「Exposing Both Side of the Film (EBS)」によるシンメトリー写真の撮り方

14

“Exposing Both Side of the Film (EBS)”は、ロモグラフィーの数ある撮影スタイルの中でも独特で変わったもののひとつです。今回、「シンメトリーなEBSショット」を撮るためのTipsをお教えします。難しそう?ちょっとね!でも忍耐力と集中力、そして運が味方すればできますよ。

Credits: hodachrome

【フィルムのセット方法】
一回目(通常面)のフィルムをセットします。(LC-Aを使う場合の説明です)
カメラの状態は、必ずフィルムを巻き上げて止まった位置にしておきます。
フィルムの先端を右側のスプール(芯)の位置まで出します。
下のギアの噛み合う位置にマジックで印をつけておきます。これで二回目のセットがしやすくなります。
フィルムにたわみがないようにピンと張っておきます。たわみは巻き戻しクランクを回して取り除いてください。
裏ぶたを閉める前に、デジカメでその状態の写真を撮っておきます。(←コレ大事!)
そして裏ぶたを閉め、シャッターを押し、巻き上げノブを回します。このとき少しでも空回り(巻き始めるまでの遊び)のような感触があった場合はもう一度入れ直します。

フィルムのセット

それでは一回目の撮影を行います。
天気のよい明るい日に、ISO400か200の設定で、正しい(ノーマルの)フィルム面の撮影をします。(使用フィルムはISO800)
被写体は、ハイコントラストで背景のすっきりしたものを選ぶとよいでしょう。青空を入れると結果がより引き立ちますよ。
レンズの下半分はスプリッツァーでマスクします。
数枚ずつ同じ場所で撮るようにしておくと成功の可能性が高くなります。

一本撮り終わったら巻き戻して、暗室に持っていきフィルムをひっくり返します。( レッドスケール作成はこちらを参照
※この方法ですと、フィルムの順番が変わらないため二回目の撮影の順番も変わらず、コマの整列もしやすくなります。
これで、そのフィルムは実質的に約2段ダウンの、ISO200の感度を有するレッドスケールフィルムになりました。

そのフィルムを一回目と「正確に」同じようにセットします。もしミスったら仕上がりはシンメトリーではなくなってしまいます。一回目のときに撮っておいたデジカメ画像を参考に慎重にセットしてください。

そして、裏面(レッドスケール面)の撮影を開始します。
曇った日を選ぶのがコツです。(曇った日のほうが仕上がりのコントラストをより引き立てます)
ISO設定は200をメインにします。
一回目と同様、レンズの下半分をスプリッツァーでマスクすることをお忘れなく!
そして一回目とまったく同じ順番、同じ場所、同じアングルで撮影をします。
そんな細かく覚えてられないよって?私もだよ!なので私は細かなデータをメモしておくようにしています。順番、場所、構図、細かいセッティングについて、など。そしてときどき携帯のカメラで記録するようにしています。
カメラは逆さまに持つのかって?いいえ、そのフィルムは暗室で裏返したときに「すでに逆さま」になっています。なので一回目と同じ撮り方でOKです(縦位置の撮影を除く)

撮影後に現像します。ネガフィルムなので、通常のC-41現像でOKです。特別な指示は必要ありません。
ただ、コマとコマの間のずれは多かれ少なかれ発生しますので、フィルムを取り込む際はフィルムのスキャン位置に注意する必要があります。

さあ、赤と青のシンメトリーな世界に出会えましたか?
難しいチャレンジだけど成功したときは最高だよ。
ぜひやってみて!
Enjoy your EBS life!


Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2012-10-02 #gear #tutorials #lc-a #redscale #multiple-exposure #tipster #double #doubles #double-exposure # # #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about #hodachrome #ebs #exposing-both-sides-of-the-film hodachrome の記事

14 Comment

  1. satomi
    satomi ·

    凄い忍耐力。。。Amazing shots!

  2. keni
    keni ·

    よし、ちょっと暗室買ってくる!

  3. npkishi
    npkishi ·

    すばらしー…あのスーパーショットはこうしてできているんですね!とにかくまずは多重露光やってみたい!とスプリッツァー買っちゃった~

  4. hodachrome
    hodachrome ·

    @satomi
    Thanks for your comment! 確かに忍耐力を要しますね、でもうまくいったときは最高(^^)

  5. hodachrome
    hodachrome ·

    @keni
    買いましょう、暗室(*^_^*)
    夜の押し入れとか洞窟でもOKです。

  6. hodachrome
    hodachrome ·

    @npkishi
    ありがとうございます(^^)/
    スプリッツァーで多重しまくってください~。

  7. jetnz81
    jetnz81 ·

    Really a awesome work~ thanks for sharing~ hope have english version ^^

  8. aguillem
    aguillem ·

    Thanks for the tip!
    I just don't understand why you set up the camera at ISO 200 or 400 for the normal side, if the film is 800ISO (天気のよい明るい日に、ISO400か200の設定で、正しい(ノーマルの)フィルム面の撮影をします。).
    Maybe google translate is wrong... if I've a bit of time I'll try to make an English version!

