LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo’Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

植村英里奈さんのセルフポートレイトと Lomo'Instant Wide で撮影した Hostess Club Weekender 会場内の様子。

Name: 植村英里奈
Web: www.erina-uemura.com
SNS: instagram, facebook


―植村さんがミュージックフォトグラファーとして活動を始めたきっかけは?

高校時代に父親からオリンパスのフィルムカメラをプレゼントしてもらったことがきっかけで写真を撮る楽しさを知りました。
アメリカに行っては好きなアーティストのライブを趣味で撮影していましたが、フォトグラファーとしての活動することになったきっかけは、実は友達のおかげなんです。
2008年にシカゴに住むアメリカ人の友人が、私の撮ったBe Your Own Petというバンドのライブ写真をLollapaloozaフェスのライブフォトコンテストに応募して、そこで光栄にも2位を受賞することができたので、これをきっかけにプロとして活動をスタートしました。
2010年にはアメリカの報道記者VISAを取得し、2014年までNYを拠点にしていました。
今は日本を拠点としていますが、4月から11月までアメリカに滞在しフェスやライブを撮影しています。 

Lomo’Instant Wide portrait of Bloc Party and snap shot taken in Hostess Club Weekend festival site. Photo by Erina Uemura.

―長年海外を拠点に活動されていますが、文化の違いなどもあり不便なこともあったと思います。どのようにして克服し、フォトグラファーとしての海外での挑戦を楽しまれてきましたか?

今までアメリカのほとんどの州に出向き色々な会場で撮影してきました。200人クラスのフォトピットが無い会場からマディソンスクエアガーデンなどのアリーナクラスの会場まで。
フォトグラファーとしてスタートした時からフリーランスで活動をしてきたのですが、エージェントもいないので全て自分で直接アメリカ側にコンタクトを取り、やりとりしてきました。
フェスの運営側やアーティスト側に自ら撮影許可を申請するのですが、最初の頃は大きなバッググラウンドもない無名の日本人に撮影許可が出るはずもなく、自分の作品を見てもらったり、直接アーティストに撮った写真を気に入ってもらってアーティスト側からマネージメントに直接掛け合ってもらったりしていましたね。

最初の頃大変に思った事は、事前に撮影許可が出ているのにも関わらず会場の受付で名前が入っていないことがあって、当日どこに連絡を取ればいいかわからなくて焦ったことが多々ありました。
いつもPR側が忘れていたとか会場と上手くコンタクト出来ていなかったとかで最終的には撮影パスは無事にもらえるのですが、最初の頃はそれが本当に不安でした。
今は「ああまたか」って焦ることなくPRやマネージメントに連絡を取っています。(笑)

Portrait of Daughter. Photo by Erina Uemura.

―言語の問題やコミュニケーション方法など、文化的な面ではどうですか?

最初は言葉の問題もありコミュニケーションの行き違いで苦労したこともありました。でもアメリカでは自分の主張も相手に問うことも許されるので、それで状況が好転することもありますし、自分という人間を認めてもらうこともできます。そして、バッググラウンドとか国籍を気にしないで自分の作品を認めてもらうチャンスが多いです。

アメリカでは本当にたくさんのミュージックフォトグラファーが活躍していますが、彼らを通して撮影技術や編集技術も学んだりしています。世界中からアメリカに撮影に来ているフォトグラファーの友人もできました。今では彼らとフォトピットで会うだけでなく、一緒に撮影のため旅を共にしたり、彼らの拠点を撮影で訪れた際には泊めてもらったり、交流を深めています。

―ミュージックフェスティバルはライブ会場と勝手が違うので大変そうなイメージです。最初は大変だったのではないでしょうか?

そうですね。初めて撮影したアメリカのフェスは2008年のNYで開催されたAll Points Westというフェスで、RadioheadやKings Of Leonが出演していました。最初の頃はフォトピットで自分がどこにいればいいのかわからず、周りにいたフォトグラファー達に叱られたりしていました。(笑)
その翌年、Coachellaフェスに初めて参加したんです。自分が2004年から毎年参加していた大好きなフェスを撮影できるとあって舞い上がっていましたが、Coachellaフェスは規模も大きくフォトピットにいるフォトグラファーの数も多いので、そこはまさに戦場というか・・・(笑) 各々ベストショットを撮りたくてすごくエキサイトしているので、一触即発なんて現場も目の当たりにしました。そんな現場で彼らから多くのことを学びました。無名からとても有名なフォトグラファーがまでが同じピットで同じアーティストを撮影している。そんな現場に自分がいることを今でも光栄に思っています。

Event site snaps and Mystery Jets. Photo by Erina Uemura.

―海外のアーティストさんを日本に招いてイベントを行ったこともあるそうですね!詳しく教えてください!

