New Petzval 80.5 mm f/1.9 MKII ボケコントロールエディション:冬の灯の下で

冬の今は日が短いですが、夜は街がライトアップされ美しい季節でもあります。New Petzval 80.5 mm f/1.9 MKIIのボケコントロールで冬の夜の街を撮るとボケ味が美しい写真を撮ることができます。

Photos by Elisa Parrino

New Petzval 80.5 mm f/1.9 MKII ボケコントロールエディション よりも、冬の光の撮影に適したレンズは他にありません。このレンズはボケ感をコントロールできる機能を兼ね備えたレンズなので、この機能を使えば単調な背景でも自分の思い通りの写真へと仕上げることが出来ます。

このレンズの特徴はユニークであるということです。イルミネーションのようなたくさんの光源と強いボケ感を組み合わせればそのユニークさが映えることでしょう。夜の撮影でもこのレンズの開放f値はf/1.9なので安心して撮影を楽しむことができます。

ボケ感を7段階調節できることによって、Petzval アートレンズは、個性とスタイルに溢れた、ありきたりを超えたポートレートを生み出すことが出来ます。

Photos by Elisa Parrino

日中、像の中にボケが見えるような特定の状況があります。このレンズは、クリエイティブで特徴的な収差のためにデザイン、開発されました。グルグル感やめまいの様な表現を求める人や、独特なスタイルを求める人に喜ばれるでしょう。

ただボケがグルグルと同心円状になっているだけではないことをお忘れなく。それに合わせ、周囲の被写体の形も同心円状に変化するのです。さらに様々な形の絞りプレートを差し込むことで、背景がより豊かなバリエーションを持ち始めます。ちょっと変わったものを使った実験にも挑戦してみてはいかがでしょう。結局のところ、限界というのは、私たちが決めて初めて存在するものなのです。


Petzvalレンズで撮影したことはありますか?お気に入りのアートレンズは何ですか?コメントでシェアしてください。


ロモグラフィージャパン:Web Site / Instagram / Facebook / Twitter

2023-01-18 #gear #tutorials eparrino の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む