LC-A Instant Back+ レビュー

LC-Aが大好きなあなた。フィルムが現像されるのを待つことなく、LC-A写真をゲットできたらべストじゃないですか?それなら、あなたはラッキー!クレジットカードサイズのインスタントフィルムでLC-Aのもつ特徴的な写真を撮影することができます。難しそう?私も思いました。でも私を信じて。LC-A Instant Back+を手に入れれば、あなたも簡単に撮ることができます!

取り付け
LC-A Instant Back+ は驚く程簡単に取り付けることができます。私ができるのだから、あなただって大丈夫!あなたにとってカメラのネジを回すことは、怖いことかもしれませんが、この作業で緩めるネジはたった3本だけです。この作業を行うにはドライバーと、協力接着剤が少しだけ必要ですが、Instant Back+のパッケージに付属しています。その後、あなたはシンプルにInstant Back+を所定の位置にカチッとはめるだけ。私にとって難しかったのは、電源を入れる為に正しい電池を探すことだった位です ;)

写真を撮る
では、 LC-A Instant Back+ は取り付けましたか?では撮影の時間です!フィルムのセットもまたとても簡単。フィルムを取り付ける位置には、黄色の線が付いています。それに合わせて Fuji Instax Mini フィルム パックをセットしましょう。装填した後、あなたのInstant Back+のスイッチを入れ、フィルムの保護カバー(1枚目のフィルム)を撮り出す為にInstant Back+のボタンを押して下さい。これで、10枚のインスタント写真があなたを待っています!ロモグラフィーでは標準のISO設定を、200に合わせることをお勧めしています。私が撮っていて、一番明るくて最適だと思ったコンディションは、感度400設定でした。太陽光が少ない時でも、写真がクリアになります。距離設定は少しだけいつもと違います。けれども、Instant Back+本体にその新しい距離設定が記されています。

試してみよう!
LC-A Instant Back+ について絶対的にべストなことは、インスタント写真でLC-Aテクニックができること。多重露光も、 SplitzerWide Angle Lens のような LC-A+ アクセサリーも使うことができます。どんな写真を撮りたいだろうと限りはありません!私たちが愛するLC-Aの雰囲気をクレジットカードサイズのインスタント写真で手に入れることができます。

結論
私は当然、 LC-A Instant Back+ をお勧めします。私はこのアクセサリーを使っていて楽しいことがたくさんありました。そして私の友達も気に入っています。LC-A Instant Backは他の似たようなインスタントカメラに比べて利点があります。なぜなら、それはヴィネットのあるLC-Aの仕様等全てのLC-A機能を使うことができるからです。

LOMO LC-A+を購入する
LC-A Instant Back+を購入する

関連記事

LOMO LC-A Instant Back+を使うために FAQ
LOMO LC-A Instant Back+の取り付け方
『LOMO LC-Wide』 LC-A Instant Back+の取り付け方
『LOMO LC-A+ 』 LC-A Instant Back+の取り付け方
インスタントフィルム( Fuji Instax mini )って何?
Instant Back+ の写真に*マークのようなものが出てきます!

2011-06-08 #gear #review #lc-a #shoot #experiment #instantback #user-review achocolatemoose の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    2018-01-03 #people crissyrobles の記事
    フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    この街は、醜いものと美しいもの、希望と絶望でいっぱい。そして常にドラマティックなことが起きています。私は自分の目の前で起きていることを切り撮らなければいけないのです。

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • 暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    2018-08-28 #gear
    暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    撮影時に光がどの程度得られるかというのは、フィルム写真では最も重要な問題。晴天の屋外で撮影すれば極端に失敗することはありませんが、シチュエーションに合ったフィルムを選べば光の少ない環境でも撮影を楽しめます!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • 【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    2017-12-27 #gear refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    普段はほとんど LC-A+ でしか撮影しない私ですが、この夏はロモグラフィーの新しいアートレンズ Neptune Convertible Art Lens System の試作品が届いたのでフィルムで何本か撮影しました。Neptune Lensは、35mm、50mm、80mmのレンズセット。レンズベースをカメラに装着すれば、簡単にこの3つのフロントレンズを付け替えられます。

  • Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    2018-09-04 #ビデオ dnimdnim の記事
    Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    タイ人のシンガーソングライター Phum Viphuritの「Lover Boy」という曲を知っていますか?今年の夏、色々な場所で流れていたので聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。この曲のミュージックビデオには、一部 Petzval 58 Bokeh Control で撮影された映像が使用されています。

  • ショップニュース

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    フィルムカメラを始めてみたいけど、いきなり一眼レフを使いこなす自信がない...という人も多いはず。気軽なスナップ撮影や、使い捨てカメラからのステップアップには、 35mm コンパクトフィルムカメラがおすすめ。

  • もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    2017-12-31 #culture
    もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    日本のコミュニティーでも被写体として、大人気のネコちゃん。それも日本に限ったことではありません。世界中にはネコちゃん好きがたくさんいます。そんなネコ好きなアーティストがなんとも可愛らしい作品を披露!

  • #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    2018-04-26 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    #イットガーリー はインフルエンサーたちの日常を温かみのあるフィルム写真で切り取った写真集。いままで様々な形でコラボしてきた #イットガーリー × Lomographyが今回展示を開催することとなりました!来場者プレゼントもあるのでお楽しみに。

  • 映画のようなパープルの世界:LomoChrome Purple

    2018-01-09 #gear
    映画のようなパープルの世界:LomoChrome Purple

    LomoChrome Purpleが描く世界。あなたは LomoChrome Purpleで、おとぎ話のようなドリーミーな風景を描きますか?それともSFのような近未来?