MX(多重)機能のないカメラで多重露光をする方法

2014-03-04

皆さんの大好きな(きっと大好きなはず!)の多重露光(MX)。皆さんはどんなカメラで楽しんでいますか?いろいろなカメラで簡単にMXが可能ですが、持っているカメラの中には、気に入っているんだけど多重露光の機能がないというカメラもありますよね。今回は、そんなMX機能のないカメラで多重露光を可能にするという方法を教えちゃいます。

この写真は、多重露光機能のない「旧式」のLC-Aを使って撮影した多重写真です。MXスイッチがないのにどうやってやったの?って思いますよね。今回はそのTipsを紹介したいと思います (^_^)

【必要なもの】
1. MX機能のないカメラ(LC-A、Horizon Perfektその他のカメラ。自動巻き上げのものは除きます)
2. フィルム(当たり前ですが…)

【方法】
1.
1回目の撮影終了後、カメラ内のフィルムのゆるみ(たわみ)を取り除く必要があります(下のイメージ画像参照)。フィルムが緩んだままだと位置ズレを起こしてしまいます。あ、あくまでもカメラ内のイメージなのでフタは開けないでね!

フィルムがカメラ内で緩んでいる(たわんでいる)もの(左)と、たわみのないもの(右)

2.
カメラ内のフィルムのゆるみ(たわみ)を取り除きます。まず、「巻き戻しクランク」を引き起こし、ゆるみがなくなるまで巻き戻しレバーをゆっくり時計回りに回します。手ごたえがだんだん固くなってきたらゆるみがなくなってきたことを意味します。このとき、強く回し過ぎるとフィルムが破れてしまうので注意です。回した後はその指を離さず、巻き戻しクランクを指で押さえておきます。

巻き戻しレバーをゆっくり時計回りに回す

3.
巻き戻しクランクを指で押さえたまま、カメラの底の「巻き戻しボタン」を押して、スプールをフリーな状態にします。そして、その巻き戻しボタンを押さえっぱなしにしておきます。二つの箇所をしっかり固定したまま、もう一方の手で巻き上げダイヤルを一枚分ゆっくり巻き上げます。これでスプールがひとコマ分「空回り」をしシャッターチャージが完了します。このとき、巻き上げダイヤルの感触は軽いはずですが、もし重たい時には巻き戻しボタンが効いていない可能性がありますので巻き戻しボタンを確認してください。

二か所を押さえたまま一枚分巻き上げる

4.
巻き上げた後、2回目の撮影をします。さらに露光を重ねる場合は、2~3を繰り返します。

5.
撮影が終わったら、通常通りに巻き上げてひとコマ分送ります。ただし、次のコマと少し画像が重なってしまうことが多々あります(下のネガの画像参照)。もしそれが気になる場合(私は大いに気になります)、通常の巻き上げをする前に次の6の手順を行ってください。

次のコマと画像が重なってしまう

6.
多重を終えたらレンズ前を暗く覆い(レンズキャップを被せる、黒い布で覆うetc)、1枚分空シャッターを切ります。そして通常通りに巻き上げてひとコマ分送ります。こうすれば画像の重なりを防ぐことができます。もし1枚分のロスがもったいないという場合は(私には大いにもったいです…)、次の方法を試してください。「巻き戻しボタン」を押したままにしてフィルムを2分の1フレーム分ほど巻き上げます(空送りします)。その後押さえていた指を離して巻き上げを続けます。すると通常のフィルム巻き上げが始まり残り約3分の1ほどが巻き上げられます。これで画像は重ならずフィルムのロスも少なくて済みます。(ちょっと慣れるまで難しいです)

画像が重ならずロスも少ない

わかりましたか~?私はこの方法を、旧式LC-AやHorizon Perfektでよく使います。他のクラシックカメラでも、おそらく同じ方法で可能だと思います(キヤノンAE-1、キヤノンニューF-1等)※ニコンのクラシック機には多重露出レバーを搭載したモデルもあります。

なお、上のフィルム画像でもわかる通り、重ねたそれぞれのレイヤーは多少は左右にズレている可能性があります。そして、カウンターの表示は空の巻き上げを行った分増えていきますので、実際の撮影枚数と変わっていきますのでご注意を。

ぜひあなたのクラシック機のコレクションでもこの多重露光にトライしてみましょう~♪
Enjoy your MX life!

