LomoGraflok 4x5インスタントバックとRibsyの改造カメラ

RibsyのYoutubeチャンネルには、フィルム写真の勉強に役立つ、様々な関連トピックやヒントが満載です。さらに、New Classic Film EZ400と銘打たれた彼自身のフィルムブランドも始動しました。チャンスを逃すはずもなく、我々の熱意と共に LomoGraflok をお渡しし、テストをしてもらいました!改造された折り畳み式のカメラとインスタントバックを使った撮影の感想と、最新の作品について語ってもらいましょう。

Photos by Ribsy, Model: Lemzi

こんにちは、Ribsy、ロモグラフィーマガジンにようこそ。自己紹介をお願いします。

Ribsyです。ニューヨーク出身で、今はロンドンに住んでいます。あらゆるものを撮影することが大好きですが、とりわけポートレイトとストリートフォトが大好きです。僕がアナログ写真についての毎日の経験をシェアしているInstagramやYoutube、ポッドキャストのコミュニティーが大きく成長したのは幸運だと思います。

Photos by Ribsy, Model: Lemzi

大判写真が好きな理由は?

大判は、特に35mmと比べると、撮影にかなり時間がかかります。だからこそ、このスピード感は結果の重みにつながります。歴史を見ても、大判はかなりクラシックなものだと思います。

写真は大判から発展してきて、そこに立ち返るということは最高にクールだと思います。インスタントバックを使えばすぐ写真が見れます。そのスリルを打ち砕くなんてできません。

実際にLomoGraflokを使ってどうでしたか?

とにかく楽しかったです。製品は本当にシンプルで、撮影時のエラーを心配することもありませんでした。シンプルなフィルムホルダーに手順。友達に改造してもらったPolaroid 110a へのセットも簡単でした。改造部分は、LomoGraflokのフィルムの表面位置に調整されており、ずっとカメラにつけておくことが出来ます。レンズ越しにただシャッターを切って、LomoGraflokの排出ボタンを押すだけで、像が手にできます。仕上がりは楽しくなるほどドープなインスタントフィルム体験です。この改造ポラロイドを手に入れるまでは、LomoGraflokが大好きでしたが、今となっては、このコンビネーションは猪突猛進です。

Photos by Ribsy, Model: Lemzi

撮影した写真について少しだけ教えてくれる?

イーストロンドンのスタジオで撮影しました。ラッパーでありスポークンワードの詩人でもある友人の Lemzi に声を掛けました。彼は天才的でまさにスワグ。コラボレーションはいつも楽しいです。コントラストの利いたシネマティックなライティングにするため、窓からの光とスタジオの安定した光を使いました。影の暗闇の中から、彼の顔を浮かび上がらせようとしました。Instaxフィルムのラチテュードはあまり豊富ではないので、どの部分を写すか、露出には慎重にならなければいけません。そして、ハイライトを選びました。結果的には気に入ってます。おそらく次回は三脚の上に乗せ、手ブレを最小限にします。

Ribsy の Instagram で他のアナログ写真をチェック。Lemzi のwebsite. で彼の作品も見てみよう!


ロモグラフィー:Web Site / Instagram / Facebook / Twitter

2022-06-27 #gear #people #ビデオ

他の記事を読む