「Exposing Both Side of the Film (EBS)」によるシンメトリー写真の撮り方

2012-10-02 14

“Exposing Both Side of the Film (EBS)”は、ロモグラフィーの数ある撮影スタイルの中でも独特で変わったもののひとつです。今回、「シンメトリーなEBSショット」を撮るためのTipsをお教えします。難しそう?ちょっとね!でも忍耐力と集中力、そして運が味方すればできますよ。

Credits: hodachrome

【フィルムのセット方法】
一回目(通常面)のフィルムをセットします。(LC-Aを使う場合の説明です)
カメラの状態は、必ずフィルムを巻き上げて止まった位置にしておきます。
フィルムの先端を右側のスプール(芯)の位置まで出します。
下のギアの噛み合う位置にマジックで印をつけておきます。これで二回目のセットがしやすくなります。
フィルムにたわみがないようにピンと張っておきます。たわみは巻き戻しクランクを回して取り除いてください。
裏ぶたを閉める前に、デジカメでその状態の写真を撮っておきます。(←コレ大事!)
そして裏ぶたを閉め、シャッターを押し、巻き上げノブを回します。このとき少しでも空回り(巻き始めるまでの遊び)のような感触があった場合はもう一度入れ直します。

フィルムのセット

それでは一回目の撮影を行います。
天気のよい明るい日に、ISO400か200の設定で、正しい(ノーマルの)フィルム面の撮影をします。(使用フィルムはISO800)
被写体は、ハイコントラストで背景のすっきりしたものを選ぶとよいでしょう。青空を入れると結果がより引き立ちますよ。
レンズの下半分はスプリッツァーでマスクします。
数枚ずつ同じ場所で撮るようにしておくと成功の可能性が高くなります。

一本撮り終わったら巻き戻して、暗室に持っていきフィルムをひっくり返します。( レッドスケール作成はこちらを参照
※この方法ですと、フィルムの順番が変わらないため二回目の撮影の順番も変わらず、コマの整列もしやすくなります。
これで、そのフィルムは実質的に約2段ダウンの、ISO200の感度を有するレッドスケールフィルムになりました。

そのフィルムを一回目と「正確に」同じようにセットします。もしミスったら仕上がりはシンメトリーではなくなってしまいます。一回目のときに撮っておいたデジカメ画像を参考に慎重にセットしてください。

そして、裏面(レッドスケール面)の撮影を開始します。
曇った日を選ぶのがコツです。(曇った日のほうが仕上がりのコントラストをより引き立てます)
ISO設定は200をメインにします。
一回目と同様、レンズの下半分をスプリッツァーでマスクすることをお忘れなく!
そして一回目とまったく同じ順番、同じ場所、同じアングルで撮影をします。
そんな細かく覚えてられないよって?私もだよ!なので私は細かなデータをメモしておくようにしています。順番、場所、構図、細かいセッティングについて、など。そしてときどき携帯のカメラで記録するようにしています。
カメラは逆さまに持つのかって?いいえ、そのフィルムは暗室で裏返したときに「すでに逆さま」になっています。なので一回目と同じ撮り方でOKです(縦位置の撮影を除く)

撮影後に現像します。ネガフィルムなので、通常のC-41現像でOKです。特別な指示は必要ありません。
ただ、コマとコマの間のずれは多かれ少なかれ発生しますので、フィルムを取り込む際はフィルムのスキャン位置に注意する必要があります。

さあ、赤と青のシンメトリーな世界に出会えましたか?
難しいチャレンジだけど成功したときは最高だよ。
ぜひやってみて!
Enjoy your EBS life!


Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2012-10-02 #gear #tutorials #lc-a #redscale #multiple-exposure #tipster #double #doubles #double-exposure # # #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about #hodachrome #ebs #exposing-both-sides-of-the-film hodachrome の記事

14 Comment

  1. satomi
    satomi ·

    凄い忍耐力。。。Amazing shots!

  2. keni
    keni ·

    よし、ちょっと暗室買ってくる!

  3. npkishi
    npkishi ·

    すばらしー…あのスーパーショットはこうしてできているんですね!とにかくまずは多重露光やってみたい!とスプリッツァー買っちゃった~

  4. hodachrome
    hodachrome ·

    @satomi
    Thanks for your comment! 確かに忍耐力を要しますね、でもうまくいったときは最高(^^)

  5. hodachrome
    hodachrome ·

    @keni
    買いましょう、暗室(*^_^*)
    夜の押し入れとか洞窟でもOKです。

  6. hodachrome
    hodachrome ·

    @npkishi
    ありがとうございます(^^)/
    スプリッツァーで多重しまくってください~。

  7. jetnz81
    jetnz81 ·

    Really a awesome work~ thanks for sharing~ hope have english version ^^

  8. aguillem
    aguillem ·

    Thanks for the tip!
    I just don't understand why you set up the camera at ISO 200 or 400 for the normal side, if the film is 800ISO (天気のよい明るい日に、ISO400か200の設定で、正しい(ノーマルの)フィルム面の撮影をします。).
    Maybe google translate is wrong... if I've a bit of time I'll try to make an English version!

