LomoApparat: ナイトライフに最高なお供

僕にとってナイトライフフォトグラフィーに必要なのは2つあります。暗所の撮影に適したカメラとその場で起きているイベントに全力になるエネルギーです。ロモグラフィーの最新カメラ LomoApparat が到着したときには、もちろん暗所でどんな働きをしてくれるのか試すことにウズウズしていました。ライブやイベントで盛りだくさんだった10月と11月のマニラのナイトライフシーン、ネバーエンディング・ダンスフロアをこの LomoApparat を通して紹介したいと思います。

Credits: rocket_fries0036

僕のDJとしてのルールはごっついカメラを持ち歩かないということです。しかし、自分のセットにいる間も色々な瞬間を捉えたい気持ちもあります。休憩中であったり、ダンスフロアにいる人達をとらえる時にも、軽くて使いやすい機能はクイックフォトをよりやりやすくしてくれるんです。F10と高い絞り値のために、バルブモードを使いますが、それが暗所での撮影に良い効果をもたらせてくれるんです。内蔵フラッシュも暗所での撮影に使うツールではありますが、あまり目立ちたくない人たちににとってはバルブモードお勧めです。

カレイドスコープレンズは、パーティーに吸い込まれていくような感じを演出するためのお気に入りのツールでした。Lomography Color Negative 35 mm ISO 400Lady Grey B&W 35 mm ISO 400 がこの暗所での撮影で一味違った印象を見せてくれました。

トライアンドエラーを通して一つ学んだことは、フラッシュを使うとき、バルブモードでの撮影と通常に撮影するときの違いです。フラッシュをつかった通常での撮影が暗すぎるため、Lady Grey ではよくこの手法をやっていたと思います。人混みやライトのなかで自分の腕が十分に固定されていなくても平気でしたし、このLomoApparatで撮影した写真はより抽象的でそのコンサートの中にいたと思わせるような印象を与えてくれました。

Credits: rocket_fries0036

僕のお気に入りは、フラッシュを使ったバルブモード撮影です。このテクニックは暗所撮影時の最高のオプションだと思います。このカメラは二つのセッティングしかないのに、暗所での撮影にパンチを与えてくれるものだと思います。適したフィルムと良いライティングの組み合わせ次第で、周囲のハプニングを巻き込んだ驚きの仕上がりになること間違いなしです。

Credits: rocket_fries0036

LomoApparatでどんな場所を撮影しましたか?試した新しいテクニックと一緒にコメントで教えてください。


ロモグラフィー:Web Site / Instagram / Facebook / Twitter

2023-01-11 #gear #culture #people #tutorials rocket_fries0036 の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む