Guillaume Gaubert:女性の美しさを捉えたポートレート (NSFW)

フランス人の写真家Guillaume Gaubertの得意なことは、美しいものを見つけること。数年前に写真撮影に興味を持つようになり、その後本格的に写真の世界へ入ることを決めました。最初に撮り始めた写真と今のものを比べると、Guillaumeが確実に成長し、また人を撮ることにより興味や情熱を注ぐようになったとわかります。現在は主に女性のポートレートを撮影していて、それが彼にとっての永遠のインスピレーションの源だと語ります。今回のインタビューでは、様々な質問を通して彼の写真家としての人生について語ってくれました。

© Guillaume Gaubert

こんにちは、Guillaume! 最近は何を撮っていますか?

こんにちは!人を撮ることが好きなので、ほとんどポートレートを撮影しています。女性が持つ美にインスパイアされるので、ほとんど女の子を撮っていますね。

© Guillaume Gaubert

いつから写真に興味を持つようになりましたか?始めた頃に比べると、写真のスタイルに変化はありましたか?

写真に興味を持ち始めたのは数年前で、でも最初はそんなに撮ってはいませんでした。その後、僕がビンテージ品が好きだと知ったおばあちゃんが古いカメラをくれました。そのカメラは僕が会うことができなかったおじいちゃんのものでした。何だか彼と不思議なつながりが生まれたような気がして、それから写真をたくさん撮るようになりました。写真のことがもっと知りたくなり、自然と技術的な部分も勉強するようになったんです。

最初はThéo Gosselinのスタイルに影響を受け、友達と旅行中に写真を撮ったりしていました。そのうちに、自分が人を撮ることが好きなんだと気付き、色々な写真家のスタイルについて勉強しました。自分のスタイルは、自分でも気づかないうちに知らない方向へ成長していたりするものですが、これだというスタイルが見つかるまで勉強し続けました。

© Guillaume Gaubert

写真家になるということで、一番大変だったことは何ですか? 毎日写真を撮り続ける理由はありますか?

写真家にとって最も大変なことは、目に見える個性を作り出すこと。誰かがあなたの写真を見て、あなたが撮ったんだと一目で判ることが重要です。今は古い写真も新しい写真も、どちらもたくさんインターネットで見つけることができます。自分自身や自分のスタイルについて深く考える必要もなく、簡単にいいなと思うものからインスピレーションを受けることができてしまいます。でも僕も自分のスタイルについてはまだわからないですが、それを探し求めて毎日成長し、自分自身をもっと知りたいと思います。

© Guillaume Gaubert

ヌード写真も撮影されていますが、モデルにカメラの前でリラックスしてもらえるように工夫していることはありますか?

ヌードはまだそんなに撮影したことはないんですが、モデルが裸や下着姿でも緊張せずリラックスしているということはとても大事なんです。誰でも知らない人に撮影されるときは、服を着ていても裸でいるような気分ですよね。まあ結局、特にこれといった方法はないですね。場の雰囲気と、モデルとの信頼関係がすべてだと思います。撮影の時は大げさに振る舞わず、友達のように接します。誰でも緊張しますよね。

© Guillaume Gaubert

どんな時に写真を撮りたくなりますか?

モデルが飾らずにリラックスしているとき。

スイスで自然に囲まれた美しい写真を撮影したと聞きましたが、旅の思い出を聞かせてください。

スイスには写真を撮るために行ったわけではなく、友達の写真家Arnaud Eleに会いに行きました。数日彼と過ごして、少し彼のプロジェクトにも参加しました。滞在の予定を当初より延ばして、スイスの美しい自然を撮りに出かけました。でもやっぱり友達と過ごしたことが何よりも楽しかったです。

© Guillaume Gaubert

写真以外であなたの創造力を発揮するなら、どんな方法がいいですか?

音楽ですかね。聴いている時に色々なことを感じるので。でも残念なことに音楽の才能は無いんですよね。あとは映像を作るのも好きです。映像は写真と音楽の組み合わせですから、いつか本当に作ってみたいですね。

あなたにとってアナログ写真の魅力とは?フィルムで撮影することの長所はありますか?

アナログ写真の絵画のような色や光が好きです。あとは予想を裏切られるところですかね。撮影中はどんな画になるかわからないですが、必ず面白い結果になるんです。アナログは温かみがあって、僕にとっては本物のような気がします。それにフィルムカメラはデジタルカメラよりも光の扱い方が上手いと思います。フィルムで撮るとベストショットばかりになってしまうんです。

© Guillaume Gaubert

---
記事内のすべての写真はGuillaume Gaubertの許可のもと使用しています。彼の美しい写真がもっと見たい方は、Guillaumeの InstagramWebsite をチェックしてみてください。

2017-01-22 #people Ivana Džamić の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • #イットガーリー SATSUKI × Diana Baby 110

    2018-05-15 erina の記事
    #イットガーリー SATSUKI × Diana Baby 110

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はフリーランスでマルチに活動している SATSUKIさんが Diana Baby 110で撮影した写真をご紹介。

  • #イットガーリー MANON × Simple Use Film Camera

    2018-05-08 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー MANON × Simple Use Film Camera

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回は16歳のモデル、そしてシンガーでもある MANONさんが Simple Use Film Cameraで撮影した写真をご紹介。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • #イットガーリー AOI YAMADA × Lomo LC-A 120

    2018-05-02 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー AOI YAMADA × Lomo LC-A 120

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はダンサーとして活躍する AOI YAMADAさんが Lomo LC-A 120で撮影した写真をご紹介。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

  • ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    2017-06-29 #gear
    ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    街の撮影ならいつでも、どこでもロモグラフィーの自分で組み立てる一眼カメラKonstruktorがぴったり!今日はその理由を素敵な写真と一緒にご紹介致します。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?