Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

初心者のためのKONSTRUKTOR取扱説明書

ロモグラフィーのKonstruktorは、世界初のDIY(do-it-yourself)一眼レフカメラです。このカメラはどのように動くのでしょうか?さぁ、見てみましょう。

KONSTRUKTOR の機能を少しずつチェックしていきましょう。一眼レフカメラなので、カメラの上部にビューファインダーがあり、一枚のレンズに反射します。拡大鏡も付いているので、適切にフォーカスすることができます。

- シャッタースピード

シャッタースピードに関しては、設定するモードを選ぶことができます。NとBの二つのモードがあります。Nは通常のシャッタースピードの1/80で、Bはより長いシャッタースピードのためか、バルブ撮影に使います。

シャッタースイッチはここです。

撮影する時は毎回シャッターを再び上げることを忘れないように。このレバーでシャッターを引くと、多重露光撮影することができます。

-レンズ

KONSTRUKTOR はDIY一眼レフカメラです。レンズを取り外し、キットの中の他のレンズと取り換えることができます。50mmのレンズがあります。このカメラはf/10の絞りを持っており、フォーカスはメーター表記です。最短距離は0.5mで、他に1メーター、2メーター、そして、無限があります。

- フィルムを装填する方法

フィルムの装填方法は他の35mmカメラの方法と変わりません。フィルムを装填して、ふたを閉めます。カメラの裏側にロックがあるので、それも忘れずに。

時計回りにフィルムを巻きます。撮影枚数用のナンバーカウントがあります。

撮影し終わったら、時計回りに巻いてフィルムを取り出します。ボタンを押すことなく行うことができます。

KONSTRUKTOR には様々な機能があります。KONSTRUKTORが何をできるのか見ていきましょう。

-Bモード

- Nモード

- 二重露光撮影

撮影を楽しんでください!LOMO ON!

Ps.サンプル写真は全て KONSTRUKTORLomography CN100Lomography X-Pro 200 を装填して撮影しました。

opon21 さんの投稿、54070さんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、ภาษาไทยによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: English.