ボケで遊ぶ5つの方法

ボケについて知っていて、それを使ってもっと目を引くような写真を撮りたい人のために、ボケを使って遊ぶ方法をいくつか集めました。

Credits: chilledvondub

この単語を知らなかった人のために、 ボケ はぼかしとも呼ばれ、焦点が定まってないイメージで、ぼかしの「美的資質」とまでも言われることがある。ボケは、絞りが広く(一眼レフのレンズではf値の小さい方)、被写界深度が浅い場合にできる。ボケは、写真のフォーカスされていない部分が丸い形や多角形の形になって現れる。特に背景に光がある場合はより顕著に見られる。

今回紹介するコツは、あなたがよりクリエイティブになり、ボケを上手く使えるようになるためのものなので、まずは単語の定義と例をいくつかご覧ください。この Ken Rockwellの書いた記事 を読めば、ボケの基礎が分かると思います。

もちろん好みによって変わりますが、 他の写真家たち が言うには、ボケは完璧にスムーズなのが理想的で、良いボケであり、角々しい端や輪になるべきではない。円や形づけられたボケは「ハイライト」ボケとして認識されるが、被写体の邪魔になってはいけない。そうなると、悪いボケである。

さて、ここからは、ボケを上手く使って、より面白い写真を撮るための手助けをいたしましょう。あなたの一眼レフを手にとり、最もf値の小さいレンズを取り付けて、読み始めてください。

Credits: nataliaromanovapattyequalsawesomeryszardl70 & boredbone

1. 美しいポートレートの背景に使う。

これを最初にしたのは、この方法が最も一般的で、最もシンプルな方法だから。ここでの注意点は、被写体が背景のボケに負けてしまわないようにすること。邪魔にならないように!上のポートレートセレクションの中では、ボケはスムーズで曖昧、それか目立つほど強い。それでも、被写体の存在感を奪ってはいない。

Credits: plasticpopsicleicuresicksimonesavo & hanat9651

2. 形づけられたボケを作りだす。

「ボケキット」を使えば、ボケを形づけることができる。既製品(僕が使った Bokeh Masters Kit 等)を買っても、自分で作っても( blueskyandhardrockのDIYフィルター 等)できる。好きな形の穴を切り取った段ボールか硬いプラスチックの板をレンズに被せると、その穴の形のボケが出来上がり!上のサンプルを見てわかるように、このトリックの可能性は無限大。

Credits: icuresickantibiotyxblueskyandhardrock & fruchtzwerg_hh

3. 二重露光、または多重露光で使う。

他のロモグラファーがボケと二重露光を組み合わせていたが、その仕上がりが素晴らしかった!二重露光でボケを使うと、模様のように浮かび上がる。実験してみよう;まずは一眼レフでボケを撮影して、そのフィルムほ他のカメラに装填しよう!

Credits: simonesavo

4. 構成の一部にする(ただの背景にはしない)。

ボケを写真の前景や被写体の要素の一つにするだけでなく、もっとクリエイティブにすることもできる。上の例では、ボケが写真全体のイメージの一部になっている:ボケが雫となって、カップに注がれている。前景をカフェライト、クリスマスライト、街の明かりを逆光に位置させて、同じような効果を得よう。例えば、「雫」が傘に落ちる、「妖精」が箱から出てくる、ボケがコーヒーカップの中から浮かび上がってくる等、色々考えてみよう。

Credits: plasticpopsicle

花火写真をボケにする。

最後に、花火をいつもと違うように撮影してみよう―ボケのシャワーに変えてしまおう!ただ絞りを最も広くして、ピントを少しずらして、カメラを花火に合わせるだけ。ボケが自分の思うようにできたら、空に咲き乱れる花火を撮りまくるだけ。上にある写真のようになるはずさ。

上の中から好きな方法を、好きなように混ぜ合わせてください―自分の望む結果ができるまで、クリエイティブに考え、常に試し続けよう!仕上がった物を、ぜひ僕にも見せてください!

2013-08-12 #gear #テクニック #lomography #bokeh #tipster #tips plasticpopsicle の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • 一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    2015-08-13 #gear #テクニック hodachrome の記事
    一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    一人で撮影に行ったときに「あ~、ここで人間入れて撮りたいな~」と思ったことはありませんか?そんな一匹狼な貴方のために、「LC-A+でセルフタイマー」を使ったセルフポートレートを撮る方法をご紹介します。自分撮り以外にもカップルでツーショット、撮影会などで全員で集合写真を撮りたい場合などにも使えますよ。

    2
  • LC-Aカメラの実力を引き出す、すぐに出来る5つの方法

    2015-06-19 #gear #ライフスタイル K. Aquino の記事
    LC-Aカメラの実力を引き出す、すぐに出来る5つの方法

    本日6月19日はLC-Aの誕生日!今年2015年にLC-Aは31歳の誕生日を迎えます。そんなLC-Aとの撮影をこれからもずっとお楽しみいただくために、すぐに出来る5つの方法をラインナップしました。Lomo LC-A+とLC-Wideの強みを引き出して、撮影を楽しみましょう。

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lomo'Instantのスキャンアダプターを作ろう!

