ターコイズブルーの世界を楽しむためのコツ

皆さんは新しく発売されたネガフィルム「LomoChrome Turquoise XR 100-400」をもう試してみましたか?「淡い色は透き通ったアクアブルーに、真っ青な空やエメラルドグリーンの海は輝くゴールデンカラーに変色する衝撃的なフィルム」と銘打って発売されたこのフィルムですが、実際に使ってみた感想とその特徴などをまとめてみましたので、まだ使っていないという方はぜひ参考にしてみてください♪

この写真は、ある高原の花畑で様々な色のチューリップの花を撮ったものです。元の花の色がわからないのでピンと来ないかもしれませんが、どことなく不思議な色合いに見えますよね。そして空の色が鮮烈なオレンジ色に染まっているのも印象的です。これはロモグラフィーから最近発売された LomoChrome Turquoise(ロモクローム ターコイズ) で撮った写真なのですが、さて、この写真の元々の色はどんなものだったでしょうか。それでは次の写真を見てみてください。

元の写真(デジカメで撮影)

この写真が、最初の写真の正しい色です。空はきれいな青空で、様々な色のチューリップの花々はターコイズで撮ったものとは全くちがいますよね。このフィルムは、ターコイズという名の通り、鮮やかな青色をもたらすのが最大の特徴ではありますが、色の種類によって実に多種多様な変化をもたらしてくれます。今回数本のテスト撮影で私が感じたその特徴を、作例と元写真を比較しながら説明していきたいと思いますので、これから使ってみたいという方はぜひ参考にしてみてください♪

※色の変化はISO感度や被写体の照度・輝度・色温度によって、また現像ラボによっても変わってきます。あくまでも参考ということでお願いします。
※カメラはLC-A+、ISO感度は基本的に200で撮っています。

1. 作例と解説

作例① 花の写真

チューリップ畑と青空

元の写真には、黄色いチューリップと緑の茎・葉、そして青空が写っています。黄色い花びらは鮮やかな青(ターコイズブルー)に染まりました。そして青空はオレンジ色になり、茎・葉っぱの色はくすんだ青緑っぽい色になりました。

作例② 建物の写真

赤い建築物と青空

元の写真には、赤い(赤茶色い)レンガ作りの建物と、逆光気味で色が乏しいですが銅色っぽい彫刻、そして青空が写っています。建物の赤かった部分は落ち着いた青色になり、空はオレンジに、彫刻はやや青みがかっています。

作例③ 木と葉の写真

黄緑色の鮮やかな葉っぱの写真

元の写真には鮮やかな新緑の黄緑の葉が写っており、他にはあまり色はありません。葉の色は青みが強く現れやや青緑系になっています。

作例④ 人物の肌、花の写真

人の肌、黄色い花の写真

元は赤い服、人物の肌、そして黄色い花が写っています。赤い服は落ち着いた青紫系になり、肌の色は青系に、黄色い花は鮮やかなターコイズブルーになりました。土の色も黄色っぽい(黄土色)ので青みがかっています。

作例⑤ 様々な色の花の写真

様々な色の花の写真(トップの写真)

花は下から濃いピンク、明るめの赤、濃い赤紫、黄ばんだ白、鮮やかな黄色、そしてまた赤、となります。それぞれ、明るめの紫、濃い青(紺色)、濃い赤紫(変化があまりわからない)、青みがかった白、鮮やかなターコイズブルー、そして明るめの紫、となりました。森の木の緑はくすんだ緑(青緑)に、澄んだ青空の色はオレンジになりました。

2. 色の傾向

以上の例から、大まかに以下の色変化の傾向があるようです。

  • 赤→やや落ち着いた青または紫
  • 黄→鮮やかな青(ターコイズブルー)
  • 青(空の青など)→オレンジ
  • 青(濃い青)→濃いめの赤
  • ピンク→青紫系
  • 紫→濃い紫(大きな変化はなし)
  • 緑→くすんだ青緑
  • 黄緑→くすんだ緑
  • オレンジ→シアン系の強めの青
  • 肌色→シアン系の青。明るさ・顔色により強弱が変わる模様

わかりやすく下にイラストにしてみました。撮影の際の参考にどうぞ(^_^)

