映像作家 山田智和、LomoKinoで撮る

1

映像作家の山田智和さんにLomoKinoを使った映像を制作して頂きました!デジタル社会におけるアイデンティティーを、東京の風景を重ねて表現したという「TOKYO LIGHTS」。LomoKinoを使った撮影技法やその背景と共にじっくりお楽しみください!

名前 : Tomokazu Yamada
都市 : TOKYO
国 : JAPAN
ウェブサイト : http://tomokazuyamada.com

簡単な自己紹介をお願いします。
都内で映像制作を中心に活動をしています。

ロモグラフィーのカメラを以前にもご使用頂いたことはありますか?
LOMO LC-Wideを使用したことがあります。

LomoKinoを一言で表すと?
楽しい!

今回LomoKinoでTOKYO LIGHTSという素敵な作品を製作して頂きましたが、この作品にはどんなテーマや思いが込められているのでしょうか?
デジタル社会におけるアイデンティティーというものを今一度自分の中で整理したいと思っている時に、フィルムカメラLomoKinoの存在を知り、非常に良いタイミングだと思いました。今やデジタル映像のどんな小さい構成要素も、簡単につくり変えてしまうことができて、もはやオリジナルというものが分からない感覚があります。それは「現実」と「もう一つの現実」との溝を以前よりも深めることになっていて、都市や個人にも同じことが言えるのではないかと思い、東京の風景を重ねて考えました。

Actor : Juri.I
Cinematographer : Go Yasuura, Keisuke Murata
Music : silver light (dot tape dot remix) by [.que]
Director : Tomokazu Yamada

撮影していて、印象的な出来事や、こだわった点があればお聞かせください。
役者さんが本編撮影中にLomoKinoで撮った映像をそのまま本編の景色映像として一部使用しています。

作品の中で、多重露光やライトリークをうまく使った場面が出てきましたが、絵コンテ等を書いて計算して撮影されたのですか?それとも偶然でしょうか?
役者さんのカットに関しては絵コンテを書いてますが、多重露光で載せた景観などは、その場でいいなと思った場所を直感で撮っています。ライトリークに関しても同様に、もの凄く直感的にやっています。

作品で流れている音楽が映像とマッチしていて印象的だったのですが、何と言う曲でしょうか?
音楽家 [.que]さんのアルバム「calm down」から『silver light』という曲を今作品用にRemixして頂きました。
(silver light (dot tape dot remix) / [.que])

LomoKinoで作品を作る上で、参考になるアドバイス等はありますか?フィルムとフィルムのつなぎ目はどのように計算されましたか?
特に何かをアドバイスをするような立場にないのですが、とにかく楽しむことだと思います。計算して撮ったところよりも、楽しく直感的に撮った箇所の方が良い画が撮れていることが多いかもしれません。

これからLomoKinoでチャレンジしたい映像作品はどんなものでしょうか?
サイレント映画を作ってみたいです。技術的なことを言えば、今回全てお任せしたのですが、現像、スキャンを自分でやってみたいです。

最後にLomoKinoをこれから使ってみようという方に何かメッセージをお願いします!
是非ともLomoKinoで撮影することの楽しさを体験してほしいと思います。日常の風景が少し変わって見えてくるかもしれません。

2012-02-17 #people #lomoamigo kyonn の記事

他の記事を読む

  • ジャズの酔いしれるような音を映像でも表現:Petzval 58でムービー撮影!

    2016-05-01 #ニュース #ビデオ #gear lomographymagazine の記事
    ジャズの酔いしれるような音を映像でも表現:Petzval 58でムービー撮影!

    New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensを使って、NYで開催されたJazz Age Lawn Partyを動画で撮影しました。このレンズ越しに映る人々は、ジャズの音色と溶け合い、そして混ざり合っていくように見えます。映像クリエイターの方もぜひこのレンズで作品を撮ってください。

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • Petzval 85 Art Lens: フォトグラファーShiori Nishi による自然体ポートレイト

    2015-09-14 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: フォトグラファーShiori Nishi による自然体ポートレイト

    フォトグラファーの仁志しおりさん。昨年、Petzvalレンズを通した美しい雪景色を私たちに見せてくれた彼女が、思い出の詰まったお気に入りの場所で、一番身近な人をPetzval 85 Art Lensで撮影しました。柔らかな空気感まで伝わってくる、自然体の姿を写した写真と興味深いインタビューをお楽しみください。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 山本春花

    2016-05-09 #ニュース #people ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 山本春花

