Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

雲と多重露光

背景に雲がある多重露光は、私のテーマ的な写真です。なぜなら、私は雲を撮ることと、街を歩くことが好きだから。 私は、青い空に対して雲がもつすばらしい形のコントラストが好きです。 今や私はフィルム写真と、ロモカメラのお陰で、この自然の奇跡に不朽の名声を与える方法を持っています。同時に、多重露光は、私が出会ういつもとは違っています。

大きな疑問は、雲か、目的となる手前のエレメントか、何を先に撮るのか?ですよね。私はほとんどの場合、雲を先に撮ります。先程お話した通り、雲こそが私の注意をひきつけるものだから…それから歩き続けて、それに合った被写体を探します。ランダムに選んでいます。

この写真では、雲を先に撮り、廊下を通る時に続いて二度目の露光をしました。

もう一回行ってしまいますが、バックグラウンドとして、雲と空の持つ美しさは、シンプルだけれども、興味深い構成をしています。雲も空も手前のエレメントと両方とも際立つように対照的な色を生み出し、背景の中に消えていきます。
ところで、Kodak EktarやElitechromeは、とても素晴らしい深みのある青色を捕えます。そのケースで撮影したさらなる写真をどうぞ…

多重露光テクニックがすきな人ならだれでも、空に向かって撮った写真の多重露光テクニックはきっと好みに合っていますよね。空に浮かぶ雲の情報に注意し続けて下さい。

stitch さんの投稿、kyonnさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Nederlandsと­Italianoと­Русскийと­Spanishと­Türkçeと­Portuguêsと­Françaisと­ภาษาไทยと­中文(繁體版)と­Československyと­中文(繁體版)と­Deutsch & 中文(简体版).