私はインディーロックミュージックが好きなのですが、2005年頃からエレクトロミュージックにもはまり、NYやLAのクラブシーンでDJがプレイする空間を楽しんでいました。
その頃、よく行っていたのがSteve AokiがLAのシネスペースというクラブで主催していたイベントで、彼はもちろん出演していましたが他にJustice, Soulwax, DJ AMなどがプレイしていました。同じ時期にNYではブルックリンのStudio BというクラブにLCD SoundsystemのJames MurphyやEd Banger RecordsのBusy P, DJ Mehdiらがプレイするのを見に行ったり・・・。
そんな感じでアメリカのエレクトロシーンにどっぷりだった時に、マンハッタンのクラブ Don HillsでMISSHAPESが主催するイベントでJackson (今はReal Estateのドラマー)というDJと出会いました。私は彼のプレイスタイルがとても好きで、どうにか日本でも彼のプレイが見たいと思い、だったら自分で呼ぼうと思い、彼にコンタクトを取ったんです。
すると彼から実はFrankpollisというバンドをやっていてバンドとして日本に来れないかと打診され、それなら彼のバンドも呼ぼうということになりました。

Jacksonは当時DJやモデルとして有名でしたが、バンドは無名で音源すら出回ってなかったので、彼のバンドメンバーに会いライブを見るためだけにNYに飛びました。FrankpollisはJacksonがドラム担当で、彼のお兄さんのJamesがフロントマンでシンガー兼ギターでした。ちなみに彼ら兄弟は、The Piercesという姉妹デュオ(シンガーのアリソンはThe Strokesのアルバートの元ガールフレンド)の ミュージックビデオ にも出演していたりします。
彼らのプロデューサーでもあるRoger Greenawaltのスタジオに連れて行ってもらったのですが、RogerはFrankpollisは間違いなくビッグになると言っていて、Rogerの彼らへの賛辞、そして実際に見た演奏技術、音楽性から彼らを日本に呼ぶことに対する決意がより一層強まりました。

イベントは私と長年の友人でもある小林氏(Babymetalのプロデューサー)に手伝ってもらい、他4名の友人の協力もあり、東京の西麻布のWarehouse, 青山のLe Baronでの2公演をやりました。
Jacksonはバンド演奏の後、DJプレイもしてくれました。同じくフォトグラファーの米原康正氏ことヨネちゃんにもDJとして出演してもらい、これがきっかけで、DAZED and CONFUSEDマガジンにてヨネちゃんが彼らを撮影することになりました。
彼らはライブ公演、雑誌撮影の他、Appleストア渋谷でのアコースティックショウ、タワーレコード渋谷店でのトークショウも行いました。
たくさんの方に来ていただきました。

私はそのイベントにおいて、ブッキング・マネージメント・ツアマネ・ドライバー・フォトグラファーを1人でこなしました。Frankpollisや友人の協力なしでは到底実現できませんでした。
とても大変でしたが、今の私があるのはこのイベントを行った事が軸になっているし、Frankpollisのみんなとは今では私にとってかけがえのない友人になっています。
当時20歳前後で海外にも行った事がない彼らがどこの誰かも分からない私のイベントに出演する為に日本に来てくれた事にとても感謝しています。
残念ながらFrankpollisは解散してしまいましたが、彼らは現在個々で活動しています。
彼らにアメリカのフェスや日本での来日公演で再会し、撮影している今を光栄に思います。

Portrait of The Bohicas . Photo by Erina Uemura.

―Hostess Club Weekenderの舞台裏で撮影していただきましたが、このイベントの醍醐味をおしえてください。

日本のフェスで初めて撮影させていただいたのがHostess Club Weekenderでした。レコードレーベルが主宰するフェスはアメリカではよくありますが日本では珍しく、レーベル所属のアーティストが演奏を行うだけでなく、会場にはレコードやCD、グッズが販売されそこで知らなかったアーティストを発見できたりします。
出演するアーティストも有名どころから新人までバラエティに富んでいます。
会場でアーティストと触れ合えるサイン会があったりファンとの交流を大切にしてるのも魅力の一つだと思います。

―今回Hostess Club Weekenderに出演した中で、植村さんがお目当てにしていたアーティストは?

Christopher Owens です。Girls時代から好きでしたがソロになってからの曲の方が好みです。バンドメンバーに友人であるMatt Astiがいて彼に日本で再会するのも楽しみでした。彼はMGMTやConnan Mockasinでもプレイしています。
それから the Melvins 。私はいわゆるジェネレーションX世代でして、学生の頃はNirvanaをはじめグランジムーブメントに熱を上げていたのでMelvinsを見ることは私の夢の実現の一つでもありました。

Portrait of Christopher Owens . Photo by Erina Uemura.

―今回の撮影で何か印象的だった出来事はありましたか?

the Melvins を撮影させていただいた時とても緊張していたのですが、彼らはとても親切で面白く、こちらの要望にも快く答えてくれて良い撮影ができました。
高校生の頃、the Melvinsを自分が撮影するなんて想像もしなかったですし、彼らが真っ赤なハート型のベッドの上で微笑むなんて誰が想像したでしょう!笑

the Melvins by Erina Uemura.

―Petzval 85を使ってみていかがでしたでしょうか?

