アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

ポートレート写真の5つのヒント

ポートレート写真のスキルをあげるには、いろんな方法があります。と、いうことで早速あなたのポートレート写真をちょっとだけ味付けする写真の5つのシンプルなヒントを教えちゃいます。

背景
みんなも解っているとおり、ポートレートのメインフォーカスは人物にしなくちゃね。でも背景で遊び心を加えると写真はもっと良くなったり、ムードががらりと変わったりします。そのポートレートに合った背景を選ぶことは、被写体そのものと同じくらい重要ってこと。無地だったり、模様付きの背景を選んだり、とにかく被写体への視線を邪魔しなければなんでも選んでOK。

アングル
横長も縦長も、どちらのショットもポートレート写真では一般的。ってことはミックスして斜めに撮影してみるってのもアリかも?そんなふうにポートレート撮影を楽しんじゃって下さい。ペットや子供のポートレート撮影のときは特に、新しいパースに挑戦するチャンスですよ。

スクウェア
スクウェアフォーマットでのポートレート撮影は、構図を決めるのがとっても簡単。被写体をフレームの真ん中に置くか、片側の端っこに置くようにしましょう。そうするだけで、確実に素晴らしいポートレートになっちゃいますから。もっとかっこ良くしたいなら、スクウェアフォーマットのポートレートは白黒フィルムで撮影してみてね。

表情
被写体の表情は、写真にスペシャルな味付けをするポイントです。色々とちがったムードで被写体を撮影してみて下さい。ちょっとヘン顔になっちゃってるくらいのにトライして、どんな面白い写真ができるか見てみるといいよ。

被写体
ポートレートは友達を撮影するってのが普通ですよね。でも全然知らない人を撮影してみたくない?そのへんを歩いている人をつかまえて、話に乗ってくる人を探してみよう。さりげなく話しかけて、ポートレート写真を撮影していいか聞いてみましょう。知らない誰かと撮影した写真がどんな風に出来上がってくるのか見るのはすっごく楽しいから!

あなたもコミュニティのみんなとシェアしたいポートレート写真のヒントを知ってたりする?そしたら下のコメント欄に書くか、もっと良いのは 三月のリクエストポスト をチェックして、自分で記事を書いちゃうってこと!

jeanmendoza さんの投稿、mizugojiさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: DeutschภาษาไทยNederlandsItaliano한국어Français中文(繁體版) & Spanish.