropolis"というフィルムが持つ魅力と可能性について、ミュージシャンでありフォトグラファーでもあるクマガイユウヤさん(from THE NAAV) がファインダーを通して出会ってきた”第三世界”をご紹介します。まだ見ぬあなたの第三世界を覗いてみませんか?

  • モノクロフィルムの現像時間を調べる裏技

    2022-04-20 #gear #tutorials #ビデオ eparrino の記事
    モノクロフィルムの現像時間を調べる裏技

    現像したいフィルムのレシピが見つからない時や新しいフィルムを初めて現像する時は、現像液とフィルムの切れ端を使って、ちょっとした裏技で現像時間を調べることができます。

  • Let the Camera Do the Talking (カメラは語る)— Sergei Gavrilov インタビュー

    2022-09-05 cielsan の記事
    Let the Camera Do the Talking (カメラは語る)— Sergei Gavrilov インタビュー

    gavrilovsergphotoとして知られ、アナログポートレート写真家でありコミュニティメンバーでもあるSergei Gavrilovは、モデルたちと静寂の中で撮影を行います。そして彼のカメラは撮影を通し、多様性と生々しい個性を解き明かすメディアに変貌します。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレートレンズ

    全てがクラシカルなポートレートレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレートレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ヒマリ:煌めきを追い求めて

    2022-03-14 #culture #people
    ヒマリ:煌めきを追い求めて

    現在神戸で活動しているヒマリはデジタルにはない身体性をフィルムに見出し、フィルムを使い続けています。被写体やモデルとのコミュニケーションを通して光を追い求め、そして自分にとっての写真を模索し続けています。優しく煌めきに包まれている写真たちをお楽しみください。

  • フィルムに写すギリシャの景色: ミロス島

    2022-08-26 #people #places sylvann の記事
    フィルムに写すギリシャの景色: ミロス島

    フィルムに写す世界の景色(Around the World in Analogue)シリーズでは、ロモグラフィーコミュニティーのメンバーによって撮影された世界の風景をご紹介しています。今回はフィルム写真愛好家のTina Chalkidi (@xalkidh)がミロス島に行った思い出を素敵なフィルム写真と共にシェアしてくれました。

  • フィルムに写す世界の景色: セネガルの美しい街並み

    2022-06-17 #gear #people #places melissaperitore の記事
    フィルムに写す世界の景色: セネガルの美しい街並み

    “フィルムに写す世界の景色(Around the World in Analogue)”シリーズでは、ロモグラフィーコミュニティーのメンバーによって撮影された世界の風景をご紹介しています。 今回はスペイン在住のCarla Diefが撮ったセネガル旅行の写真をシェアしてくれました。 セネガルの街の雰囲気を肌に感じる素敵な写真をお楽しみください!