「Exposing Both Side of the Film (EBS)」によるシンメトリー写真の撮り方

14

"Exposing Both Side of the Film (EBS)"は、ロモグラフィーの数ある撮影スタイルの中でも独特で変わったもののひとつです。今回、「シンメトリーなEBSショット」を撮るためのTipsをお教えします。難しそう?ちょっとね!でも忍耐力と集中力、そして運が味方すればできますよ。

Credits: hodachrome

【フィルムのセット方法】
一回目(通常面)のフィルムをセットします。(LC-Aを使う場合の説明です)
カメラの状態は、必ずフィルムを巻き上げて止まった位置にしておきます。
フィルムの先端を右側のスプール(芯)の位置まで出します。
下のギアの噛み合う位置にマジックで印をつけておきます。これで二回目のセットがしやすくなります。
フィルムにたわみがないようにピンと張っておきます。たわみは巻き戻しクランクを回して取り除いてください。
裏ぶたを閉める前に、デジカメでその状態の写真を撮っておきます。(←コレ大事!)
そして裏ぶたを閉め、シャッターを押し、巻き上げノブを回します。このとき少しでも空回り(巻き始めるまでの遊び)のような感触があった場合はもう一度入れ直します。

フィルムのセット

それでは一回目の撮影を行います。
天気のよい明るい日に、ISO400か200の設定で、正しい(ノーマルの)フィルム面の撮影をします。(使用フィルムはISO800)
被写体は、ハイコントラストで背景のすっきりしたものを選ぶとよいでしょう。青空を入れると結果がより引き立ちますよ。
レンズの下半分はスプリッツァーでマスクします。
数枚ずつ同じ場所で撮るようにしておくと成功の可能性が高くなります。

一本撮り終わったら巻き戻して、暗室に持っていきフィルムをひっくり返します。( レッドスケール作成はこちらを参照
※この方法ですと、フィルムの順番が変わらないため二回目の撮影の順番も変わらず、コマの整列もしやすくなります。
これで、そのフィルムは実質的に約2段ダウンの、ISO200の感度を有するレッドスケールフィルムになりました。

そのフィルムを一回目と「正確に」同じようにセットします。もしミスったら仕上がりはシンメトリーではなくなってしまいます。一回目のときに撮っておいたデジカメ画像を参考に慎重にセットしてください。

そして、裏面(レッドスケール面)の撮影を開始します。
曇った日を選ぶのがコツです。(曇った日のほうが仕上がりのコントラストをより引き立てます)
ISO設定は200をメインにします。
一回目と同様、レンズの下半分をスプリッツァーでマスクすることをお忘れなく!
そして一回目とまったく同じ順番、同じ場所、同じアングルで撮影をします。
そんな細かく覚えてられないよって?私もだよ!なので私は細かなデータをメモしておくようにしています。順番、場所、構図、細かいセッティングについて、など。そしてときどき携帯のカメラで記録するようにしています。
カメラは逆さまに持つのかって?いいえ、そのフィルムは暗室で裏返したときに「すでに逆さま」になっています。なので一回目と同じ撮り方でOKです(縦位置の撮影を除く)

撮影後に現像します。ネガフィルムなので、通常のC-41現像でOKです。特別な指示は必要ありません。
ただ、コマとコマの間のずれは多かれ少なかれ発生しますので、フィルムを取り込む際はフィルムのスキャン位置に注意する必要があります。

さあ、赤と青のシンメトリーな世界に出会えましたか?
難しいチャレンジだけど成功したときは最高だよ。
ぜひやってみて!
Enjoy your EBS life!


Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2012-10-02 #gear #tipster #doubles #select-type-of-tipster #ebs #lc-a #redscale # #multiple-exposure # #hodachrome #double #exposing-both-sides-of-the-film #select-what-this-tipster-is-about #double-exposure hodachrome の記事

1 Comment

  1. satomi
    satomi ·

    凄い忍耐力。。。Amazing shots!

