多重露光 : 被写体を選ぼう!

1

多重露光は、異なる被写体をフィルムの1コマに露光する写真のテクニック。このテクニックはユニークで、想像できないようなイメージを生み出すことができ、実験的でクリエイティブな方法であなたの写真を表現することができます。この記事は多重露光の為に正しい被写体を選ぶ為のガイドです。

撮影前の設定

多重露光写真を創り出す前に、必ずカメラの感度設定をフィルムの感度より少しだけ高感度に設定してください。

例えば、使用するフィルムの感度が100ならば、カメラの感度設定を200に。フィルムの感度が200ならば、カメラの感度設定は400にしてくっださい。

もし感度設定なしのカメラを使うのなら、カメラの絞りを少し小さく調整する必要があります。例えば、天気が曇りならば、f/8の代わりにf/16にセットします。お天気マークのカメラならば、もっと単純に天気が曇りでも晴れマークにします。

組み合わせ方

設定が終わったら、被写体を選びましょう。

被写体 + モノ

Credits: naqi

被写体 + 言葉や数字

Credits: naqi

被写体 + 風景

Credits: naqi

風景を二回

Credits: naqi

あなたのお好みの被写体を選んで、あなたのカメラをうまく使って下さい。Lomo on!

関連記事:

LOMO LC-Wideでオーバーラッピング写真を楽しもう!
Night MX Splashing!
簡単テクニック: Flip It. Flip It Good!
LOMO LC-A+で多重露光をする方法
フィルムに模様を!
Ghost Doubles/ 二重の幽霊!?

2011-07-05 #gear #tutorials #art #tutorial #mx #subject #tipster #double-exposure naqi の記事

1 Comment

  1. jules_fxxk
    jules_fxxk ·

    Thanks! for the detailed explanations:D

他の記事を読む

  • ゴトウヨシタカ写真展:Journey to UNKNOWN

    2020-06-30 gocchin の記事
     ゴトウヨシタカ写真展:Journey to UNKNOWN

    「多重露光」という写真表現を駆使し、アジア〜欧米を飛び回り、時間や空間までも越えた独特の風景写真をクリエイトし続けるゴトウヨシタカ。そんな彼の「未知なる旅」の記録を体感できる写真展を開催します。

  • 光の魔法:写真家 Li Hui

    2020-04-29 #ニュース #people jennifer_pos の記事
    光の魔法:写真家 Li Hui

    写真は思い出を残すだけのものではありません。一筋の光が写真を芸術へと姿を変える鍵となり、カメラを通して見えるもう一つの世界を体感することもできます。そんな光を操り、芸術作品に変えてしまうのが、写真家のLi Huiです。彼女の作品とセンシティブではかなげな素晴らしい写真についてインタビューをしました。

  • ゴトウヨシタカ写真展【Mission : Nolan】@京都

    2021-02-17 erina の記事
    ゴトウヨシタカ写真展【Mission : Nolan】@京都

    多重露光作品を生み出すゴトウヨシタカ。今回は、映画監督クリストファーノーランの作品の世界観を、フィルムカメラによる多重露光で撮影したフィルム写真展を京都にて開催!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    2021-04-12
    クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    フィルムスープとは、フィルムに化学反応を起こさせてその結果得られる予期せぬ結果を楽しむという試みのことで、ときおり思いがけない面白い作品が生まれることがあります。今までにも多くのロモグラファーが実験し、検証し、そしてレポートしてくれていますが、今回は実験結果を紹介していきたいと思います。

  • みんなのロモホーム: Kleeblatt

    2020-05-26 alinaxeniatroniarsky の記事
    みんなのロモホーム: Kleeblatt

    世界中のロモグラファーがシェアしてくれた写真を見ることができるロモホーム。今回は、カラフルで実験的な写真を投稿している Kleeblatt に注目!

  • Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    2020-06-20 xcvllshawn の記事
    Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    美しいぐるぐるボケを描くPetzval 80.5 mm f/1.9アートレンズで、尾道〜しまなみ海道周辺の島々を撮影した写真をご紹介。ソフトなボケとシャープな絞りを写すレンズ、そして繊細なグレートーンを写す映画用フィルム Potsdam Kino Film。相性抜群なコラボレーションはポートレイトはもちろん、景色まで絵画のように幻想的に描きます。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    2020-05-19 erina の記事
    本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    改良が重ねられてきたLomoChrome Purple、使ったことありますか?パープルに変化すると言われると、構えてしまってなかなか使うに至らないかもしれません。でも実は、日常使いにオススメのフィルム!

  • LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    2020-04-23 xcvllshawn の記事
    LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回はライブ写真を撮影している知衿さんに、Daguerreotype Art Lens使っていただきました。

  • Shooting at a Distance

    2020-05-14 #tutorials
    Shooting at a Distance

    アナログカメラでの撮影をやめることはありません。ソーシャルディスタンスを守りながらフィルム写真を楽しみましょう。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【テクニック記事】多重露光!背中から花が生える!?ウィングショットの撮り方

    2021-03-24 hodachrome の記事
    【テクニック記事】多重露光!背中から花が生える!?ウィングショットの撮り方

    背中から翼のように花が生えたり、建物や船などがニョキニョキ生えたり...。そんな幻想的で不思議な多重写真を撮ってみませんか?今回は、ワークショップでも大人気の「ウィングショット」について紹介します!

    3
  • 【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    2020-11-06 keitauni94 の記事
    【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    ついに開催する11/21(土)まで1ヵ月を切った、ロモジャパン初のロシアと日本をオンラインでつないだイベント。貴重なЛОМО (LOMO) 社の情報が詰まった、ロモ歴史博物館に潜入し、LC-Aの謎を紐解いてゆきます!海外旅行に行きたくてもなかなか行けないこの時期だからこそ、ご自宅から気軽に参加できますので、みなさまとオンライン(ZOOM)上でツアーできることを楽しみにしております!

  • LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    2020-11-20 xcvllshawn の記事
    LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    ポートレートプロジェクト #イットガーリーなど、普段はカラーネガで撮影することが多いという 梅澤 勉さん。そんな彼に、4x5 大判カメラで Instax Wide Filmが楽しめるロモグラフロック 4x5 インスタントバック を使用して撮影していただきました。