植物園で活かすボケ味: Andrew McleanとNew Petzval 55 mm f/1.7 MKII

イギリスで活動するウェディングとポートレートフォトグラファーであるAndrew McleanNew Petzval 55 mm f/1.7 MKII の試写をしてくれました。舞台はボケ効果が存分に発揮される背景があるシェフィールド植物園です。今回の撮影をまとめたYouTubeビデオも作成し、アートレンズを使った感想を語ってくれました。

Photos by Andrew Mclean

こんにちはAndrew、自己紹介と自分の撮影スタイルについて教えてくれますか?

ウェディングフォトやファッション、コマーシャルフォトを専門にするフリーランスのフォトグラファーです。練られすぎていない率直な撮影と自分のイメージをつかってストーリーを伝えることを楽しんでいます。

Photos by Andrew Mclean

今回の撮影シーンは?

このレンズを使う為にドラマチックなヘアカットをしたばっかりの親友のSamをモデルに選びました。様々な植物や花がPetzval 55の特徴的なボケに効果的に活きてくると感じて、シェフィールド植物園という素晴らしいロケーションで撮影しました。

このレンズを使った感想を教えてください。

マニュアルフォーカスであることで、1枚1枚考えて慎重に撮ったのでフィルムでの撮影に似たもの感じました。すこし慣れるまで時間はかかりましたが、特に中央部分のシャープな仕上がりには本当に感動しました。

Photos by Andrew Mclean

このタイプのレンズでの撮影をしようとしている人への何かアドバイスはありますか?

時間をかけて使い方に慣れることと、被写体のスイートスポットにピントが合うように慎重にフレーミングすることだと思います。


Andrewの作品はInstagram をご覧ください!


ロモグラフィー:Web Site / Instagram / Facebook / Twitter

2023-08-28 #gear #people #ビデオ

New Petzval 55mm f/1.7 MKII Bokeh Control

写真と動画の撮影の両方に使える美しいぐるぐるボケを楽しめる 55mm f/1.7のレンズです。ロングスローのピントリングとウォーターハウス式の絞りで撮れる写真の可能性は無限大です。ボケコントロールリングで自分通りのぐるぐるボケも作り出すことができます。

コメントはまだありません

他の記事を読む