二重露光の傑作 - 台湾の写真家RuiがLomo'Instant Wideで挑戦!

台湾の写真家RuiがLomo'Instant Wideを使って撮影した、二重露光による傑作を披露してくれました!

左: 「たまに名画のような写真が撮れるととっても嬉しくなるんです。 これはグスタフ・クリムトの『ひまわりの咲く農家の庭』にみえますよね。」(Rui)

圧倒的にダイナミックなインスタント写真!

Lomo'Instant Wide は適正な絞り値もしくはオートモードの設定と、焦点距離 (0.6m/1-2m/無限遠) の設定さえ忘れなければとっても使いやすいカメラです。私はよく、"B"の長時間露光モードを使ってライトペインティングを楽しんだり、"MX"の多重露光モードで二重露光による傑作を撮影したりして楽しんでいます。ワイドアングルレンズを利用すると、出来上がるインスタント写真のダイナミックさに圧倒されますよ!

左: Arisa Nagai ; 右: Rui

日常の幸せのカギはあらゆる美しさの探求

友人から、「美しさ」というシンプルだけど抽象的なテーマを提案されたんです。率直に言えば、私は日常のなかの幸せのカギはあらゆる美しさの探求にあると思います。今でも Lomo'Instant Wide で初めて飼い猫のLittle Rioと花を撮影した時のことを覚えています。その時にはじめて、私の猫はエルフみたいに、毎日たくさんの表情をみせてくれることに気が付いたんです。

左: Little Rioと花 ; 右: Little Rioと Rui

習うより慣れろ!

Lomo'Instant Wideの無制限の多重露光機能を使えば、いくつもの瞬間を一枚の写真に収めることができます。「習うより慣れろ」ともいいますよね。初心者の方はフィルムを2パックくらい使えば、だんだんとこのカメラの素晴らしい魅力に引き寄せられると思いますよ。

Models: さいとうなりArisa Nagai

デートにもピッタリな人目を惹くデザイン!

Lomo'Instant Wideの大きさは賛否両論あります。女の子は小さなかばんには入らないといいますが、一方で人目を惹く大きなデザインは、男の子がデートのときに女の子を喜ばせるのにももってこいなんですよ。(笑)

ありがとうございました、 Rui !彼女のFaceBookページ 小貓。dear Rui Gallery ではもっとたくさんの作品をご覧いただけます。興味のある方は 彼女のホームページInstagram もテックしてみてくださいね!


インスタント写真界にこれまでにない衝撃を。 Lomo'Instant Wide は、ワイドサイズのインスタントカメラに驚きの機能を搭載したカメラです。あなたもLomo'Instant Wideで、魔法のようなインスタント写真生活をおくりましょう!お求めの方は オンラインストア もしくは 直営店 まで!

2017-01-09 #culture #people kasim-lks の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    2018-03-22 #gear
    Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    ぐるぐるボケを生み出すアートレンズ Petzval 58 Bokeh Controlで Raymond Chin (@raywychin) が多重露光に挑戦しました。花と被写体が重なることによって生まれた繊細な作品をご覧ください。

  • Neptune Convertible Art Lens System × Wilson Lee:大迫力のアメリカ旅行!

    2017-06-11 #people
    Neptune Convertible Art Lens System × Wilson Lee:大迫力のアメリカ旅行!

    香港の写真家・Wilson LeeがNeptune Convertible Art Lens Systemとアメリカ旅行へ!デスバレー、グレートキャニオン、アントロープキャニオンの三大観光名所に足を運んで撮影に挑戦しました。今回の撮影では35㎜と80㎜のフロントエレメントを使用。迫力ある作品とともに、レンズの感想を聞いてみました!

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ぼんやりとした人生 - 写真家 Liu Chien-Hsiang

    2017-06-26 #people cheeo の記事
    ぼんやりとした人生 - 写真家 Liu Chien-Hsiang

    人生の光と影。その影のざらざらとした質感を、台湾の写真家 Liu Chien-Hsiangは白黒写真で表現します。

  • Richard Lin × Petzval 58:フィルム写真への情熱と挑戦

    2017-04-28 #gear #people Crisselda Robles の記事
    Richard Lin × Petzval 58:フィルム写真への情熱と挑戦

    シンガポールのロモグラフィーコミュニティの前線で活躍するRichard LinがPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使ってフィルム写真のさらなる可能性に挑戦してくれました。インタビューと作品をお楽しみください。

  • アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    2018-04-09 #places
    アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのMélanie Hubert-Crozet (@melanie_hc) が撮影したドバイでの多重露光ショット。アナログ写真でみるドバイは、私たちがイメージする街とは少しちがっていて何だか不思議。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 現実のその先へ – Jeremie Druのフィルム写真

    2017-05-29 #culture #people cheeo の記事
    現実のその先へ – Jeremie Druのフィルム写真

    多重露光に精通し、才能と想像力を兼ね備えたJeremie Druはフィルム写真によって彼独自の現実を描き出します。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoChrome Purple フィルムと行くアイスランド:Eden Carter

    2017-11-17 #people
    LomoChrome Purple フィルムと行くアイスランド:Eden Carter

    イギリスの写真家 Eden Carterが撮影したアイスランドの荒涼とした大自然。全てをパープルに染め上げる LomoChrome Purple フィルムで写された、息を呑むような景色をご覧ください!

  • 多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    2018-03-15 hodachrome の記事
    多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    多重露光アーティスト山本穂高氏(@hodachrome)主催による多重露光写真展「 カサナリノセカイ 」が京都で開催中です。コンセプトは「日常ではありえないような夢の世界──。何度でも心に刻んでほしい…」。全国から集まった多重露光好き・フィルム好きがそれぞれの幻想的な多重露光の世界を奏でます。ぜひ足をお運びくださいませ!

  • Lomo'Instant Squareで建築写真:Cyrille Robin

    2017-10-09 #people
    Lomo'Instant Squareで建築写真:Cyrille Robin

    ファッション業界で活躍するフランスのフォトグラファー Cyrille Robinが Lomo'Instant Squareで撮影した写真をご紹介。ポートレート以外でも、『スクエア』フォーマットは大活躍。全ての写真がまるで絵画のようですね!