クレイジーで最高な写真を撮るために、35mmカメラに、2本の110フィルムを使う

35mmフィルムを、異なるフォーマットのカメラに使う方法や試みが、ウェブ上に沢山載っているだろう。だから、俺は35mmカメラに、110フィルムを試してみたんだ。初めてにしては、けっこう良かったよ。ちょっとした工程が必要だけど、すごい楽しいし、ロモグラフィーに出来ない事はないって思うよ。

ある日、沢山の35mmフィルムと、数本の110フィルムをスキャンし終え、横になってゴロゴロしていた時に、110フィルムって、二本並べると、35mmフィルムとほぼ同じ大きさになるじゃんって気づいたんだ。それで、35mmのフィルムキャニスターに、110フィルムの中身を二本分入れるって言うアイディアを、思いついたんだ。俺がどんな写真を撮る事が出来たか、見る事ができるよ。俺は間違いなく、この方法をもっと試すし、君にもそうしてもらいたいな。だから、ここにやり方を書いておくね。

Credits: dvzncndo

必要なモノ

テープ(クリアー/透明のと、封じ箱に使えるもの)
2つの110フィルムカートリッジ
1つの中身が無い35mmキャニスター
2つの未使用35mmのストリップ(このストリップは、スキャンするためにフィルムを切った時に残るもの)
ボトルオープナー
ハサミ
カッター(オプション)
暗室―もしくは、気が散らない暗い部屋
35mmフィルム用スキャナートレー

テープを切って、準備する事から始めよう。そうすれば、電気を消した時に楽だから。特に封じ箱テープは、扱うのに苦労するからね。それが済んだら、ボトルオープナーで、35mmキャニスターを壊さないように開ける(すごく大切なことだよ!)。そして電気を消し、フィルムを用意して!

110フィルムカートリッジを開ける

110フィルムカートリッジを開けるには、コツがあって、全然難しくはない。でも、ちょっと注意が必要なんだ。はさみか、カッターで、110カートリッジの赤丸の所からカートリッジに沿って切っていこう。もし君が、より安全な方法でやりたいなら、カートリッジの青い正方形の部分を壊し、切り離す事もできるよ。(ただし、フィルムを切ったり、傷つけたりしないように気をつけて!)カートリッジが開いたら、もう必要ないから、撮影枚数をカウントする紙を取り除こう。

35mmキャニスターにフィルムを入れる

初めに、テープを切っておいた事を覚えてる?ここで役に立つんだよ。暗室で、カートリッジから取り出した、二枚の110フィルムの終わりの部分を持って、キャニスターに入るサイズに、二枚をテープでくっつけるんだけど、テープはしわにならない様にね。このテープは結構薄いからといって、適当にやらないで、しっかりと、二つのフィルムを持ち、テープを貼ろう。そして、反対側のフィルムの終わりの部分にも、テープを貼る。そのテープを、このフィルムを35mmカメラに入れる時にも使うんだ。普通のフィルムと同じように持ってね。そしたら、注意しながらフィルムを巻き戻して。俺はよく、テープをキャニスターに貼って、光が入ってこないようにするんだ。君のキャニスターは、この写真の様になっているはずだ。そして、君がすべき事は、35mmカメラにフィルムを入れ、撮影をする事だ!

スキャンする

スキャンは結構簡単だよ。ただ、二枚のフィルムが大丈夫かチェックして、透明のテープを、真ん中に貼り付け、いつものように、35mmフィルム用スキャナートレーに入れるだけ!

この記事を読んで、みんなが試してくれたら嬉しいよ。繰り返し挑戦すれば、どんどんうまくなるよ!

2013-07-06 #gear #tutorials #film #tutorial #experiment #scanning #110-film #tipster #35mm-camera #how-to #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about dvzncndo の記事
翻訳 pamiyu

他の記事を読む

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:待つんじゃなくて、自ら行動を起こそう!

    2017-04-25 #ニュース
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:待つんじゃなくて、自ら行動を起こそう!

    待ってるだけで完璧な瞬間をフィルムに捉えることができるとは限りません。Lomo'Instant Automat Glassと一緒に自ら行動を起こしましょう!カメラをバルブ(B)モードにセットしたら、花火を使ってクリエイティブなイメージを描いちゃおう。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ロモグラフィックな色を見つけよう:赤

    2017-07-13 #culture
    ロモグラフィックな色を見つけよう:赤

    街で偶然見つけた赤だったり、もしくは自分で赤く染めてみたり。注目を集める赤を上手く使って、印象的な写真を撮影してみましょう。

  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!

  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。