Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

Lomography Experimental Lens Kitで撮る赤外写真

Lomography Experimental Lens Kitで撮れるのは広角や、多重露光、ドリーミーな写真だけではありません。驚くような赤外写真も撮ることができます。今回は赤外写真の撮り方の詳しい説明を、作品と共にご紹介しましょう。

ウィーンのロモグラフィー本社のMichael Emhoferは、 インタビュー でLomography Experimental Lens Kitの第一印象を語りました。今回は彼による、Olympus EP-1とロモの最新イノベーションを使った赤外写真撮影についてのお話です。

Michaelによる準備作業の要約:

1.カメラをフルスペクトルに改造する。つまり、赤外線と紫外線光からセンサーを護っているフィルターを、透明ガラスに替える。

2.シーモスイメージセンサーは、少量の紫外線とかなりの量の赤外線(波長950nmまで)を捉えることが可能。

3. 通常、赤外線はセンサーから遮られている。でないと草木の色が茶色に、時間帯によっては白になってしまう。

4. 僕のカメラをフルスペクトルに改造する作業はこの ウェブサイト の運営者にお任せした。このサイトには各カメラの改造方法が書かれている。だが、自分でやるとなるとフィルターと交換する適当なガラスを用意し、はんだ付けもやらなければならない。他にもアメリカの Lifepixel. という会社が同様のサービスを行っている。

5. カメラを改造してしまえば、レンズの前に装着するいろんなフィルターを装着することで、赤外線光など様々な波長の光を選んでセンサーに当てることができる。

6. 僕は普段の撮影では、赤外線・紫外線カットフィルターを使って両方の波長を遮断している。

7. 赤外写真を撮るには、おなじみHoya R72や850nm 赤外線透過フィルターで赤外線以外をカットする。

8. その他の画像には色々なフィルターを使うが、お勧めは、イエローかオレンジ色のフィルターとディープレッドのフィルター。この点Experimental Lens Kitについているフィルターはかなり使える。Kitのレンズを使った撮影ではいつも使う。ただし赤外線光だけを通したい時は別。Kitに赤外線透過フィルターはない。

以上が彼による説明でした。Lomography Experimental Lens Kitを持っているなら、さらに実験を進めて、赤外写真に挑戦してくださいね。

クリエイティブな写真をデジタルカメラで! Lomography Experimental Lens Kit. はマイクロフォーサーズシステムのデジタルカメラで、アナログでクリエイティブな効果をお楽しみ頂くことができる革新的なレンズです。パッケージには標準24mmレンズ、ワイドアングル12mmレンズと魚眼レンズの3種類のレンズが含まれています。このレンズのちょっと変わった点は、レンズにもシャッターが付いていること。対応機種であれば、カメラの機能に関わらず、多重露光や、付属のフィルターを使用したカラーフィルター写真を撮影することが可能です。レンズの詳細は マイクロサイト へ。 オンラインショップ で好評販売中です!

jillytanrad さんの投稿、orangemikanさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Nederlandsと­Deutschと­Spanishと­Türkçeと­Italiano & Français.