Geo CabralがLomoChrome Color '92とLomoChrome Metropolisと創るアナログな写真

@scenesbygeo | LomoChrome Metropolis 120 film

やあ、Geo Cabra!! ようこそ、ロモグラフィーマガジンへ!まず、自己紹介と何をしてる方なのか教えて頂けますか?

初めまして、Geoといいます。私は、フィリピン出身で、普段はデジタルマーケターをしています。私は普段、「デジタルは作品、アナログは趣味」と言う事を好むのですが、その理由としては現代アートと古代アートの両方の媒体を、同等に評価しているのです。

どうしてフィルムの旅を始めたのか教えて頂けますか?

それは、とてもとてもロモグラフィーに関連しているんだ!2015年当時、私は本当に写真にのめり込んでいたが、私自身デジタルカメラを買う手段がなかった。
私は、HolgaとDiana+について、それらのカメラは,当時有名だったし、「ロモグラフィー」という会社も同様に有名であるということは知っていた。
私は、とても興味を惹かれ、holga135BCを手に入れ、そして、そこから何となく試しに使ってみたんだ。ここから先はご存知の通りです。

@scenesbygeo | LomoChrome Color '92 35mm film

今、取り組んでいることは何ですか?

今年はもっと出かけることと、総じて沢山の撮影に行こうと思っている。私には、長い間注意をそらされている、「middle earth」と呼ばれる、冊子がある。
それは、2019年のニュージーランドへの私の旅行についての一連のフィルム写真が含まれている。私は、静物写真に焦点を当てた“Spaces / Places”という冊子も徐々に作り始めていて、そして、人のいない風景で、感情を揺り動かす方法を探している。
それ以外に、私は、他の芸術形態も大好きだから、それらをもっと探求するのもまた楽しみだし、そして、どんな独創的なプロジェクトが思いつくかも見てみたいと思っている。

あなたの写真のスタイルがどのようなものか教えてください

私は、自分の写真で空間の感覚を創り出し、そしてほんの一瞬を創り出すことに最善を尽くしている。だから私は、「シーン」という言葉をよく使う。
例えば、ポートレートであろうと、ストリート写真であろうと、あるいはたとえ静物写真であろうと、私は本当に私が撮った写真によって感情を揺り動かせてほしいと思っている。他の誰かの為でなかったとしても、自分のためだけであったとしても。
私は、思い出に残る一瞬になって欲しいと思う。
それらは私にとっては、継続的な学習プロセスであるが、このような観点から見ることは、著しく熱中している証拠である。

@scenesbygeo | LomoChrome Color '92 35mm film

どんな機材を主に使っていますか?

私は主に、CanonA1というものを使っています。
これは、何年もの間、愛機としていて、私がフィルムを撮影する時によく使うものである。他にも数台のデジタルカメラを持っているが、そのうちの一台は、小さいデジカメで、単なる日常生活の記録として普段使っている。

この撮影のために、あなたはどこへ行き、何を撮ろうと決めていたのですか?

LomoChrome Color '92 で、私は、街中を撮りたいと思っていたのは間違いなかった。というのも、私が撮る写真の種類は普段からそういったものであるという事も、理由の一つだが、しかし、私と写真との関係は、日常生活の中にあるということもまた理由の一つだ。

私は、 Color '92の写りには、とても満足している。これは、セピアの様な、色味の抑えられたヴィンテージ調となり自分の期待していた通りになった。そして、それは多くのニュートラルな色味を本当に際立たせていて、それらは、とてもシネマティックな写りの写真を創り出した。
ポートレートにおいても、その良さは保たれていたことに私はとても嬉しい思いだった。

@scenesbygeo | LomoChrome Color '92 35mm film

LomoChrome Metropolis において、私はポートレートだけを撮りたいと思っていたのは確かだ。というのも、 Rollieflexを借りるという素敵な機会に恵まれたのでこのフィルムを試したかったのも一つの理由ではあるが( 私に貸してくださった@kenguevaraに感謝を。)、私は、Metropolisはストリート写真によく使われることを知っていたので、だからそのフィルムを使うとどのようなポートレート写真になるのかということを見たかったことも理由だ。
そして結果として私は、その写りをとても気に入った。私の普段の色味は、暖色系に偏っているが、このフィルムの持ついつもに比べて寒色系でかつ、荒れた雰囲気の色味、そしてそのフィルムの作り出すポートレートの写り方をとても楽しめた。
基本的な活動では見られないであろう個性を、与えてくれた。

@scenesbygeo | LomoChrome Metropolis 120 film

LomoChrome Color '92とLomoChrome Metropolis 120フィルムのどのような点が最も気に入りましたか?

さっきも言った通り、 Color '92の場合は、間違いなくこのフィルムの持つ、セピア色が覆う事である。ヴィンテージ調をもたらすだけではなく、特に光の当たり具合がいい時は、ニュートラルな色味がとても心地の良いものであった。
Metropolis 120フィルムの場合は、荒廃している感じや、写真内の黒の強度もまた気に入った点だ。ポートレートには予想外の個性をもたらしてくれた。

120mmフィルムのどのような点が好きですか?

120mmフィルムにおいて最も愛している部分は、間違いなく、より大きなネガによってもたらしてくれる、写真のクオリティーの向上だ。
特に素晴らしいレンズと併せると、 35mmでは得られないような、より深みのある写真を撮ることができる。

このシリーズで一番好きな写真とその理由を教えてください。

Color '92 において、私のお気に入りの写真は、友人のEricaとCubao Expoで撮った、この写真だ。良い光のもとでニュートラルな色調を際立たせているのが気に入っているといったが、露出不足の時でも、こんなにも綺麗に写ることに驚いた。このフィルムの色味が、完璧にヴィンテージな場面に合うように幾分調整してくれて、とてもよいポートレートの場面に合わせるのを助けてくれている。その写真は私がとても満足のいく写真だよ。

@scenesbygeo | LomoChrome Color '92 35mm film
@scenesbygeo | LomoChrome Metropolis 120 film

ロモグラフィーのコミュニティーの中で、何か伝えたいものはありますか?

私は、 Color '92 とMetropolisを試してみることを本当におすすめするよ。私は何年もの間、沢山様々なフィルムを試してきて、そうして私の好きなものをいつも見つけてきたんだ。いつだって、試してみることは良いことだ。Color '92は今から私の手持ちに加えられることは間違いないでしょう。

そしてフィルム写真を試してみたいと思っている人は、とにかく撮影して楽しんでみてほしい。不思議に対する驚きを失ってはならない。私がこの媒体を愛してやまない理由は撮影する事と、フィルム写真から得られる結果は、写真撮影の経験を手触りのあるものにし、写真に関与しているように感じさせる特徴がある。体験して、継続して、そして学び続ける。
そして、不思議なことに関する驚きを失ってはならない。
---

素敵すぎる写真を共有してくれてありがとう、Geo!私たちは、あなたにまたお会いできるのを楽しみにしてます。彼 Instagram の活躍を見れるようにぜひフォローを!
---

Lomography Japan:Instagram / Twitter / Facebook / ショップページ

2024-05-24 #gear #people #places nikkicheung の記事

LomoChrome Color '92 ISO 400 35 mm Film

ロモグラフィー新開発のISO感度400のカラーネガフィルム

コメントはまだありません

他の記事を読む