LomoChromeで夜景を写すには?

LomoChromeフィルムを使えばアナログカメラで美しいカラーシフトを楽しむことができちゃいます。ですが、様々な光環境で最適なカラーシフトを生むためにはどうすればよいのでしょうか?ここでは、LomoChrome Purple XR 100-400LomoChrome Turquoise XR 100-400 を夜間撮影で使う際のヒントをご紹介致します!!

Credits: juliabrummer

撮影場所、気候について

私はブラジル出身の写真家で「色彩」を専門分野としています。不思議と色素への関心が強く、どの作品にもそれを関連付けるようになったんです。今回の実験は光源や色の多い場所がよかったので、ちょうど私の街に来ていた移動遊園地はぴったりでした。もしもあなたの街にもネオンでいっぱいの通りやメリーゴーランド、イベントの綺麗な飾りつけを見つけたら、怖がらずに撮影に挑戦してみてください!ここにご紹介する写真は2016年11月の暑い夏の夜(ブラジルの夏は凄いんです!)に撮影されました。同じ夜の撮影で、気候の違いで写真の色にも変化が現れた場合には、ぜひコメント欄から教えてください!

Credits: juliabrummer

ISO ついて

LomoChromeフィルムのISOは100から400の許容誤差内ですが、夜間撮影で鮮明なカラーを写すのに適した感度ではありません。そのため、カメラのISO設定を100、シャッタースピードを1/2~1/4に設定した場合には露出不足になる可能性が高いでしょう。ISOの設定数値が低いほど色は明るく映し出されますが、合理性を保ってISO25以下の設定ではシャッタスピードが遅くなりすぎないように注意してください。シャッタースピードが遅すぎると、光の波が無数に写って色がすべて混ざってしまい、一面に真っ白くぼやけただけの写真になってしまいます。ISO400以上の設定でシャッタースピードを遅く設定した場合にも同じことが言えます。ですが、覚えておいてください。設定を間違えてしまった写真の場合には、現像段階で修正することも大切ですよ。

Credits: juliabrummer

カラーパレット

どれも美しいことに変わりはありませんが、LomoChromeは様々な異なったカラーを写します。写真の色構成を決める際には、こちらの比較を参考にしてみてください。

Credits: juliabrummer

LomoChromeフィルムは赤外線フィルムに似せたフィルムですが、気温や気候に対してオリジナルの赤外線フィルムと同等の感度があるとは言い切れません。しかしながら、カラーシフトの点でいえば同様の特徴を持ちます。イメージが写される表面の化学組成と光に対する物理的な反応によって、特にカメラのアングルや光線の頻度が違う場合には、異なる効果がその色に現れるでしょう。その効果についてより理解してもらうために、公園の写真を実際の色、Turquoiseで撮影した色、Purpleで撮影した色のシミュレーションと比較してみましょう。

Credits: juliabrummer

色のある光源をメインの被写体とした場合には、以下のカラーパレットを参考にしてください。

LomoChrome Purple

紫、濃紺 – 青緑
オレンジ – 様々なピンク
ピンク、薄紫 色– 黄色
青 – 青緑
緑 - 紫
黄色 – ピンクや薄紫
明るい赤 – 赤のまま (他の赤色では赤褐色や赤みを帯びたオレンジ色などに変化する傾向があります)

LomoChrome Turquoise

青 – マスタード色
ピンク – ぼんやりとした紫
バイオレット – 暖かなオレンジ
赤、緑、黄色 – 濃紺/明るい青/ターコイズブルー/エメラルドグリーン/明るいバイオレット

Credits: juliabrummer

All About the Blues: A LomoChrome Turquoise XR 100-400 Film Review 』(英語)と 『LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか? 』のレビュー記事では、昼間の光環境でどのようにLomoChromeフィルムのカラーを調整するかについてご紹介しています。しかし、被写体が光で、特に夜の撮影の場合には状況が異なるので十分注意してください。

Lomochrome TurquoiseのカラーパレットはLomochrome Purpleよりも正確ですが、光を被写体とした場合にはどちらにも大きな差は見られないでしょう。発光体を被写体としたときには、光源の周りにある物質によって反応が変わってきます。たとえば、ネオンライトを反射するカラフルなガラスや、クリスマスツリーに飾り付けられたオーナメント、車のヘッドライトなどです。そのため、もし光源に正確なカラーシフトを期待していると、思ったような色構成にならない場合もあるので注意してください。

Credits: juliabrummer

光には暗すぎる影や茶色、グレー、そして黒はありません。他の色がブラックライトのような異なる種類の光に照らされていない限り、くすんだ色がカラーシフトを適用できる最大限のカラーです。絞り値を調整(4.9~5.6)してバルブモードを使ったり、クロスフィルターで光の軌跡を広げたりすれば、ほかの色を写してイメージに虹を描くこともできます。

Credits: juliabrummer

さぁ、あなたはどんなふうに夜景を写しますか?いますぐカメラにLomoChromeフィルムをセットして、夜の街に飛び出そう!


LomoChromeで写した夜景をもっと観たい方は こちらのアルバム『LomoChromes at Night』 からご覧いただけます。

2017-02-26 #gear Júlia Brümmer の記事

Lomography Lomochrome Purple XR 100-400 (35mm)

Lomochrome Purple XR 100-400 35mmフィルムは、自然な色のトーンを今まで見たことがないような紫色のトーンにシフトさせます。驚きの写真を撮影してみたい方にお勧めのフィルムです。そのサイケデリックな写りはKodak Aerochromeフィルムのように すばらしい彩色を写し出します。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • 2018年度 スタッフ募集のお知らせ

    2018-01-24 refallinsasaki の記事
    2018年度 スタッフ募集のお知らせ

    Lomographyはオーストリアに本社を置くインターナショナルなフィルムカメラブランドです。デジタル化が進む世の中で、アナログカメラにこだわり、世の潮流と逆行しながらもなお成長を続けるグローバル企業の中で切磋琢磨していける仲間を探しています。

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

  • 家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    2017-05-09 #people
    家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    アメリカのフォトジャーナリストNancy Borowickは両親がステージ5の癌と診断されて以来、家族の想い出を写真に残し続けています。「この瞬間を永遠に刻む」という写真本来の目的のもとで、写真家としてではなく家族として彼女は両親にレンズを向けます。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    2017-06-04 Eunice Abique の記事
    Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    Lomo LC-Aは、ロモグラフィーの始まりともいえるカメラです。その誕生日を記念して、世界のロモグラファーがこの魅力的なアナログカメラがどのようにして自分たちの人生の一部となったかを語ってくれました。

  • フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    2018-01-03 #people crissyrobles の記事
    フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    この街は、醜いものと美しいもの、希望と絶望でいっぱい。そして常にドラマティックなことが起きています。私は自分の目の前で起きていることを切り撮らなければいけないのです。

    1
  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 待望レビュー!新しくなったLomoChrome Purple Filmを旧バージョンと比較してみた。

    2017-06-03 #gear
    待望レビュー!新しくなったLomoChrome Purple Filmを旧バージョンと比較してみた。

    先日、新バージョンの販売をスタートしたLomoChrome Purple Filmですが「結局旧バージョンとどのくらい違うの??」と気になっている方も多いのではないでしょうか?今日はロモグラファー@arthursopticがLomoChrome Purple Filmの新旧バージョンを徹底的に比較してくれました!

    1
  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1