ボケで遊ぶ5つの方法

2013-08-12

ボケについて知っていて、それを使ってもっと目を引くような写真を撮りたい人のために、ボケを使って遊ぶ方法をいくつか集めました。

Credits: chilledvondub

この単語を知らなかった人のために、 ボケ はぼかしとも呼ばれ、焦点が定まってないイメージで、ぼかしの「美的資質」とまでも言われることがある。ボケは、絞りが広く(一眼レフのレンズではf値の小さい方)、被写界深度が浅い場合にできる。ボケは、写真のフォーカスされていない部分が丸い形や多角形の形になって現れる。特に背景に光がある場合はより顕著に見られる。

今回紹介するコツは、あなたがよりクリエイティブになり、ボケを上手く使えるようになるためのものなので、まずは単語の定義と例をいくつかご覧ください。この Ken Rockwellの書いた記事 を読めば、ボケの基礎が分かると思います。

もちろん好みによって変わりますが、 他の写真家たち が言うには、ボケは完璧にスムーズなのが理想的で、良いボケであり、角々しい端や輪になるべきではない。円や形づけられたボケは「ハイライト」ボケとして認識されるが、被写体の邪魔になってはいけない。そうなると、悪いボケである。

さて、ここからは、ボケを上手く使って、より面白い写真を撮るための手助けをいたしましょう。あなたの一眼レフを手にとり、最もf値の小さいレンズを取り付けて、読み始めてください。

Credits: nataliaromanovapattyequalsawesomeryszardl70 & boredbone

1. 美しいポートレートの背景に使う。

これを最初にしたのは、この方法が最も一般的で、最もシンプルな方法だから。ここでの注意点は、被写体が背景のボケに負けてしまわないようにすること。邪魔にならないように!上のポートレートセレクションの中では、ボケはスムーズで曖昧、それか目立つほど強い。それでも、被写体の存在感を奪ってはいない。

Credits: plasticpopsicleicuresicksimonesavo & hanat9651

2. 形づけられたボケを作りだす。

「ボケキット」を使えば、ボケを形づけることができる。既製品(僕が使った Bokeh Masters Kit 等)を買っても、自分で作っても( blueskyandhardrockのDIYフィルター 等)できる。好きな形の穴を切り取った段ボールか硬いプラスチックの板をレンズに被せると、その穴の形のボケが出来上がり!上のサンプルを見てわかるように、このトリックの可能性は無限大。

Credits: icuresickantibiotyxblueskyandhardrock & fruchtzwerg_hh

3. 二重露光、または多重露光で使う。

他のロモグラファーがボケと二重露光を組み合わせていたが、その仕上がりが素晴らしかった!二重露光でボケを使うと、模様のように浮かび上がる。実験してみよう;まずは一眼レフでボケを撮影して、そのフィルムほ他のカメラに装填しよう!

Credits: simonesavo

4. 構成の一部にする(ただの背景にはしない)。

ボケを写真の前景や被写体の要素の一つにするだけでなく、もっとクリエイティブにすることもできる。上の例では、ボケが写真全体のイメージの一部になっている:ボケが雫となって、カップに注がれている。前景をカフェライト、クリスマスライト、街の明かりを逆光に位置させて、同じような効果を得よう。例えば、「雫」が傘に落ちる、「妖精」が箱から出てくる、ボケがコーヒーカップの中から浮かび上がってくる等、色々考えてみよう。

Credits: plasticpopsicle

花火写真をボケにする。

最後に、花火をいつもと違うように撮影してみよう―ボケのシャワーに変えてしまおう!ただ絞りを最も広くして、ピントを少しずらして、カメラを花火に合わせるだけ。ボケが自分の思うようにできたら、空に咲き乱れる花火を撮りまくるだけ。上にある写真のようになるはずさ。

上の中から好きな方法を、好きなように混ぜ合わせてください―自分の望む結果ができるまで、クリエイティブに考え、常に試し続けよう!仕上がった物を、ぜひ僕にも見せてください!