  9. hodachrome
    hodachrome ·

    @aguillem
    Translation is perfectly right. I usually set at ISO 200 or 400 for 800 film, because when I set my LC-A+ to ISO800 the result turns out under-exposed. The exposure might depends on each camera or brightness of the target, but I always try to avoid under-exposure. It's OK If you can get the proper exposure at ISO800 :)

  10. yokekei
    yokekei ·

    Great tutorial. I have one question here... let's say we start the first shoot with the tree and the last shoot is building. So, after redscale... is it should the building first then last image will be the tree? Am I right? thanks

  11. hodachrome
    hodachrome ·

    @yokekei
    Thanks for your comment.
    According to the way of making redscale film written in the article which I linked above. The order of the shots DO invert. So you are right, first image will go to the last after reversed the film.
    I should have paid attention about the order and mentioned more in detail, as the link is not my article... I think it's too difficult to align frames clearly by that method.
    My way is like this. I take all the film out in the darkroom/changing bag and cut off the end of it,leaving about an inch or so. And reverse/invert it and cellotape the end of it with the original position. Then rewind it again. By doing this, the order of the shots doesn't change :D
    blog-imgs-43.fc2.com/h/o/d/hodachrome/IMG_7518-3.jpg

  12. hodachrome
    hodachrome ·

    ※本文中のリンク「レッドスケールフィルムの作り方」を私の投稿した記事のものに変更しました。
    この方法ですと、作成後のフィルムの順番が変わらないため、今回のテクニックがよりやりやすくなっています。どうぞご参照ください(^_^)
    www.lomography.de/magazine/tipster/2013/01/26/red-scale-film
    I 'v modified the link in this article "How to make the selfmade redscale film". By use of this way, the order of the frames doesn't change after reversing the film, and it will be more effective for this technique :)

  13. lomojima
    lomojima ·

    すげぇなー。細かいですね。細かいからこその作品ですね。時間をかければかける程思い入れの強い写真になるし。

  14. servus_salyut
    servus_salyut ·

    Awesome!!! I have to try this! Thanks for this :-)

他の記事を読む

  • Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    2016-11-16 #gear Lomography の記事
    Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    静かな青と情熱的な赤のコンビネーションによって生まれる紫。紫は日常の中であまり見ることのない色なので、ミステリアスな印象が強いのではないでしょうか。写真や絵に使うと、想像力やクリエイティビティを刺激する色でもあります。Lomochrome Purpleを使った神秘的なショットの数々をご紹介します。

    2016-11-16
  • LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    2016-07-31 #gear #people ihave2pillows の記事
    LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    LomoChrome Purple XR 100-400は伝説の赤外カラーフィルム、コダック・エアロクロームおよびエクタクローム プロフェッショナル インフラレッド (EIR)フィルムに対するロモグラフィーなりの答えです。それは先代と同様に高い技術力を要求してくるものでしたが、このフィルムで撮った作品は驚きに満ちています。それではいかにしてパープルを引き出すか。そのための簡単なガイド記事です。

    2016-07-31
  • Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

    2016-10-28 #people Lomography の記事
    Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

    香港の撮影クラブ・AllionZのメンバーであるAndrew Yungは友達と山歩きをするのが趣味で、バックパッカー をしながら53か国も訪れたそうです。日本を訪れた彼は、Petzval 85で燃えるように赤く染まった森の風景を写してくれました。

    2016-10-28
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #ニュース #gear Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

    2016-04-09
  • 映画『アメリ』に使われた映像トリックは…シンメトリー!

    2016-04-24 #ビデオ lomographymagazine の記事
    映画『アメリ』に使われた映像トリックは…シンメトリー!

    ”構図を決める”ということは、イメージをフレームの中に収める上で非常に重要なポイントになります。シンメトリーという古典的な構図のとり方で、主人公の心情を見事に現しているのがジャン=ピエール・ジュネ監督の『アメリ』です。

    2016-04-24
  • Maya Kibbelが 原宿ファッションスナップを再開発

    2016-10-04 #people Ciel Hernandez の記事
    Maya Kibbelが 原宿ファッションスナップを再開発

    ファッションを担う人々は、昔から洗練されたスタイルとファッションという型にはまった厳しいルールを押しつける傾向にあります。その一方でファッション界の別の面では、日米フォトグラファーMaya Kibbel(マヤ・キベル)によって「かわいい」と「色っぽい」の中間のようなファッションも奨励されています。

    2016-10-04
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ジャズの酔いしれるような音を映像でも表現:Petzval 58でムービー撮影!

    2016-05-01 #ニュース #ビデオ #gear lomographymagazine の記事
    ジャズの酔いしれるような音を映像でも表現:Petzval 58でムービー撮影!

    New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensを使って、NYで開催されたJazz Age Lawn Partyを動画で撮影しました。このレンズ越しに映る人々は、ジャズの音色と溶け合い、そして混ざり合っていくように見えます。映像クリエイターの方もぜひこのレンズで作品を撮ってください。

    2016-05-01
  • Ian Hobson:Lomo'Instant Wideでライトペインティング!

    2017-01-30 #people Lomography London の記事
    Ian Hobson:Lomo'Instant Wideでライトペインティング!

    自称 「熱狂的カメラ信者」で、ライトペインターであるという非凡な男・Ian Hobson。今回、彼はすっかり暗くなった夜中にLomo'Instant Wideを持ち出して、Pixelstickや燃えるワイヤーウールを使って魅力的なショットを撮影してくれました!

    2017-01-30
  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2016-02-23 2
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05
  • ポートレートのいろいろなスタイル ~人物の撮影サイズについて~

    2017-02-12 #culture lomographymagazine の記事
    ポートレートのいろいろなスタイル ~人物の撮影サイズについて~

    あなたはどんな風にポートレートを撮影しますか?ここではロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた写真を通して、ポートレートによく利用される人物の撮影サイズについてご紹介します!

    2017-02-12
  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

    2016-03-01