アナログな方法でライトリークスを作ろう!

写真にライトリークスさせてみませんか?画像加工やカメラに穴を開けることなく35㎜フィルムカメラで簡単にライトリークすを作る方法があります。

Credits: ineffable_ice

ロモグラフィーについて話すとき、皆さんまず一番最初に思い浮かぶのが、撮影された写真の見事な色についてだと思います。でも、同じくらい忘れちゃいけないのがヴイネットとレンズフレア、ライトリークスです。予測できないローファイな写真の、素晴らしい特徴です。ではどうやって簡単に、ライトリークスをアナログな方法で作り出すのでしょう。

必要なのはフィルムを装填したあとの35㎜フィルムカメラ、これだけです。

最初に、撮影し終わったフィルムをいつも通りに巻き戻していきます。その過程の途中で、巻き戻すのを一旦ストップし、裏蓋をできる限り早く、一瞬だけ開いてすぐに閉じます。それだけで露光されたフィルムの後ろに赤色やオレンジ色のライトリークスができます。
そして、フィルムを巻き終わるまでそれを続けて、現像してください。

この方法で、予測できないライトリークスを作り出せます。
私がロモグラフィーが大好きな理由の一つも、このライトリークスなんです。
ライトリークスは私たちの写真にちょっぴりスパイスを与えてくれます。この方法で写真をだめにしてしまうかも、と考える人も多いでしょう。1、2枚だめにしてしまうかもしれないけれど、それは我慢してくださいね。

上の画像のように広く裏蓋を開けないでくださいね!ほんの少しで十分露光できます。

撮影中ではなく撮り終わったフィルムを巻き戻す際にカメラの裏蓋を開く理由は、フィルムカウンターを狂わせないためです。毎回裏蓋を開けていたら、フィルムカウンターが「S」に戻ってしまって、何枚撮ったのか、何枚残っているのかわからなくなってしまいます。

Credits: ineffable_ice

すでに撮影済みのフィルムの異なるコマにライトリークスしてみてくださいね。
最後にひとつ忠告を。写真にライトリークスをしてみたいとちゃんと思っている人だけ、このちょっぴりスリリングな方法を行ってくださいね。
あなたもライトリークスを楽しんで!

2014-02-26 #gear #tutorials #35mm #experimental #camera #light-leaks #tipster #simple #unpredictable #inexpensive ineffable_ice の記事
翻訳 ciscoswank

【25周年アニバーサリー限定エディション】Lomography生誕25周年記念として Lomo LC-Aシリーズのカメラが限定デザインで登場!ブラウンの本革に25周年アニバーサリーのロゴが入ったスペシャルなエディションです。オンラインショップまたは直営店Lomography+にて販売中。限定生産なのでお早めにどうぞ!

他の記事を読む

  • Lomography Earl Grey B&Wフィルムでヒッチコック映画のようなワンシーンを写そう!

    2017-05-18 #tutorials lomographymagazine の記事
    Lomography Earl Grey B&Wフィルムでヒッチコック映画のようなワンシーンを写そう!

    ロモグラフィーの35㎜モノクロフィルムEarl Grey 100なら、まるでAlfred Hitchcockの映画から飛び出してきたようなワンシーンを簡単に写せちゃいます。

  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

    2017-05-01
  • Sprocket Rocketのパノラマビューで壮大な景色を写そう

    2017-07-17 chooolss の記事
    Sprocket Rocketのパノラマビューで壮大な景色を写そう

    フィルムの穴であるスプロケットホールにまで露光できる35mmフィルムカメラ Sprocket Rocket。旅先で出会った景色を写せば、スペシャルな思い出になるはず。

    2017-07-17
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 3/10(金)まで!『35mmFILM映画祭』@神戸

    2017-03-04 #ビデオ trifivy の記事
    3/10(金)まで!『35mmFILM映画祭』@神戸

    3/10(金)まで、神戸では開港150周年を記念して『35mmFILM映画祭』を開催中!こちらの映画祭では、今では珍しくなった35㎜フィルム映画の上映やフィルムに関わるイベントをお楽しみいただけます。

    2017-03-04
  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

    2017-05-15
  • 光のイラストを楽しもう!ロモグラフィーのライトペインティングガイド。

    2017-03-02 #tutorials lomographymagazine の記事
    光のイラストを楽しもう!ロモグラフィーのライトペインティングガイド。

    夜の写真をカラフルでエキサイティングなものにしてみたくありませんか?ライトペインティングに挑戦してみましょう!必要なのはライティング道具とカメラを固定する場所(三脚があれば◎)、それにバルブモードのあるカメラだけ。今すぐ光の絵画を始めよう!

    2017-03-02
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24
  • 【動画】Neptune Lensの試作品が日本に到着!

    2017-06-13 refallinsasaki の記事
    【動画】Neptune  Lensの試作品が日本に到着!

    日本に届いた Neptune Convertible Art Lens System の試作品をスタッフが動画でご紹介!実際どのくらいの大きさなの?という疑問にもお答えします。詳しい使い方や機能などを動画で説明するので要チェックです!

    2017-06-13
  • 直営店Lomography+主催【ビギナーズワークショップ with Simple Use Film Camera @浅草花やしき】

    2017-04-18 #gear #ニュース lomographyplus の記事
    直営店Lomography+主催【ビギナーズワークショップ with Simple Use Film Camera @浅草花やしき】

    【満員御礼!こちらのワークショップは募集を締め切らせて頂きました。】ついにカメラファン待望のフィルムカメラ『Simple Use Film Camera』が発売されました!直営店Lomography+では、発売を記念して初心者向けワークショップを浅草花やしきにて開催します。なんと素敵なプレゼントもあります!!まずは詳細をチェックしよう!!ロモグラファーのみなさんや、フィルムカメラ・ラバーズのみなさんも是非ご参加ください!

    2017-04-18
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomography Color Negative F²/400 ギャラリー

    2017-03-10 refallinsasaki の記事
    Lomography Color Negative F²/400 ギャラリー

    【在庫限り!Lomography Color Negative F²/400 再入荷のお知らせ】目の覚めるような鮮やかなブルーが特徴の、F²/400 フィルム。もうすでにフィルムをGETしたラッキーな方も、これから購入を考えている方も、こちらのギャラリーでどんな写真を撮ろうか想像を膨らませてみてください!

    2017-03-10
  • Neptune Convertible Art Lens:細部まで鮮明に写す「Thalassa(タラッサ): f/3.5 / 35mm」

    2017-05-21 #gear #ニュース Lomography の記事
    Neptune Convertible Art Lens:細部まで鮮明に写す「Thalassa(タラッサ): f/3.5 / 35mm」

    街のなかではいつだって面白い事件が起こっています。Neptune Convertible Art Lensにワイドアングルの35mmレンズを取り付けて、街中を冒険しましょう!ショットグラスサイズの50mmや80㎜もコンパクトに持ち運べるので、被写体に応じての取り換えも簡単です。

    2017-05-21
  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

    2017-06-23