カメラの改造:LC-A+をレインボーカメラに変身させよう!

2013-06-12

私は個人的にレッドスケールの大ファンです。どんなに暗い曇りの日でも、撮った写真に色を与えてくれる。でも、フィルム全部ではなく、数枚だけレッドスケールにしたい時はどうすればいいの?それは簡単なこと:レッドフィルターを使えばいいのさ!どうせなら、他の色も足してしまおう!?続きを読んで、LC-A+をレインボーカメラに改造する方法を学ぼう!

Credits: sandravo

少し前に私はLC-A+でSplitzerとclose up filterを使った 簡単なクローズアップ写真を撮る方法 を紹介しました。Splitzerにちょっと手を加えることで、新しい、とてもカラフルな世界を広げてくれます。

SplitzerはあなたのLC-A+のレンズの前を変形させるのに完璧な装置。単純にプラスチックディスクの部分を外して、(ガラスの部分を取り外した)37mmフィルターリングを取り付けるだけ。ジャーン、カメラに手を加えずにインスタントに37mmカラーフィルターの出来上がり!詳細は こちら 。前回はこの方法をクローズアップに使ったけど、今回は写真に色をつけるために使います。

小さなカラーフィルターを見つけるのは簡単ではありませんでした。その上、同じフィルターを、一眼レフの大きなレンズとか、他のカメラにも使ってしまう。なので、62mmフィルターサイズに固定して37-62mmステップアップリングを使います(これら全部Ebayで安く手に入ります)。全部とりつけて撮影を始めよう!

割とつまらない写真・・・

上の写真は色もなくて、つまらない、何の変哲もない写真。カラーフィルターを混ぜることで何が起こるかを比較するために、LC-A+を三脚に載せて、毎回フィルターの色を変えながら、同じ構図で何回も繰り返し撮影したんだ。

Credits: sandravo

見てわかるとおり、カラーフィルターを使うことで、写真の雰囲気をガラリと変えることができるのです。

Credits: sandravo

スターフィルターを加えることで、つまらない写真を素晴らしいものに変えてくれるんだ!カラーフィルターに重ねて、スターフィルター等、サイズさえ合えば、なんでも付けることができるのです。

Credits: sandravo

赤やオレンジ色のフィルターを使えば、フィルムを変えることなく、インスタントにレッドスケール風な効果を追加できる。

Credits: sandravo

大きなカラーフィルターがビューファインダーをふさいでしまうかもしれない、と思っている人もいるかもしれない。それは正しい。ビューファインダーから、何を撮影するか見るのがとても難しくなってしまう。でも大丈夫。そうすることで、ロモグラフィーのルールを実践することができるから:
ルール#4:オシリの位置からも写してみよう!
ルール#8:フレームにどうおさまるかなんて、知ろうとしなくてOK!

Credits: sandravo

2013-06-12 #gear #tutorials #orange #purple #splitzer #camera-modification #filter #requested-post #blue #select-what-this-tipster-is-about #red #tipster #redscale #star #lc-a #green #atmosphere #camera #color #select-type-of-tipster #yellow sandravo の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    2016-06-19 #gear denisesanjose の記事
    Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    海の中、川の中、ザーザー降りの雨の中、さらには大雪の時。どんな環境下でも愛用している LC-A+やLC-Wideを連れて行きたい!と願うことはありませんか?そんな時は「Krab Underwater Housing」!赤いカニのように固くて丈夫な防水ケースを付ければ、水深20mでもあなたのフィルム撮影欲を満たしてくれます!そしていまならLC-A+もしくはLC-Wideを購入すると、もれなくこちらをプレゼントするキャンペーン実施中!

  • Lomo Locations: 東京(日本)

    2015-09-19 #places lomographymagazine の記事
    Lomo Locations: 東京(日本)

    東京を満喫するならば夜であるとよく言われます。銀座のネオン、人で埋め尽くされる渋谷の交差点、我を失う六本木など、少し考えただけでも夜の名所がたくさん。ただ、今回は頭をクリアにして、昼の東京にも目を向けてみましょう。皇居に新宿御苑など、東京にはその他にもたくさんの素敵な公園が点在し、朝から夕暮れ時まで楽しめます。海外からの旅行者にとっては、ただの古い街並みだって魅力的にみえることでしょう。

    2015-09-19
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。

    2015-10-08
  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

    2016-01-26
  • 世界中の趣のある本屋さん

    2015-09-24 #places lomographymagazine の記事
    世界中の趣のある本屋さん

    小さいけど本のラインナップが充実している本屋さんでは、ついつい時間を忘れて居座ってしまうものです。そんな格別な時間を与えてくれる世界中の本屋さんを5つご紹介します。

    2015-09-24 1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzvalと接写レンズでマクロ撮影に挑戦!

    2015-11-25 #gear #tutorials masaka の記事
    Petzvalと接写レンズでマクロ撮影に挑戦!

    Lomography Petzval Art レンズの最短撮影距離は1m。人物のポートレートにはピッタリな距離だけど、小さな被写体にもっと近付いて撮影してみたくならない?接写レンズを使えば出来るんです!

    2015-11-25
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Yusuke Kitamura

    2016-07-20 #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Yusuke Kitamura

    花を撮るフォトグラファー、北村佑介さん。「全ての写真を大切な誰かに送るラブレターとして、何時間も何時間もかけて丁寧に作り上げています。」とHPにあるように、北村さんが写す花はどれも優しく、しかし力強くまっすぐ咲いている花ばかり。写真を見ると安らぎと共に心に迫るものがあります。さて、この度はひょんなところから繋がった北村さんに、現在プレオーダー中のDaguereotype Achromat 2.9/64 Art Lensを使って頂きました。もちろん写されたのは「花」です。

    2016-07-20
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 都会 VS 大自然: 似て非なるもの?

    2015-09-03 lomographymagazine の記事
    都会 VS 大自然: 似て非なるもの?

    ジャングル、ホーム、天国.... これらの言葉は都会、大自然のどちらでも使える表現ですね。都会は大自然の花々や動物の鮮やかな色を真似し、人々は自然の中にある様々な形を自分たちの身辺に形作り暮らしています。反対の言葉でも、そういった共通点が見られる都会と自然。他にも偶然生まれた面白い共通点がたくさんあります。この記事では、この2つの言葉に共通して存在するものを並べてみました。

    2015-09-03
  • 12/19(土)のアドベントカレンダー: ロモグラフィーのカメラが10% OFF! (ディスカウントコード: LOMOLOVE10)

    2015-12-19 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/19(土)のアドベントカレンダー: ロモグラフィーのカメラが10% OFF! (ディスカウントコード: LOMOLOVE10)

    クリスマスプレゼントがまだ用意できていなくて慌てていませんか?でも大丈夫!オンラインショップでロモグラフィーのカメラを買えば間に合いますよ!そしてディスカウントコード「LOMOLOVE10」を入力すれば10% OFFに!また今週末はプレゼント梱包が無料になるキャンペーンを実施中!

    2015-12-19
  • LC-Wideで写し出す魔法の瞬間

    2016-01-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    LC-Wideで写し出す魔法の瞬間

    スモークも鏡も使わなくても、Lomo LC-Wideはマジックを起こせます!こちらでロモグラフィーのコミュニティー上にアップロードされた皆さまの魔法の瞬間をごらんください!LC-Wideを使えば、あなたもマジカルな一枚が撮れちゃうかも?

    2016-01-16