Lomography Experimental Lens Kit: Mathias Pesjakによる第一印象

新しく発売された、Lomography Experimental Lens Kitでどんな写真が撮影できるか、見たくてうずうずしていませんか?そんなあなたのために、 ウィーン、オーストリアのLomography本社で働くMathias Pesjakが感じたLomography Experimental Lens Kitの第一印象と、テストショットをご紹介しちゃいますよ。どんな写真を撮影してくれたのでしょう?

名前: Mathias Pesjak
LomoHome: matimundo
場所: Vienna
使用したレンズ: Wide Angle 12mm and Standard 24mm

1. Lomography Experimental Lens Kitを使った第一印象を教えて!

とにかくこのレンズは使ってて楽しいし、シンプルで使いやすいよ。

2. フィルムカメラ、アナログ写真を基本的にはいつも使っていると思うけど、Lomography Experimental Lens Kitをデジタルカメラで使ってみて、どう感じた?

そうだね、最初はどんな写真が撮れるは分からなかったけど、何回か撮影するうちに、カラーフィルターとか、多重露光とかいろんなエフェクトを試してクリエイティブになれて楽しかったよ。

3. Lomography Experimental Lens Kitで撮影する一番の楽しみ、利点は?

柔軟さかな。レンズもすぐ取り換えられるし、カラーフィルターを取り付けたり、多重露光も簡単。全然飽きないね!

4. Lomography Experimental Lens Kitの機能の中で、どれが一番撮影が楽しかった?

多重露光は本当にいろんな場面を実験的に撮影することが出来て面白いよ。思いもしない、びっくりするような写真が出来上がった時は嬉しいね。

5. Lomography Experimental Lens Kitで撮影するにあたって、どんな被写体、テクニックが一番適してると思う?

ポートレートから、景色まで何でも撮影できるよ!このLomography Experimental Lens Kitに制限はないし、自由に撮影できるのが魅力かな。

関連記事*

新発売: Lomography Experimental Lens Kit
Lomography Experimental Lensのカメラへの取り付け方法
Lomography Experimental Lensで多重露光撮影を行う方法

クリエイティブな写真をデジタルカメラで! == Lomography Experimental Lens Kit== はマイクロフォーサーズシステムのデジタルカメラで、アナログでクリエイティブな効果をお楽しみ頂くことができる革新的なレンズです。パッケージには標準24mmレンズ、ワイドアングル12mmレンズと魚眼レンズの3種類のレンズが含まれています。このレンズのちょっと変わった点は、レンズにもシャッターが付いていること。対応機種であれば、カメラの機能に関わらず、多重露光や、付属のフィルターを使用したカラーフィルター写真を撮影することが可能です。レンズの詳細は マイクロサイト へ。 オンラインショップ で好評販売中です!

2013-10-23 #lifestyle #interview #lomography #24mm #12mm #first-impressions #lomography-experimental-lens-kit plasticpopsicle の記事
翻訳 choko3

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    2017-10-21 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    今年開催された フォトコンテスト Gritty Woman 。たくさんの応募の中から『ロモグラフィー賞』を受賞したのは、 ケイスケミツモトさん。被写体の芯の強さが伝わってくるような写真がとても印象的でした。ステレオタイプに捉われない、被写体の「強さ」が伝わってくるポートレート作品をご覧ください。

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 【レポート】Lomo'Instant Squareワークショップ @谷根千エリア

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    【レポート】Lomo'Instant Squareワークショップ @谷根千エリア

    2018年3月10日(土) に開催した Lomo'Instant Squareワークショップの模様をレポート!さて、皆さんどんな写真が撮れたでしょうか?参加者の皆さんのベストショットもご紹介します!

  • ロモグラフィックな色を見つけよう:赤

    2017-07-13 #culture
    ロモグラフィックな色を見つけよう:赤

    街で偶然見つけた赤だったり、もしくは自分で赤く染めてみたり。注目を集める赤を上手く使って、印象的な写真を撮影してみましょう。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    2017-09-08 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    フィルムを入れ替えられるロモグラフィーの Simple Use Film Camera 。便利ですよね。最初に装填されているフィルムは Color Negative ISO 400、Lady Grey B&W ISO 400、LomoChrome Purpleですが、その他のフィルムで撮影したらどう写るのか、ずっと疑問に思っていました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。