近年オートフォーカスに慣れていた自分にとってマニュアルフォーカスのこのレンズは最初は戸惑いましたが、すぐPetzvalの虜になりました。
単焦点のレンズが好みで50mm F1.2などのレンズをポートレートなどで使っているのですが、こちらのレンズは私の好むシャープさと鮮やかな彩度がパーフェクトに映し出されます。
そしてこのレンズの醍醐味である背景の渦巻くボケ感などユニークな所も気に入っています。
あとゴールドに輝くレンズはとても美しく持っているだけで悦に浸ることもできます。笑

Portrait of "Dornik. Photo by Erina Uemura.

―Lomo’Instant Wideでポートレイト撮影をしていただきましたが、実際に撮影で使用していかがでしたか?

インスタントフィルムが好きで、昔はポラロイド、現在はInstax Wideなどでアーティストのポートレートを撮影していました。
こちらのカメラでは多重露光長時間露光撮影が出来たり、カラーフィルターを使い自分の好みのカラーで撮影できたり、シャッターリモコンが付いているのも魅力の一つですね。
実際撮影していて、その場で写真を確認できるので、アーティストがこちらで撮影した多重露光写真やカラー写真を気に入ってくれて、カメラを購入したいと言った方もいるくらい魅力的なカメラだと思います。

―今回撮影した中で、植村さまのお気に入りの写真を教えてください。理由もお願いします!

やはりthe Melvinsの写真がお気に入りですね。あとMystery Jetsも撮影が盛り上がり良い写真が撮れました。

Portrait of Mystery Jets. Photo by Erina Uemura.

Mystery Jets – 我々が最後の取材ということもありメンバーがリラックスして撮影できました。彼らはInstant Wideがとても気に入っていてお買い上げしたいと言っていたほど。

Portrait of the Melvins. Photo by Erina Uemura.

the Melvins – Lomo’Instant Wideにて赤いカラーフィルターを2枚重ねしてよりいっそう赤感が出ているのが気にいっています。

―最後に、今後の予定を教えてください。

これまでCoachellaフェスに長年参加していましたが、今年はまだ撮影したことないフェスや都市に行ってみたいです。
オースティンのサイケデリック色が強いLevitationもその一つです。オースティンはSXSWやACLで毎年訪れていますが、小さな都市ながら町中にたくさんのライブハウスがあり、音楽が盛んでおしゃれなヴィンテージストアや、カフェ・レストランもあって大好きな街です。
それから、テネシー州ナッシュビルのBonnarooフェス、NYCのGovernors Ballフェスに参加予定です。
そしてフェスではないのですが、コロラド州にあるRed Rocks Amphiteatreという会場で撮影するのが予てからの夢なので、そこで好きなアーティストを撮影してみたいです。

―植村さん、インタビューにお答えいただきありがとうございました。フリーランスで自力で活動されてきた実体験は、この記事を読む様々な読者へ勇気を与えるものだと思います。また是非ロモグラフィーのWebマガジンに登場してくださいね!


Special Thanks
Hostess Club Weekender
NUMAG

2016-02-18 #people #lomoamigo ciscoswank の記事

関連商品

Lomo'Instant Wide

Lomo'Instant Wide

世界で最もクリエイティブなinstant wideカメラとレンズです!ハイクオリティの様々な機能が搭載のLomo’Instant Wideならば、誰でも美しく奇抜で目が回るような瞬間を、クリエイティブにスーパーワイドにシャープで完璧に捕らえることができます。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • Neon Dreams Tokyo - 写真家 Matthieu Bühler

    2017-12-27 #places cheeo の記事
    Neon Dreams Tokyo - 写真家 Matthieu Bühler

    写真家 Matthieu Bühler's が東京で撮影した『Neon Dreams』シリーズ。東京のいたるところにある、ネオンが彩る独特の色合いと描写をお楽しみください。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • Laforet Marketに Lomographyが出店決定!@ラフォーレ原宿

    2017-08-18 refallinsasaki の記事
    Laforet Marketに Lomographyが出店決定!@ラフォーレ原宿

    ラフォーレ原宿で9月2日(土)、3日(日)に開催される『Laforet Market vol.1 “one idea” 』。なんとロモグラフィーが出店決定!会期中はロモグラフィー製品の販売や、特設フォトブース『Lomo'Instant Photo Automat』でのセルフィー撮影をお楽しみいただけます。さらにさらに、イラストレーターの foxco212 さんがインスタント写真のフレームをオリジナルにカスタマイズしてくれます!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 秋葉原 by Clara Mathiesen【BnA x Lomography】

    2018-03-11 #people #places refallinsasaki の記事
    秋葉原 by Clara Mathiesen【BnA x Lomography】

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト Bed and Art Project - BnA Hotel。BnAコミュニティーの気鋭の写真家 Clara Mathiesenさんが Lomo LC-A+で BnA STUDIO Akihabaraとその近隣を撮影しました。

  • 【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    2017-12-31 choko3 の記事
    【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    12月21日(木)の夜に行われた『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』のオープニングレセプション。年末の忙しい時期に約100名もの方々に来場いただきました。ありがとうございました!写真を見ながらお喋りしたり、オーストリアのワインを飲んだり、8mm上映で盛りあがった良い時間でした。そんな楽しい夜の写真をお楽しみください!