LOMO LC-Wideでオーバーラッピング写真を楽しもう!

1

LOMO LC-Wideのハーフフレームフォーマットは、夢の中にいるようなオーバーラッピング写真が撮れるんです!!

ボクが LOMO LC-Wide を手にした理由はオーバラッピング写真を楽しむため!もちろん広角レンズも魅力的だけどね。さて、オーバーラッピング写真を撮るためにはどうすればいい?それはとっても簡単。巻き上げコントロールスイッチを「HF」にセットしてレンズカバーを全開にしてシャッターを押すだけ!超簡単ですよね。でも、説明書通りにハーフフレーム専用のフレームは装着しないで下さいね。

そしていざ撮影!撮影のコツは一枚撮ったら、横を向いてさらに一枚、さらに後ろを向いて一枚、さらにはカメラを斜めにしたみたり、逆さにしてみたりと、隣のコマとは違う被写体を撮ってみましょう。そうすると「何ですかこれは?」みたいなオーバーラッピング写真が撮れるはずですよ。そしてそれはまるで夢の中にいるような写真に仕上がるのです。
最大のコツはどんな写真に仕上がるかは考えずに、とりあえずシャッターを押し続けることかもね。だって1本のフィルムで最大72回もシャッターを押さないといけないからね!

[ LOMO LC-Wideのショップページ ]
[ LOMO LC-Wideのマイクロサイトへ ]

2011-07-04 #gear #review #lomo-lc-wide-over-lapping-cross-process gocchin の記事

【Atoll Ultra-Wide 2.8/17 Art Lens】見えるもの全てを1つのフレームに。アートレンズを製品化するクラウドファンディングプロジェクトが Motion Galleryでスタート!Mマウントのフィルム、デジタルカメラに対応。Canon RF / Nikon Z / Sony Eカメラ各種アダプターを用意し、ミラーレス一眼レフ機でお楽しみいただくことが可能。最大約25%オフでアートレンズが手に入るリターンもご用意!

1 Comment

  1. tame
    tame ·

    写真すごいっす!すげーきれい!雑誌みたい!

他の記事を読む

  • 【シャッターチャンスは3回だけ!】SAME SAME SAME BUT DIFFERENT

    2020-10-06 xcvllshawn の記事
    【シャッターチャンスは3回だけ!】SAME SAME SAME BUT DIFFERENT

    撮影したら次の人へ!撮った写真が複数箇所で展示、zineにもなる、参加型企画をギャラリー「TReC1and2」が開催。作ってしまったら削除も修正も出来ない。一発勝負の面白さを、皆さんと楽しんで共有できるような、そんな遊びが出来ないかと考えられたのが、この企画。

  • 世界をオレンジ色に染め上げる:Lobster Redscale 110

    2020-09-20 erina の記事
    世界をオレンジ色に染め上げる:Lobster Redscale 110

    いつでもオレンジ色の世界を楽しめる、レッドスケールフィルム。今回はとても小さなフィルム、 110フィルムで燃え立つような色の写真を撮影してみました。

  • 光の魔法:写真家 Li Hui

    2020-04-29 #ニュース #people jennifer_pos の記事
    光の魔法:写真家 Li Hui

    写真は思い出を残すだけのものではありません。一筋の光が写真を芸術へと姿を変える鍵となり、カメラを通して見えるもう一つの世界を体感することもできます。そんな光を操り、芸術作品に変えてしまうのが、写真家のLi Huiです。彼女の作品とセンシティブではかなげな素晴らしい写真についてインタビューをしました。

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    2020-11-20 xcvllshawn の記事
    LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    ポートレートプロジェクト #イットガーリーなど、普段はカラーネガで撮影することが多いという 梅澤 勉さん。そんな彼に、4x5 大判カメラで Instax Wide Filmが楽しめるロモグラフロック 4x5 インスタントバック を使用して撮影していただきました。

  • Shooting at a Distance

    2020-05-14 #tutorials
    Shooting at a Distance

    アナログカメラでの撮影をやめることはありません。ソーシャルディスタンスを守りながらフィルム写真を楽しみましょう。

  • LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    2020-04-23 xcvllshawn の記事
    LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回はライブ写真を撮影している知衿さんに、Daguerreotype Art Lens使っていただきました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • お家でロモ:春の大掃除

    2020-05-16
    お家でロモ:春の大掃除

    お家にいる時間、大掃除をする方も多いのでは?お掃除中に発掘された写真やその他諸々、もしかしたらおもしろいものが作れるかもしれません…!捨ててしまう前にDIYのアイディアを見てみてくださいね!

  • Fantôme Kino Black and White ISO 8 Film:撮影と現像に関するアドバイス

    2020-03-27 #gear #ニュース #tutorials cheeo の記事
    Fantôme Kino Black and White ISO 8 Film:撮影と現像に関するアドバイス

    今回は新しい Lomography Fantôme Kino Black and White ISO 8 Filmでの撮影、現像、そしてスキャンを行う際のアドバイスをお話します。この新しいフィルムが、モノクロ写真や自家現像を楽しむきっかけとなれば嬉しいです。

  • 人間らしさを捉えて:クマガイユウヤ with LC-A+

    2020-06-05 erina の記事
    人間らしさを捉えて:クマガイユウヤ with LC-A+

    ミュージシャンでありフィルムカメラマンの熊谷勇哉さん。これまでケータイでも写真をほとんど撮らなかったという熊谷さんが、なぜフィルムカメラを始め、なぜLC-A+に魅了されたのか聞いてみました。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 雨をすり抜けて:クマガイユウヤ with Petzval 80.5

    2020-09-17 erina の記事
    雨をすり抜けて:クマガイユウヤ with Petzval 80.5

    長く続いた雨季の中、アーティストのクマガイユウヤさんがPetzval 80.5で撮影。フィルムカメラとPetzvalシリーズ最高のポートレートレンズが織りなすあたたかみのある写真、そして撮影の裏話をお楽しみください。

  • お家でロモ:Lomo'Instant Squareでセルフィーコラージュ

    2020-06-04 erina の記事
    お家でロモ:Lomo'Instant Squareでセルフィーコラージュ

    いつもの写真をもっとかっこよくするために、写真を何枚も組み合わせて大きな1枚の写真にするコラージュに挑戦しませんか?Lomo'Instant Squareを使った撮影のコツを、surasurachanが教えてくれました。

    1
  • Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    2020-06-20 xcvllshawn の記事
    Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    美しいぐるぐるボケを描くPetzval 80.5 mm f/1.9アートレンズで、尾道〜しまなみ海道周辺の島々を撮影した写真をご紹介。ソフトなボケとシャープな絞りを写すレンズ、そして繊細なグレートーンを写す映画用フィルム Potsdam Kino Film。相性抜群なコラボレーションはポートレイトはもちろん、景色まで絵画のように幻想的に描きます。