Lomo In-Depth: セルフセラピーとしての芸術と写真

悩みやうつ病を和らげるための手段として、自己表現が有効であることは多くのアーティストによって証明されてきました。そして他の芸術と同じく写真もまた、人々が頼るストレス解消の手段の一つです。この記事では、写真が人の精神安定にどのように貢献してくれるのか、謎に包まれたその癒しの力を解き明かしていきます。

Credits: kasperhouser

芸術家の精神状態

まずは芸術とセルフセラピーにどのような関係があるのかお話ししましょう。

「苦悩する芸術家」のステレオタイプとして、ゴッホを思い浮かべる方が多いかもしれません。彼は一例に過ぎませんが、芸術家がうつ病や精神病にかかりやすい可能性は否定できません。

Kari Steffansonの 創造性と精神病をつなぐ遺伝学 における研究では、創造性とうつ病には関係性があると言及されています。

Kari Steffansonは The Guardian でのインタビューで次のように語っています。

『クリエイティブであるためには、人と違う考え方をしなければならない。そして、人と違っていると、「変わり者」、「狂人」、そしてときには「頭がおかしい」などとレッテルを張られることも多くなる』。

これを読んでいる多くの人にとって、素晴らしい写真家であるということは同時に素晴らしい芸術家であることを意味しているでしょう。そして、芸術家であるということは、「他人と違っている」ことでもあります。他人と異なることは常にテーマ一つですが、同時に芸術家は「変わっている」、「おかしい」というレッテルを貼られることもあるでしょう。

そしておそらく、これがすべての苦しみのもとなのでしょう。自分だけが変わり者で、世界の外にいるような孤独感は、芸術の分野においてはクリエティビティを刺激することもあります。しかし、それは個人的な幸福とはまた別問題であり、心の健康に良いとは言えません。

Credits: grazieheyfrida & clownshoes

一方で、ハーバードの精神医学教授である Albert Rothenbergは、創造性が人を狂わせるという説を否定しています。抑圧された環境で自己表現ができなかったり、想像力を発揮できないことが根本的な原因と考えるようです。

Allan Rothenbergは The Guardian のインタビューで次のように答えています。

『芸術家が社会から孤立し、自分の内側にいる悪魔と戦っているという考えは、19世紀のロマンチックな概念です。ほぼすべての精神病院では芸術療法が利用されており、患者の多くは芸術的な分野に惹きつけられます。』

セルフセラピーとしての写真

カメラは私たちが裸眼では見ることや理解することのできないものを知るための義眼として働きます。知覚は常に主観的であるため、私たちは大きな景色のなかにある小さなことや意識の向いていないものを見落としがちです。カメラはその風景を捉え、私たちが気づかないようなことにも焦点を向ける手助けとなります。人生を変えてしまうような体験や真実は、そのような細部に潜んでいることもあります。

Credits: mikeluntzilla

実際、写真家のなかにはプロとして写真に情熱を捧げるようになる前は、芸術をヒーリングの方法としていたと話す人も多くいます。

『写真は人生の美しさを再発見させてくれることで、あなたの魂を癒してくれると思います。特に日常生活の中にある美しさの発見においてです。それに、写真は人に自信を与えてくれます。芸術を作り出し、人と共有し、評価を受けることへの自信です。私にとって写真は創造力の捌け口ともなりました。写真を始める前は、自分の創造力を表現するものが何もなかったんです。私は(これを読んでいる他の多くの人と同じように)芸術家として生まれましたが、絵を描く才能には恵まれませんでした。写真との出会いは、私に世界のユニークな捉えた方と、より世界と繋がっている感覚を与えてくれたのです。』-- Eric Kim, C-Heads
『写真は僕にとってセラピーなんだ。これまで知らなかった方法で、自分の感情をコントロールできるようにしてくれたからね。』-- Christian Hopkins, Flickr Blog
「私のカメラは、これまで理解できるなんて思っていなかったような世界を私に見せてくれるんです。それに気づいたとき、私の心のなかの歯車が同時に動き始めたのを感じました。」-- Katie Eleanor, ロモグラフィーでのインタビュー

Huffington Post によれば、写真というメディアを利用できる人は、それを自己流で学んだか専門的な教育を受けたかに関係なく、より容易に自己表現をできるようになるといわれています。

さぁ、悩みを抱えている人は今すぐに絵筆やペン、カメラを持って探検に出かけましょう!もうカメラを持っているという方は、いつも通り撮り続けてくださいね。


2017-02-01 #culture Ciel Hernandez の記事

クラウドファンディング実施中!

60年代に伝説的な人気を誇ったアナログカメラ Diana。2018年、正方形フォーマットのインスタントカメラとして生まれ変わる!Diana Instant Squareのクラウドファンディングプロジェクトは7/25(水) 23:59まで MotionGalleryにて実施中!鮮やかな色とコントラスト、特徴的なビネット、ふんわりとしたソフトフォーカスに予測できない光漏れ。そんな Dianaの写りを、撮ってすぐに楽しめる一台!

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    2018-03-16 refallinsasaki の記事
    アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト BnA Hotel。先日行われたパブリックビューイベントで一足お先に部屋を見に行ってきました。今回はロモグラフィーのカメラで撮影した写真の一部をご紹介!

  • #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    2018-04-26 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    #イットガーリー はインフルエンサーたちの日常を温かみのあるフィルム写真で切り取った写真集。いままで様々な形でコラボしてきた #イットガーリー × Lomographyが今回展示を開催することとなりました!来場者プレゼントもあるのでお楽しみに。