空に浮かんだ幻想的な写真を撮ってみよう

2014-12-14

空に浮かんだ城、ビル群、島、人物…。皆さんはこういった幻想的で不思議な写真を見たことはありませんか?これはスプリッツァーを使った多重露光のテクニックの一つで、ちょっとコツを覚えておくだけで誰でもかんたんに幻想的で魅力的な写真を撮ることができちゃいます。

hodachromeさんの写真

この写真は、お城と空を組み合わせた多重露光です。まるで空の上に城が浮かんでいるように見えますよね。これは、スプリッツァーというアクセサリーを使って上半分と下半分を別々に撮ったことにより生まれた写真で、とても幻想的に見えますが、スプリッツァーを使うことで実はかんたんにできちゃいます。
今回はこの撮り方のコツを紹介したいと思います。

【必要なもの】
1. カメラ…MX機能があり、スプリッツァーが使えるカメラ(LC-A+)等がよい
2. フィルム…なんでもいいです
3. スプリッツァー…必需品。なければ黒いテープで代用

【被写体を選ぶ】
まず、浮かび上がらせたい魅力的な被写体を見つけます。自然でも人工物でも人間でもなんでもいいです。天気はなるべくよい日を選びましょう。雲は形がよくて青空がきれいなときがベストです。
今回は下の見本の被写体(花)を例に説明したいと思います。

花畑を空に浮かべてみる

【撮影方法】
※カメラはLC-A+にて、フィルムはISO100のスライドフィルムを使用した場合で説明します。
感度設定はフィルム感度と基本的には同じにします。(露出を固定できるカメラなら固定したほうがよいです。重なったときにつなぎ目が違和感なくきれいに見えます)

1.上半分(メインの被写体)を撮影
どちらからでもいいんですが私は上半分(雲以外の被写体)から先に撮影します。
スプリッツァーをセットして、下半分を覆って隠します。メインの被写体(花)と空のバランスをよく考えて構図を決めます。特に画面中央の「スプリッツァーの境界部分」は、下半分と交じり合う部分なので慎重に決めましょう。構図を決めたらシャッターを切ります。

スプリッツァーで下半分を覆って撮影

2.下半分(空の部分)を撮影
続いて下半分を撮影します。
MXボタンをスライドして多重露光を可能にし、スプリッツァーを180度回転させて上半分を覆って隠します。雲の形や空の明るさをよく見てベストな構図を決めます。このとき、一回目の光の角度とあまりにちがっていると不自然な重なり方になる場合があるので注意。そして、一回目の構図をよく思い起こしながらベストな構図を定めます。構図を決めたらシャッターを切ります。

スプリッツァーで上半分を覆って撮影

撮影方法は以上です。できあがった写真がこちらです。
空の上に花が咲いているような幻想的な写真になりました。スプリッツァーにより露光が制御されているため、それぞれのイメージが余分に交じり合うことなく自然と浮かび上がっています。

注意:二回目の撮影の際、雲の部分が多すぎると(明るすぎるとカメラが判断して)、露出が一回目よりアンダー(露出不足)になってしまうことがあります。そうなると撮影結果が不自然になってしまいます。判断が難しいですが、その場合は感度設定を1段あげる(数字を小さくする)などして露出を変えるといいでしょう。

上と下の明るさがちがって不自然

【他のポイント】
1.複数枚撮っておく
その場で二回撮っている場合は、雲の組み合わせを変えるなどして複数回チャレンジしてみることをお勧めします。その中から一番ベストな結果を得ることができます。

雲の形を変えて何枚か撮る

2.いろんなカメラ・フィルムで撮ってみる
作例はLC-A+でしたが、もちろんどんなカメラでもチャレンジ可能です(スプリッツァーがないカメラの場合は黒いテープ等でレンズを覆う必要があります)。フィルムも意図に応じていろいろ使い分けるとよいでしょう。

カメラはHolga、フィルムはレッドスケールによる作例

3.いろいろなものを自由に浮かべてみよう
空に浮かべる被写体は、作例のように花や山・木といった自然でもいいですが、ビルや教会・お城といった建物、または人間やその他動物(犬や猫)でも面白いと思います。
このテクニックを使った、コミュニティーメンバーの素敵な作品の一部を紹介しますので、ご覧になってイメージを膨らませてください(^_^)

gocchinさん、fotobesさん、nejaさん、yukaplusさん、hodachromeさんの写真

ぜひ皆さんなりのアイデア、インスピレーションで様々なものを空に浮かべてみましょう!
Let’s try fantastic sky picture!


Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2014-12-14 #gear #tutorials #splitzer #lc-a #multiple-exposure #tipster #doubles #double-exposure #lc-a # # #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about # hodachrome の記事

他の記事を読む