    撮影した時の一瞬一瞬の儚さが色濃く残るフィルムに魅了され、フィルムカメラで撮影した女性のポートレイトシリーズ「乙女グラフィー」を発信しているフォトグラファーの山本春花さん。そんな彼女からDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensを使って撮影されたシルキーな写真が多く届きました。都会に漂う空気をやわらかく受け止めた写真をインタビューと共にお楽しみください。

  • 【CP+ 2016】イベントレポート

    2016-03-05 #ニュース ciscoswank の記事
    【CP+ 2016】イベントレポート

    今年もカメラ・映像の大展示会CP+が終了しました! フィルムのラインナップに興奮するアナログ写真ファン、ユニークなレンズに驚く熟練フォトグラファー、ロモカメラを持って遊びに来てくれるロモグラファーの方々…。 連日たくさんの方々にご来場いただいたロモグラフィーブース。その様子をスタッフの撮影した写真と共に振り返ってみましょう!

  • WONDER X WONDER: ロモグラファーgocchinと写真家Rainy Wongによる二人展

    2015-09-01 #people ciscoswank の記事
    WONDER X WONDER: ロモグラファーgocchinと写真家Rainy Wongによる二人展

    9/19 (土) より、世界的に活躍する日本のロモグラファー gocchinさん、写真家として活躍しているRainy Wongさんの2名による二人展「WONDER X WONDER」が開催されます。Splitzerや多重露光を駆使し幻想的な世界を生み出すgocchinさんと、艶やかで時に毒々しい作風が魅力的なRainy Wongさん。お二人の写真世界を存分にお楽しみいただける展示となっておりますので、中目黒散策も兼ねて是非行ってみてください。

    1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ダン・ミンデルがKodakのフィルムで撮ったスター・ウォーズ/フォースの覚醒 (J.J. エイブラムス監督)

    2016-01-06 #ニュース lomographymagazine の記事
    ダン・ミンデルがKodakのフィルムで撮ったスター・ウォーズ/フォースの覚醒 (J.J. エイブラムス監督)

    待望の新作 スター・ウォーズ/フォースの覚醒、みなさんはもうご覧になられましたか? なんとこの映画はKodakのフィルムを使って撮影されているのです。倒産の危機にあったKodakを救ったスター・ウォーズ、そんな話をきいたらますますファンになっちゃいますね。

  • ゴトウヨシタカ写真展「INCEPTION」〜時空を超えたフィルム〜

    2016-02-02 #ニュース gocchin の記事
    ゴトウヨシタカ写真展「INCEPTION」〜時空を超えたフィルム〜

    ゴトウヨシタカ写真展が2月20日から2月28日までギャラリー世田谷233にて開催されます。今回の展示作品は全てスプリッツァーを使ったセルフフィルムスワップのモノクロ作品です。フィルムによる不思議な世界を見に是非お越しください!

    1
  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    2016-05-16 #ニュース #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    初監督作品「ねぼけ」がモントリオール世界映画祭に正式出品されるなど、精力的に活動中の映画監督・フォトグラファーの壱岐紀仁さん。「ねぼけ」はなんとMotionGalleryで制作・宣伝費の一部資金の支援を募り、プロジェクトが成功したことによって撮影された作品です。今回はDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの"いろけ"に心動かさた壱岐監督から、落語家の洗練された所作をシンプルにしかし大胆に写し撮ったショートムービーが届きました。

  • Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    2015-10-29 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    ファッションフォトグラファーとして活動するkisimariさん。様々なファッション誌や広告で写真を撮影しながら、Webマガジンでブログの連載、雑誌でkisimari流インテリアとDIYの連載を行うなど幅広く活躍しています。彼女は女の子なら胸がキュンキュンしてしまうようなガーリーでポップな世界を写し出します。そんなkisimariさんがPetzval レンズで撮影した写真は、美しい色使いに繊細さが冴える素敵な作品となっています。kisimariさんの写真家としての真髄を探るインタビューとともに、Petzval × kisimari ワールドをお楽しみください!

  • Minitar-1 Art Lens: Ian Llewelynによる抽象的かつ幻想的なモノクロ作品

    2015-09-07 #people hannah_brown の記事
    Minitar-1 Art Lens: Ian Llewelynによる抽象的かつ幻想的なモノクロ作品

    野性動物の映像を撮るカメラマンでフォトグラファーのIan Llewelyn。彼は今まで様々なTV番組のプロジェクトに取り組んできました。イギリスを拠点にし活動する彼は、趣味でモノクロ写真に係わることによって、職業的な面での厳しい制限から解放されています。彼のパーソナルな作品は、あり余る程抽象的で実験的な、彼独自の明確なスタイルによってつくられています。Llewellynは熱狂的なLeica Monochromカメラユーザーであり、今回このカメラと Lomo LC-A Minitar-1 Lensを使って幻想的なイメージを作り出していただきました。