Varunchauhanが語るニュージーランドのドリーミーな夏の終わり

Credits: varunchauhan
Credits: varunchauhan
“ロモグラフィーのコミュニティーのことは聞いていたが、積極的には活動していなかった。私はそれを10代の頃に始めて、その後中断していましたが、また再開した。今週、画像を共有したり、他の素晴らしいクリエイターをチェックするために参加した。” 
Credits: varunchauhan
Credits: varunchauhan
これらの画像は、私の考えをまとめたものです。人々を観察し、自分の周囲を受け入れることは美しいハーモニーだ。そして、これらの画像をアナログで撮影することで、デジタルで撮影するよりも瞑想的な写真が生まれます。
Credits: varunchauhan
"私は、自分の習慣や環境を記録すること、自分の基礎を築くこと、確かなものは何もないということ、そして毎日新しいことを学ぶことが好きです。映画やCMの仕事をし、自分の情熱を何かに変え、自給自足していることが何よりの喜びです。私のキャリアの次のステージは、展覧会を開いて、人々を空間に招き、私の作品を共有することです。今後数カ月間に渡って予定されているプロジェクトがいくつかあります。"

彼の冒険の写真は、@VARUNCHAUHANをcheck out
これから夏本番を迎えますが、皆は様はどこへお出かけになるのでしょうか?
下のコメント欄にコメントをお待ちしております!


ロモグラフィー:Web Site / Instagram / Facebook / Twitter

2022-08-05 #culture #places rocket_fries0036 の記事

他の記事を読む