フィルムフォトグラファー @wasitaprilとSprocket RocketとLomoChrome Metropolis


ストリートの雰囲気とポートレートを引っ提げて、クリエイティブなパリジェンヌフォトグラファー @wasitapril こと April が戻ってきました。そして Sprocket RocketLomoChrome Metropolis 35 mm ISO 100–400 で撮影をしてくれました。

昨年、私たちは彼女のクリエイティブ・プロセス について取り上げました。今回は Sprocket Rocket と LomoChrome Metropolis というレトロなシネマティックコンボを彼女がどんなシチュエーションで使うのか試してもらいました。

Credits: wasitapril

こんにちは、April!LomoChrome Metropolis film での撮影はどうでしたか?

過去に Metropolis で友達が撮影した写真たちを見たことがあり、自分でも撮ってみたいと思っていました。カラフルな場面でも、LomoChrome Metropolis によって彩度は落とされ、シネマティックで黙示録の後のような雰囲気がありました。

こういった理由から、街中で撮影しようと決めました。ストリートフォトグラファーとは良い相性だと思います。

Credits: wasitapril II Model: Jan Fladenhofer

撮影をするうえでコンセプトはあった?仕上がりには満足している?

このフィルムが様々な環境でどんな風になるのか興味津々でした。なので、何枚かは外で、何枚かは天井に大きな窓があるマーケットホール内で撮影しました。どちらの仕上がりも気に入っているとはいえ、やはりゴールデンアワーに撮影したものが好みですかね。

一般的に”寒い”と言われているカラーフィルムとはいえ、日差しの有るところでの撮影ではどこかまだ暖かさを感じる仕上がりになっていると思います。色味とかではなく、陰影の表現によってそう感じるんだと思います!そういった環境でまた撮影してみたいですね。

Credits: wasitapril II Model: Valentin Nobleaux

Sprocket Rocket での撮影はどうでしたか?

Sprocket Rocket は本当に面白く、楽しめました。 正直、2つの絞りと2つのシャッタースピードしか切り替えられないというのは、慣れるまで大変でした。最初のロールを夜に撮りたかったので、バルブモードを使う必要がありました。タイマーを使っておけばさらによかったと思います。

感覚で露光時間を計っていたので最初のロールは完全に露光不足で、計画していた多重露光では思っていたようにはいきませんでした。ですが、それもゲームの内ですね。

Credits: wasitapril

LomoChrome MetropolisSprocket Rocket をまた使ってみたいですか?とりわけクリエイティブなフォトグラファーとして、すでに次のフィルムやカメラを使ったシチュエーションのアイディアがあったりする?

残念ながら、Sprocket Rocket での一本だけのテストロールでは到底満足できませんでした。特にフィルムのスプロケットまでも露出させるというアイデアが気に入ったので、近いうちにまた使いたいと思います。

パノラマ写真が撮れるので、風景の撮影やフィルムスープをやってみたいですね。スプロケットと一緒に像がフィルムスープでどれだけゆがむのか見てみたいですね。それに森で LomoChrome Metropolis を使ってみるのもどうでしょうか?Tarkovsky 作品のような描写になるかもしれませんね。


写真やストーリーのシェアをありがとう April!彼女の LomoHome and Instagram account で作品をもっとチェックしてみよう!

2023-06-12 #gear #people sylvann の記事

Lomography Sprocket Rocket

フィルムの穴部分であるスプロケットまで露光することができるSprocket Rocketは、スーパーワイドレンズな35mmフィルムカメラ。毎ショットスプロケットまで露光できます!パノラマな写りをこのカメラとアクセサリでお楽しみください。

他の記事を読む