一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

2

一人で撮影に行ったときに「あ~、ここで人間入れて撮りたいな~」と思ったことはありませんか?そんな一匹狼な貴方のために、「LC-A+でセルフタイマー」を使ったセルフポートレートを撮る方法をご紹介します。自分撮り以外にもカップルでツーショット、撮影会などで全員で集合写真を撮りたい場合などにも使えますよ。

上の写真では、三脚にLC-A+をセットし、「セルフタイマー」を使って自分をモデルにして写真を撮っています。

ん?LC-A+にセルフタイマーなんてあったっけ?
ないです(*´∀`)
これは他のカメラ用品メーカー製の外付けのセルフタイマーを使用して撮ったものです。

LC-A+等のロモグラフィー製のカメラにはタイマー機能は備わっていません。外付け用のセルフタイマーもロモグラフィーからは販売されていません。でも、時にはタイマーを使って撮ってみたいと思うこともありますよね。(例:自分一人しかいないけど自分を入れて撮りたい。恋人と二人で一緒に写りたい。撮影に行った仲間全員で集合写真を撮りたい、など)

さらに私のような多重露光大好き人間にとっては、人間のシルエットを生かした幻想的で不思議な多重写真を撮ってみたいと思うことはしばしばです。同行した誰かがいればシャッターを押してもらうこともできますが、単独撮影だったらそれもできません。

ということで、今回はセルフタイマーを使ったLC-A+でのタイマー撮影の方法を紹介します。

必要なもの

  1. カメラ(シャッターボタンにレリーズ穴のあるLC-A+を念頭に説明します)
  2. 三脚(必須)
  3. セルフタイマー(ハクバ、ハンザ、エツミ等のカメラ用品メーカーから販売しているもの、またはその中古品)
いろいろなカメラ用品メーカー製の外付けセルフタイマー

上の写真にはいくつかのアナログカメラ用の外付けセルフタイマーが写っています。いろいろなメーカーのものがありますが、そのいずれもLC-A+のレリーズ穴の規格に一致します(たぶん)。そして、多少の機構のちがいはあれど、基本的にはいずれもゼンマイ式の駆動になっていて電池等の不要なシンプルな作りのものです。LC-A+にもぴったりとフィットします(下の写真参照)。

LC-A+に装着した外付けセルフタイマー

セルフタイマーを使った撮影の方法

①三脚にLC-A+をセットして構図を決めます。自分(写真に写る人)の立ち位置を決めます。

②セルフタイマーのゼンマイを回してタイマーを起動します。(操作方法はそれぞれのセルフタイマーの使用方法をご確認ください)
自分を撮る場合は、決めておいた立ち位置まで急いで走りますε=┌( ・д・)┘

セルフタイマーを起動させる

③シャッターが下りる音がしたら撮影完了。

自分が写った!

応用編 ~多重露光〜

このセルフタイマーを使ってぜひ試してほしいのはやはり多重露光です。
個人的には、①普通の多重露光、と②ゴーストショットがおすすめです。

①普通の多重露光
セルフタイマーで自分(人)を入れて撮った写真と、まったく別の写真を重ねて撮る多重露光です。
※重ねるアイデアやテクニックはこれまでにいろいろ紹介してきましたので省略します。

セルフタイマーを使った多重露光

②ゴーストショット(GS)
セルフタイマーで自分を撮ったのち、人間だけいなくなった同じ構図でもう一回撮りゴーストショットにします。
※ゴーストショット(GS)についてはこちらの記事「人物が透ける!ゴーストショット(GS)の撮り方」をご参照ください

ゴーストショットによる多重露光

以上、セルフタイマーを使った撮り方のTipsでした。

これらのセルフタイマーですが、デジタルカメラ全盛の現代にあってはなかなか新品で売っているものを見かける機会は少ないと思いますが、ネットショップやネットオークション等では比較的容易に手が入りますので、皆さんも興味があったらぜひ購入してみてください。

一匹狼な人も、カップルやみんなでワイワイ撮りたい人もぜひぜひ試してみてください♪

最後に、セルフタイマーを使って撮ったギャラリーをご覧ください。

Credits: hodachrome

Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2015-08-13 #gear #tutorials #tripod #lc-a #multiple-exposure #tipster #doubles #double-exposure #self-timer #lc-a # # # #hodachrome # hodachrome の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

2 Comment

  1. toya1010
    toya1010 ·

    幻想的…!(^∇^)素晴らしいセルフポートレート多重露光写真ですね!
    私もセルフタイマーは持っているのですが使いこなせないでいたのでこの記事がとても役にたちました。
    ありがとうございます!これからもhodachromeさんの幻想的な作品楽しみにしております。

  2. hidehiko
    hidehiko ·

    こういうセルフタイマーがあることを初めて知りました。
    早速試して見たい。参考になりました。

他の記事を読む

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    2017-06-29 #gear
    ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    街の撮影ならいつでも、どこでもロモグラフィーの自分で組み立てる一眼カメラKonstruktorがぴったり!今日はその理由を素敵な写真と一緒にご紹介致します。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

  • 溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    2017-07-16 #gear
    溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    英語で「Dog Days」とは真夏の一番暑い日々のこと。外で写真を撮っていると汗がダラダラと流れる季節でもありますが、この時期の太陽の輝きは格別。そんな溶けそうに暑い日は、ロモグラフィーの La Sardinaがぴったり!