  2. keni
    keni ·

    よし、ちょっと暗室買ってくる!

  3. npkishi
    npkishi ·

    すばらしー…あのスーパーショットはこうしてできているんですね!とにかくまずは多重露光やってみたい!とスプリッツァー買っちゃった~

  4. hodachrome
    hodachrome ·

    @satomi
    Thanks for your comment! 確かに忍耐力を要しますね、でもうまくいったときは最高(^^)

  5. hodachrome
    hodachrome ·

    @keni
    買いましょう、暗室(*^_^*)
    夜の押し入れとか洞窟でもOKです。

  6. hodachrome
    hodachrome ·

    @npkishi
    ありがとうございます(^^)/
    スプリッツァーで多重しまくってください~。

  7. jetnz81
    jetnz81 ·

    Really a awesome work~ thanks for sharing~ hope have english version ^^

  8. aguillem
    aguillem ·

    Thanks for the tip!
    I just don't understand why you set up the camera at ISO 200 or 400 for the normal side, if the film is 800ISO (天気のよい明るい日に、ISO400か200の設定で、正しい(ノーマルの)フィルム面の撮影をします。).
    Maybe google translate is wrong... if I've a bit of time I'll try to make an English version!

  9. hodachrome
    hodachrome ·

    @aguillem
    Translation is perfectly right. I usually set at ISO 200 or 400 for 800 film, because when I set my LC-A+ to ISO800 the result turns out under-exposed. The exposure might depends on each camera or brightness of the target, but I always try to avoid under-exposure. It's OK If you can get the proper exposure at ISO800 :)

  10. yokekei
    yokekei ·

    Great tutorial. I have one question here... let's say we start the first shoot with the tree and the last shoot is building. So, after redscale... is it should the building first then last image will be the tree? Am I right? thanks

  11. hodachrome
    hodachrome ·

    @yokekei
    Thanks for your comment.
    According to the way of making redscale film written in the article which I linked above. The order of the shots DO invert. So you are right, first image will go to the last after reversed the film.
    I should have paid attention about the order and mentioned more in detail, as the link is not my article... I think it's too difficult to align frames clearly by that method.
    My way is like this. I take all the film out in the darkroom/changing bag and cut off the end of it,leaving about an inch or so. And reverse/invert it and cellotape the end of it with the original position. Then rewind it again. By doing this, the order of the shots doesn't change :D
    blog-imgs-43.fc2.com/h/o/d/hodachrome/IMG_7518-3.jpg

  12. hodachrome
    hodachrome ·

    ※本文中のリンク「レッドスケールフィルムの作り方」を私の投稿した記事のものに変更しました。
    この方法ですと、作成後のフィルムの順番が変わらないため、今回のテクニックがよりやりやすくなっています。どうぞご参照ください(^_^)
    www.lomography.com.br/magazine/tipster/2013/01/26/red-scale…
    I 'v modified the link in this article "How to make the selfmade redscale film". By use of this way, the order of the frames doesn't change after reversing the film, and it will be more effective for this technique :)

  13. lomojima
    lomojima ·

    すげぇなー。細かいですね。細かいからこその作品ですね。時間をかければかける程思い入れの強い写真になるし。

  14. servus_salyut
    servus_salyut ·

    Awesome!!! I have to try this! Thanks for this :-)

他の記事を読む

  • 一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    2015-08-13 #gear #tipster hodachrome の記事
    一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    一人で撮影に行ったときに「あ~、ここで人間入れて撮りたいな~」と思ったことはありませんか?そんな一匹狼な貴方のために、「LC-A+でセルフタイマー」を使ったセルフポートレートを撮る方法をご紹介します。自分撮り以外にもカップルでツーショット、撮影会などで全員で集合写真を撮りたい場合などにも使えますよ。