  9. hodachrome
    hodachrome ·

    @aguillem
    Translation is perfectly right. I usually set at ISO 200 or 400 for 800 film, because when I set my LC-A+ to ISO800 the result turns out under-exposed. The exposure might depends on each camera or brightness of the target, but I always try to avoid under-exposure. It's OK If you can get the proper exposure at ISO800 :)

  10. yokekei
    yokekei ·

    Great tutorial. I have one question here... let's say we start the first shoot with the tree and the last shoot is building. So, after redscale... is it should the building first then last image will be the tree? Am I right? thanks

  11. hodachrome
    hodachrome ·

    @yokekei
    Thanks for your comment.
    According to the way of making redscale film written in the article which I linked above. The order of the shots DO invert. So you are right, first image will go to the last after reversed the film.
    I should have paid attention about the order and mentioned more in detail, as the link is not my article... I think it's too difficult to align frames clearly by that method.
    My way is like this. I take all the film out in the darkroom/changing bag and cut off the end of it,leaving about an inch or so. And reverse/invert it and cellotape the end of it with the original position. Then rewind it again. By doing this, the order of the shots doesn't change :D
    blog-imgs-43.fc2.com/h/o/d/hodachrome/IMG_7518-3.jpg

  12. hodachrome
    hodachrome ·

    ※本文中のリンク「レッドスケールフィルムの作り方」を私の投稿した記事のものに変更しました。
    この方法ですと、作成後のフィルムの順番が変わらないため、今回のテクニックがよりやりやすくなっています。どうぞご参照ください(^_^)
    www.lomography.com.tr/magazine/tipster/2013/01/26/red-scale…
    I 'v modified the link in this article "How to make the selfmade redscale film". By use of this way, the order of the frames doesn't change after reversing the film, and it will be more effective for this technique :)

  13. lomojima
    lomojima ·

    すげぇなー。細かいですね。細かいからこその作品ですね。時間をかければかける程思い入れの強い写真になるし。

  14. servus_salyut
    servus_salyut ·

    Awesome!!! I have to try this! Thanks for this :-)

他の記事を読む

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • アーティストTusksと LomoChrome Purpleツアーへ

    2017-12-10 #people
    アーティストTusksと LomoChrome Purpleツアーへ

    ロンドンを拠点として活動するアーティスト、そしてプロデューサーでもある Tusks 。彼女がロモグラフィーのフィルム LomoChrome Purple で撮影したショットをご紹介。

  • スクエアフレームでミニマルな写真を撮影する方法

    2018-01-30 #tutorials
    スクエアフレームでミニマルな写真を撮影する方法

    スクエアフレームで絵画のようなショットを撮るコツは、被写体以外の余計なものを徹底的に排除すること。色や被写体だけに集中して、ミニマルな1枚を撮影してみましょう。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • #イットガーリー MANON × Simple Use Film Camera

    2018-05-08 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー MANON × Simple Use Film Camera

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回は16歳のモデル、そしてシンガーでもある MANONさんが Simple Use Film Cameraで撮影した写真をご紹介。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 《Lomography 25周年》「トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー」写真展

    2017-12-14 #culture #ニュース choko3 の記事
    《Lomography 25周年》「トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー」写真展

    Lomography 25周年イベントとして、2017年12月21日(木)より『 トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー 』の開催が決定しました!Lomography発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップを行った他に、それぞれの街で撮影した8mmの映像もオープニングレセプション で上映します。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • #イットガーリー AOI YAMADA × Lomo LC-A 120

    2018-05-02 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー AOI YAMADA × Lomo LC-A 120

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はダンサーとして活躍する AOI YAMADAさんが Lomo LC-A 120で撮影した写真をご紹介。

  • 写真集『#イットガーリー』Aoi Yamada

    2017-11-20 #culture #ニュース #people choko3 の記事
    写真集『#イットガーリー』Aoi Yamada

    インフルエンサーの日常をフィルムで切り取った写真集『 #イットガーリー 』。 最新作では、ダンサーとしてミュージックビデオやCMで活躍する Aoi Yamada さんを特集しています。ロモグラフィーのムービーカメラ LomoKino で撮影された写真も掲載されていますよ!

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。