ボケで遊ぶ5つの方法

ボケについて知っていて、それを使ってもっと目を引くような写真を撮りたい人のために、ボケを使って遊ぶ方法をいくつか集めました。

Credits: chilledvondub

この単語を知らなかった人のために、 ボケ はぼかしとも呼ばれ、焦点が定まってないイメージで、ぼかしの「美的資質」とまでも言われることがある。ボケは、絞りが広く(一眼レフのレンズではf値の小さい方)、被写界深度が浅い場合にできる。ボケは、写真のフォーカスされていない部分が丸い形や多角形の形になって現れる。特に背景に光がある場合はより顕著に見られる。

今回紹介するコツは、あなたがよりクリエイティブになり、ボケを上手く使えるようになるためのものなので、まずは単語の定義と例をいくつかご覧ください。この Ken Rockwellの書いた記事 を読めば、ボケの基礎が分かると思います。

もちろん好みによって変わりますが、 他の写真家たち が言うには、ボケは完璧にスムーズなのが理想的で、良いボケであり、角々しい端や輪になるべきではない。円や形づけられたボケは「ハイライト」ボケとして認識されるが、被写体の邪魔になってはいけない。そうなると、悪いボケである。

さて、ここからは、ボケを上手く使って、より面白い写真を撮るための手助けをいたしましょう。あなたの一眼レフを手にとり、最もf値の小さいレンズを取り付けて、読み始めてください。

Credits: nataliaromanovapattyequalsawesomeryszardl70 & boredbone

1. 美しいポートレートの背景に使う。

これを最初にしたのは、この方法が最も一般的で、最もシンプルな方法だから。ここでの注意点は、被写体が背景のボケに負けてしまわないようにすること。邪魔にならないように!上のポートレートセレクションの中では、ボケはスムーズで曖昧、それか目立つほど強い。それでも、被写体の存在感を奪ってはいない。

Credits: plasticpopsicleicuresicksimonesavo & hanat9651

2. 形づけられたボケを作りだす。

「ボケキット」を使えば、ボケを形づけることができる。既製品(僕が使った Bokeh Masters Kit 等)を買っても、自分で作っても( blueskyandhardrockのDIYフィルター 等)できる。好きな形の穴を切り取った段ボールか硬いプラスチックの板をレンズに被せると、その穴の形のボケが出来上がり!上のサンプルを見てわかるように、このトリックの可能性は無限大。

Credits: icuresickantibiotyxblueskyandhardrock & fruchtzwerg_hh

3. 二重露光、または多重露光で使う。

他のロモグラファーがボケと二重露光を組み合わせていたが、その仕上がりが素晴らしかった!二重露光でボケを使うと、模様のように浮かび上がる。実験してみよう;まずは一眼レフでボケを撮影して、そのフィルムほ他のカメラに装填しよう!

Credits: simonesavo

4. 構成の一部にする(ただの背景にはしない)。

ボケを写真の前景や被写体の要素の一つにするだけでなく、もっとクリエイティブにすることもできる。上の例では、ボケが写真全体のイメージの一部になっている:ボケが雫となって、カップに注がれている。前景をカフェライト、クリスマスライト、街の明かりを逆光に位置させて、同じような効果を得よう。例えば、「雫」が傘に落ちる、「妖精」が箱から出てくる、ボケがコーヒーカップの中から浮かび上がってくる等、色々考えてみよう。

Credits: plasticpopsicle

花火写真をボケにする。

最後に、花火をいつもと違うように撮影してみよう―ボケのシャワーに変えてしまおう!ただ絞りを最も広くして、ピントを少しずらして、カメラを花火に合わせるだけ。ボケが自分の思うようにできたら、空に咲き乱れる花火を撮りまくるだけ。上にある写真のようになるはずさ。

上の中から好きな方法を、好きなように混ぜ合わせてください―自分の望む結果ができるまで、クリエイティブに考え、常に試し続けよう!仕上がった物を、ぜひ僕にも見せてください!

2013-08-12 #gear #tutorials #tips #bokeh #tipster #lomography plasticpopsicle の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • ロモグラフィックな色を見つけよう:赤

    2017-07-13 #culture
    ロモグラフィックな色を見つけよう:赤

    街で偶然見つけた赤だったり、もしくは自分で赤く染めてみたり。注目を集める赤を上手く使って、印象的な写真を撮影してみましょう。

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    2017-05-26 #culture #people
    ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    Seamus Traversはダブリンを拠点とする写真家で主にLeica m6を使ってフィルム作品を撮影しています。その生き生きとしたパワーを持つ写真スタイルに魅了された我々は、彼にRussar+を使って撮影していただきました!インタビューとともにお楽しみください。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • 4連写なら楽しさも4倍:ActionSampler

    2018-01-24 #gear lomosmarti の記事
    4連写なら楽しさも4倍:ActionSampler

    何を撮っても面白い仕上がりになる ActionSampler 。動くものを撮っても、動かないものを撮ってもOK!あなたはその仕上がりに驚くはず。シンプルでコンパクトな見た目ですが、長年のファンも多いユニークなカメラです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ボケを通してみるシンガポール: Petzval 58 Bokeh Control Art Lens × Ashok Kumar

    2017-05-04 #gear #people Crisselda Robles の記事
    ボケを通してみるシンガポール: Petzval 58 Bokeh Control Art Lens × Ashok Kumar

    シンガポールのインスタグラマー・Ashok KumarがPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使って故郷の街を美しいボケで写してくれました。正方形の枠を飛び出した、彼の魅力溢れる作品をインタビューとともにお楽しみください。

  • 2017年11月のトレンド写真

    2017-12-01 refallinsasaki の記事
    2017年11月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年11月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを大発表!いよいよ年末ですが、写真で今年の秋の出来事を振り返ってみましょう!

    1
  • カラフルでポップ、ちょっぴり皮肉めいたイメージたち:LomoAmigo Olivia Locher

    2017-05-03 #gear #people katphip の記事
    カラフルでポップ、ちょっぴり皮肉めいたイメージたち:LomoAmigo Olivia Locher

    ファインアーティストのOlivia Locherはロモグラフィーのカメラの大ファン。彼女が写真を始めた頃から使っていて、遊び心溢れる実験的な作風にはロモグラフィーのカメラも一役買っています。今回は彼女がLomo'Instant Automatを使って撮影した作品をご紹介致します!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1