    2
  • Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    2014-10-10 #gear #tipster gakurou の記事
    Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    今まで光を意識してなかったわけではないけれど、Petzval Lensを使うようになって、より光を意識するようになった。 日中に見える物は、すべて太陽の光の反射によるもので、その最大の光を捉える方法をPetzval Lensが教えてくれました。 まったく当たり前のことを書いていますが、ちょっと読んでみてほしい光の捕え方です。

    1
  • LomoChrome Purple XR100-400で写す記憶の中の花写真

    2015-01-28 #gear #tipster toya1010 の記事
    LomoChrome Purple XR100-400で写す記憶の中の花写真

    このフィルムを手にした時真っ先に撮影したいものがみつかったのです。 それは私、toya1010の心の中にある「記憶」でした。 きっと誰の心にもあるものだから、写すヒントを書いておきます。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • フジFPフィルムを使ってあなたのポロライド 80 シリーズを甦らせよう!

    2014-12-26 #gear #tipster stratski の記事
    フジFPフィルムを使ってあなたのポロライド 80 シリーズを甦らせよう!

    もう生産終了になったフィルムにしか対応していないからと、使うことを諦めていたカメラたち。そのカメラが、ある日使えることになったらとっても嬉しいですよね。この記事では、80 シリーズのポロライドカメラを、甦らせるある方法を紹介しています。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    2015-03-21 #gear #ニュース shhquiet の記事
    Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    Belair X 6-12を一台手に入れると、まるでカメラを2台も3台も手に入れたかのように感じれます。中判カメラですが、インスタント写真の撮影が可能になる裏蓋も別途販売しています。そして120フィルムでも3種類のフォーマットで撮影できるのがBelair X 6-12の強み。用途に合わせてフォーマットを変えれるので便利です。この記事ではクラシックな6x6フォーマットで撮影された素晴らしい写真の数々をご紹介します。Enjoy!

    1
  • 不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    2015-07-15 #people #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    ジャズの名曲を聴かせるアナログレコードの無骨な音色は、多くの人が愛するところ。ちょうどそれと同じように、私達がアナログ写真を選ぶのも、その自然な不完全さの故だ。それはなんとも形容し難い不思議な力で、私達の現実の在り方を思い出させてくれる。完璧でないからこそ、アナログ写真は魅力的なのだ。私達は、26歳のシネマトグラファーにしてDJ、そしてまた、緻密に構成された写真によって、自然な美しさの極まった静謐な瞬間を写し続けるフォトグラファーでもあるAdriano Guimarães Sodréと話をすることが出来た。

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #tipster gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • TOP5: 夕焼け空

    2015-07-03 #world #ライフスタイル Kwyn Kenaz Aquino の記事
    TOP5: 夕焼け空

    素早く変わるサイレンのように、夕焼けには人を惹き付ける演出力があります。それは明るい黄色の一日のコスチュームで訪れたかと思うと、大胆にキャンバスを次の色へと塗ります。その光景は様々で、コミュニティ中から最も大きい喝采を受けていた5つをご紹介します。

  • Sprocket Rocketカメラと、LomoChrome Pupleフィルムで美しいフュージョンを!

    2015-01-28 #gear #tipster tomiloveslomo の記事
    Sprocket Rocketカメラと、LomoChrome Pupleフィルムで美しいフュージョンを!

    この記事では、どのようにすればあなたのSprocket RocketカメラとLomoChrome Purpleフィルムで美しい一枚を撮れるか、こっそりとそのコツをお伝えします。

  • エクステンションチューブでアナログの接写撮影

    2015-03-22 #gear #tipster daxxfbondoc の記事
    エクステンションチューブでアナログの接写撮影

    僕は、普段から目にするような日常的なものの写真を撮るのが好きなんだ。接写写真を撮ると、そういったものがもっとおもしろく見える気がするね。スプーン一杯のお菓子とか、小さなネックレスとか、間近で撮るとよりおもしろくて楽しいんじゃないかな。