    2015-03-26 #people #テクニック pearlgirl77 の記事
    Lomo'Instantのスキャンアダプターを作ろう!

    Lomo'Instantの写真をスキャンしたときに、ニュートンリングが出来てしまっていらいらしたことはない?私は何度もそういうことがあって、この方法を思いついたの。スキャナーのガラス面に写真がくっつかないようにして、遠すぎることもなく適切な位置を保てたら...ってね。

  • 暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    2015-12-01 #gear #テクニック lomographymagazine の記事
    暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    みなさんご存知のとおり、光量の少ない場所で撮影する際はブレないようにしっかりとグリップして保つ必要があります。三脚などのツールを使うのも方法としてありますが、勿論暗い場所での撮影に適したフィルムを使うことがとても重要です。この記事では光量の少ない場所での撮影にぴったりなフィルムを5つリストアップしてみました。

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #テクニック tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • Community Amigos: 猫ロモグラファーnpkishi、Petzvalレンズで撮る

    2015-04-20 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Community Amigos: 猫ロモグラファーnpkishi、Petzvalレンズで撮る

    ロモグラフィーのコミュニティーに悶絶モノの愛くるしい猫写真をたくさんアップロードしているnpkishiさん。気ままにのびのびと暮らしている猫たちの様子をLC-AやDiana F+、Lomo'Instantをはじめとするロモグラフィーのカメラやその他のアナログカメラで収めています。そんな彼女の猫写真に惚れ込んだロモグラフィーは、npkishiさんにPetzvalレンズを貸出し最強のPetzval猫ショットを撮っていただきました。顔がほころぶこと間違い無し!ぐるぐるボケで彩られた猫たちの写真とインタビューをお楽しみください。

  • 三脚を立てたままLC-A+のMX(多重露光)スイッチを操作する方法

    2015-04-13 #gear #テクニック hodachrome の記事
    三脚を立てたままLC-A+のMX(多重露光)スイッチを操作する方法

    LC-A+を三脚に取り付けると、カメラの底の部分と三脚の設置部分が固定されるため、多重露光用のMXスイッチを操作するのが難しくなります。なので、三脚を用いた多重露光がしたい場合は撮影ごとに三脚から取り外す必要があり少し面倒でした。そこで、それを解決する方法をいくつか考えてみましたのでご紹介します。ちょっと強引な方法もあるので誰にでもできるものではないのですが、機会(そして機械)があったらトライしてみてください♪

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    2015-10-14 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    ドリーミーな世界観を作り出すフォトグラファーの菅武志さん。ロモグラフィーのコミュニティーでも何度か作品を披露していただき、まるで夢の中のような幻想的な写真の虜になった方も多いことでしょう。そんな菅さんは、長年活動の拠点としてきたイギリスから拠点を日本に移し、新たな試みに挑戦されています。初夏にはPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使い、ロンドンの庭園で美しく咲くボケの花を撮影していただきましたが、今回は日本で撮影したウェディング写真をシェアしていただきました。

  • Michael Fiukowskiのペッツバール美学

    2015-08-27 #people #Lomoamigos zonderbar の記事
    Michael Fiukowskiのペッツバール美学

    Michael Fiukowskiにとって、New Petzval 85 Art Lensでの撮影は哲学がある。マニュアルフォーカスが彼をより実験的な撮影に導き、ポートレイト撮影で被写体をクリエイティブに配置する方法を確立し、美しいぐるぐるぼけを優雅に操っている。この記事では、彼がこのレンズに魅了されている理由について伺った。

  • Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    2015-05-19 #people #Lomoamigos zonderbar の記事
    Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    フォトグラファーとして専門的な訓練を受けたにも関わらず、Inesさんはその仕事を辞めてしまった。写真は単純に趣味として続けるとのこと。それでも彼女が時折創りだしてくれるポートレイトには、かつてからの美しい豊かな表現力が健在している。最近は彼女の故郷、Brunswick(ブラウンシュバイク)で撮影を行い、あのユニークな渦を生み出すボケ効果を通して、この町を紛れもない夢の世界へと変貌させた。その時彼女が使ったアイテムは?もちろん、New Petzval Art Lensです!