LOMO LC-Wideでオーバーラッピング写真を楽しもう!

1

LOMO LC-Wideのハーフフレームフォーマットは、夢の中にいるようなオーバーラッピング写真が撮れるんです!!

ボクが LOMO LC-Wide を手にした理由はオーバラッピング写真を楽しむため!もちろん広角レンズも魅力的だけどね。さて、オーバーラッピング写真を撮るためにはどうすればいい?それはとっても簡単。巻き上げコントロールスイッチを「HF」にセットしてレンズカバーを全開にしてシャッターを押すだけ!超簡単ですよね。でも、説明書通りにハーフフレーム専用のフレームは装着しないで下さいね。

そしていざ撮影!撮影のコツは一枚撮ったら、横を向いてさらに一枚、さらに後ろを向いて一枚、さらにはカメラを斜めにしたみたり、逆さにしてみたりと、隣のコマとは違う被写体を撮ってみましょう。そうすると「何ですかこれは?」みたいなオーバーラッピング写真が撮れるはずですよ。そしてそれはまるで夢の中にいるような写真に仕上がるのです。
最大のコツはどんな写真に仕上がるかは考えずに、とりあえずシャッターを押し続けることかもね。だって1本のフィルムで最大72回もシャッターを押さないといけないからね!

[ LOMO LC-Wideのショップページ ]
[ LOMO LC-Wideのマイクロサイトへ ]

2011-07-04 #gear #review #lomo-lc-wide-over-lapping-cross-process gocchin の記事

1 Comment

  1. tame
    tame ·

    写真すごいっす!すげーきれい!雑誌みたい!

他の記事を読む

  • 暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    2018-08-28 #gear
    暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    撮影時に光がどの程度得られるかというのは、フィルム写真では最も重要な問題。晴天の屋外で撮影すれば極端に失敗することはありませんが、シチュエーションに合ったフィルムを選べば光の少ない環境でも撮影を楽しめます!

  • Lomoamigo:Satomi Ishikawa(@sato_co)

    2018-08-30 #people #ビデオ refallinsasaki の記事
    Lomoamigo:Satomi Ishikawa(@sato_co)

    ランドスケープの中にぽつんと佇む人々が印象的な写真。これらの作品は主にフィルムカメラと iPhoneで撮影されているそうです。

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    Naiadで撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • ミュージシャン PANORAMA FAMILYが写真を撮る理由

    2018-07-28 #people #ビデオ refallinsasaki の記事
    ミュージシャン PANORAMA FAMILYが写真を撮る理由

    ミュージシャンであり写真家でもある PANORAMA FAMILYのゴメスさんは、ロモグラフィーのフィルムで撮影したという写真集「PARANOIA SLAPPYS」を昨年刊行。等身大の人々の姿が生き生きと描かれており、見る人の心にすっと入り込んでくる写真ばかり。

  • パープルの園へ:Chikako Watanuki

    2019-01-13 refallinsasaki の記事
    パープルの園へ:Chikako Watanuki

    街中に咲く花を撮影しているフォトグラファーの Chikakoさん。彼女が LomoChrome Purple フィルム で撮影した夢のような作品をご紹介。フィルムの不思議な発色が花たちの魅力をより際立たせています。

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • 写真家 wata:LC-Aシリーズで撮影したモノクロ写真「白い葬列」

    2019-04-23 refallinsasaki の記事
    写真家 wata:LC-Aシリーズで撮影したモノクロ写真「白い葬列」

    写真家のwataさんが、映像作品「白い葬列」のスチールを Lomo LC-Aシリーズのカメラで撮影。映像の世界観が伝わってくるモノクロ写真は必見です。

  • 【テクニック記事】多重露光を生かしたポートレートの撮り方

    2019-04-20 hodachrome の記事
    【テクニック記事】多重露光を生かしたポートレートの撮り方

    モデルさんを主役にした「ポートレート撮影」は、撮影ジャンルの中でも人気のひとつです。そして多重露光は幻想的な世界をもたらすテクニックですが、これらを組み合わせるとどうなるでしょう?「多重ポートレート」をテーマに、撮り方やポイントを説明します。

  • 4/13(土)より「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019」開催

    2019-04-03 refallinsasaki の記事
    4/13(土)より「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019」開催

    京都の街を舞台に開催される写真祭 「KYOTOGRAPHIE」が今年も開催されます!国内外のアーティストによる作品が約15ヶ所の会場で展示される、写真好きは必見なイベント。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • GAMA ROCK FES 2018 に出展決定!

    2018-09-07 refallinsasaki の記事
    GAMA ROCK FES 2018 に出展決定!

    塩竈出身の写真家・ 平間至 さん、そして ATSUSHI (Dragon Ash)さんが主催する GAMA ROCK FESは今年で7回目の開催!もちろん、今年もロモグラフィーはワークショップを開催します。フィルムカメラ LC-A+で GAMA ROCKの思い出を写しましょう!

  • 233写真部企画展「PASS THE LOMO」11/18(日) まで開催

    2018-11-09 refallinsasaki の記事
    233写真部企画展「PASS THE LOMO」11/18(日) まで開催

    世田谷233のroomスペースでは、企画展「PASS THE LOMO」が開催中。Lomo LC-A120をバトンのようにリレーして撮影したグループ写真展です。