2013-08-12 #gear #tutorials #lomography #tips #tipster #bokeh plasticpopsicle の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • 挑発的なフォトグラファー Tyler Shieldsに直撃インタビュー!

    2016-11-01 #people cheeo の記事
    挑発的なフォトグラファー Tyler Shieldsに直撃インタビュー!

    今回は挑発的な写真で注目を集めるTyler Shieldsにインタビューを行いました。彼の写真、芸術に対する考え、そして話題を呼ぶクリエイティブな作品づくりの方法とは?

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

    2016-01-26
  • Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    2016-12-01 #culture Ciel Hernandez の記事
    Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    その昔、心霊写真は死んだ親族とつながるための方法として一大ブームとなりました。しかし撮影技術の進歩とともに、そのトリックが見破られてしまった現代では目にすることも少なくなりつつあります。そんな心霊写真の意外ともいえる誕生秘話に迫りました。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    2016-04-04 #ニュース #gear Lomography の記事
    STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    ええ、あなたの目はうそを言ってはいません...。私たちロモグラフィーは、新しい製品の発表に向けて最終準備をしているところです!これからいくつかヒントを出していくので、息をついて落ち着いて、物の見方を変えて、集中していてください。

    2016-04-04
  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

    2016-03-01
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【CP+ 2016】イベントレポート

    2016-03-05 #ニュース ciscoswank の記事
    【CP+ 2016】イベントレポート

    今年もカメラ・映像の大展示会CP+が終了しました! フィルムのラインナップに興奮するアナログ写真ファン、ユニークなレンズに驚く熟練フォトグラファー、ロモカメラを持って遊びに来てくれるロモグラファーの方々…。 連日たくさんの方々にご来場いただいたロモグラフィーブース。その様子をスタッフの撮影した写真と共に振り返ってみましょう!

    2016-03-05
  • 【延長決定!】Lomography Spring Fair @T-SITE 代官山 北村写真機店

    2016-03-03 #ニュース choko3 の記事
    【延長決定!】Lomography Spring Fair @T-SITE 代官山 北村写真機店

    ※好評につき延長決定! ※ 新しいカメラ、新しいフィルム、新しいレンズを使って写真を撮影してみませんか?お近くの方はぜひ代官山 北村写真機店まで遊びに来てください!

    2016-03-03
  • 【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    2016-07-22 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    LC-Aの32回目のバースデーを記念して行われた本コンテスト。「あなたにとって特別な日」をテーマにフィルム写真を募集致しました。そこに集まったのは、300枚を超える力作の数々。このコンテストのためにロモホームを開設して応募して下さった方や、いままでロモグラフィーのコミュニティーを盛り上げてくださった方など様々な方がいらっしゃいました。どの作品も素晴らしく、選考は大変難航しました。その中から選ばれた10作品、ぜひお楽しみください。また受賞作品は直営店Lomography+とポパイカメラ2号店にて展示が行われます!そちらにも足をお運びください。

    2016-07-22
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

    2016-05-10
  • LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    2016-07-31 #gear #people ihave2pillows の記事
    LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    LomoChrome Purple XR 100-400は伝説の赤外カラーフィルム、コダック・エアロクロームおよびエクタクローム プロフェッショナル インフラレッド (EIR)フィルムに対するロモグラフィーなりの答えです。それは先代と同様に高い技術力を要求してくるものでしたが、このフィルムで撮った作品は驚きに満ちています。それではいかにしてパープルを引き出すか。そのための簡単なガイド記事です。

    2016-07-31
  • イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    2016-08-31 #gear #ニュース Lomography の記事
    イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    とうとうミステリープロダクトのベールがはがされました。クラウドファンディングに舞い戻ってきたのは、コンパクト、丈夫そして自動。 Lomo’Instant Automatは目まぐるしい日常を支える心強い機能がいっぱいのインスタントカメラです。初心者の方にはもちろん、プロの方も驚きの仕上がりでストレスなく楽しめます!9月6日(火)よりはじまるMotionGalleryでのプロジェクトにて、最大35%割引で「いま」を「いま」創り出すインスタントカメラをGETしましょう!

    2016-08-31