超簡単!色変化のわかりやすいイラスト

3. 感想

以上の考察から、このフィルムには実に様々な色変化が起こることがわかりました。色によってはとてもビビッドで劇的な変化が起こり(黄色や青など)、逆にビビッドだった色が地味な色になる場合もあります(赤や紫など)。どういう結果になるかある程度予想がつけば被写体選びや作品作りのイメージがわきやすくなることでしょう。私もこのフィルムばかり使っているときは、茶色っぽい猫を見ただけで「あ、真っ青な猫発見!」と脳内変換できてしまうほどでした。ぜひ皆さんのイメージに合った撮り方をしてみてください。

表題の「ターコイズブルーの世界を楽しむ」を存分に味わいたい場合には、黄色や肌色の被写体を選んでみましょう。そうすれば仕上がる写真は鮮烈なターコイズブルーに染まっているはずです。

今回の考察は、数本のフィルムによる様々なシーン・被写体をもとに行われましたが、もし「それちがうよ!」っていう部分がありましたらぜひご指摘ください。

こちらの記事も参考になります。あわせてどうぞ。
LomoChrome Turquoise: 日本のスタッフで使ってみました!

それでは最後にこのフィルムによる作品ギャラリーをご覧ください♪

photo by hodachrome

Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2015-06-04 #people hodachrome の記事

他の記事を読む

  • ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    2017-05-26 #culture #people
    ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    Seamus Traversはダブリンを拠点とする写真家で主にLeica m6を使ってフィルム作品を撮影しています。その生き生きとしたパワーを持つ写真スタイルに魅了された我々は、彼にRussar+を使って撮影していただきました!インタビューとともにお楽しみください。

  • アーティスト・Eliot Lee Hazel × LomoChrome Purple

    2017-05-13 #people blaskovichs の記事
    アーティスト・Eliot Lee Hazel × LomoChrome Purple

    いま注目のアーティスト・Eliot Lee Hazelがミニマリズムな作品への取り組み方、LomoChrome Purpleフィルムについて語ってくれました!作品とともにお楽しみください。

  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • 【再募集!】ビギナーズワークショップ with Simple Use Film Camera @浅草花やしき

    2017-05-26 #gear #ニュース
    【再募集!】ビギナーズワークショップ with Simple Use Film Camera @浅草花やしき

    【再募集!】直営店Lomography+では、『Simple Use Film Camera』の発売を記念して初心者向けワークショップを浅草花やしきにて開催します。なんと素敵なプレゼントもあります!!まずは詳細をチェックしよう!!ロモグラファーのみなさんや、フィルムカメラ・ラバーズのみなさんも是非ご参加ください!

  • Richard Lin × Petzval 58:フィルム写真への情熱と挑戦

    2017-04-28 #gear #people Crisselda Robles の記事
    Richard Lin × Petzval 58:フィルム写真への情熱と挑戦

    シンガポールのロモグラフィーコミュニティの前線で活躍するRichard LinがPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使ってフィルム写真のさらなる可能性に挑戦してくれました。インタビューと作品をお楽しみください。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • フィルム写真で描く秋の色

    2017-10-16 refallinsasaki の記事
    フィルム写真で描く秋の色

    夏が終わり、ぐっと寒くなりましたね。気づけば、周囲の色が夏とは違うと思いませんか?赤、オレンジ、黄色、黄金色…。秋が魅せる一瞬の色を写真におさめてみませんか?今日は ロモホーム から厳選した秋の景色をお届けします!

  • Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    2018-02-21 olderndaze の記事
    Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    Lomo'Instant Squareが発売され、大人気の正方形写真がついにLomographyのインスタントカメラでも楽しめるようになりました!直営店Lomography+では Lomo'Instant Squareの発売を記念して谷根千(谷中・根津・千駄木)エリアを散策して撮影を楽しむワークショップを開催いたします。フィルム・インスタントカメラが初めてでも全然OK!

  • イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    2017-07-29 #people refallinsasaki の記事
    イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    8/5 (土)、8/6 (日) の真夏のデザインフェスタに出展予定のイラストレーター Banbu さん。今回はなんとロモグラフィーの Lomo'Instant Automat や撮影した写真にステキなイラストを描いていただきました!インタビューではイラストを描き始めたきっかけや、初めてのフィルムカメラ Simple Use Film Camera との出会いまで、さまざまなことを聞いてみました。豪華な読者プレゼントもあるので最後までお見逃しなく!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?