旧式LC-Aによる多重作品
Horizon Perfektによる多重作品

Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2014-03-04 #gear #tutorials #lc-a #multiple-exposure #tipster #doubles #double-exposure #lc-a # # # #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about hodachrome の記事

他の記事を読む

  • Lorraine Healy の多重露光アタック!

    2017-02-28 #gear Lorraine Healy の記事
    Lorraine Healy の多重露光アタック!

    『Tricks With A Plastic Wonder』の著者 Lorraine Healy が今回は色んなカメラで多種多様な多重露光に挑戦。まだ多重露光を試したことが無い方も、これまでとは一味違う多重露光のヒントを得たい方も、是非ご覧ください!!

    2017-02-28
  • 【レポート】Hodachromeによる Lomo'Instant Wide ワークショップ in 名古屋

    2017-02-11 hodachrome の記事
    【レポート】Hodachromeによる Lomo'Instant Wide ワークショップ in 名古屋

    Lomo'Instant Wide を使った撮影ワークショップが、昨年12/18(日)に名古屋市内で開催されました。多重露光のスペシャリスト山本穂高さん(@hodachrome)を講師に迎え、このカメラ最大の特徴である多重露光をテーマに皆さんに撮影を楽しんでもらいました。そのワークショップの様子をレポート記事にまとめましたのでぜひご覧ください♪


    2017-02-11
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 12/11(日)開催!『 Lomography Art Lens で再発見 in 日本橋 』 by 富士越カメラ

    2016-11-24 trifivy の記事
    12/11(日)開催!『 Lomography Art Lens で再発見 in 日本橋 』 by 富士越カメラ

    12月11日(日)、富士越カメラさん主催でロモグラフィーのアートレンズシリーズを実際にお使いいただけるワークショップを開催いたします!場所はフォトジェニックな魅力がいっぱいの日本橋。アートレンズでの独特な撮影を実体験できる貴重な機会ですので奮ってご参加ください!撮影講師も同行いたしますので初心者の方も安心です。

    2016-11-24
  • Lomo'Instant Wide × Andrea Zvadova:多重露光のマトリックスを楽しもう!

    2017-03-05 #people lomographysoholondon の記事
    Lomo'Instant Wide × Andrea Zvadova:多重露光のマトリックスを楽しもう!

    イギリスを拠点とするフォトグラファー・Andrea ZvadovaはLomo'Instant Wideの多重露光機能を使って、ロンドンの街並みを未来的に表現しました。どこか不気味な雰囲気の漂う作品をインタビューとともにお楽しみください!

  • ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    2017-03-23 #gear #culture #ニュース #people #places Katherine Phipps の記事
    ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    ロモグラフィーのコミュニティーに集まる皆さんにとってフィルムはまだまだ生き続けている文化ですが、アナログ文化の人気が高まるにつれてフィルムにも広く注目が集まるようになりました。最近では、なんとアメリカの人気報道番組『Today』で Al Roker がフィルムカメラの人気の秘密を探るためにロモグラフィーのニューヨーク支社を訪れました!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • アナログ世界紀行: ソフィア、ブルガリア

    2017-02-03 #places Lomography の記事
    アナログ世界紀行: ソフィア、ブルガリア

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今回はMafalda Sousa (@magrifas) がブルガリアの美しい景色を、花でいっぱいの多重露光作品とともにご紹介してくれました!

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17 lomographymagazine の記事
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

    2017-10-17
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 実験を重ねて生まれた夢の景色:Dustin Adamsへのインタビュー

    2017-02-04 #people Ivana Džamić の記事
    実験を重ねて生まれた夢の景色:Dustin Adamsへのインタビュー

    「夢のような景色」という言葉から、どんな風景を想像しますか?それは Dustin Adamsの写真にふさわしい表現だと言えるでしょう。スケートボードがきっかけでカメラを始めて以来、彼は素晴らしい写真を撮り続けています。

    2017-02-04
  • 超長時間露光のためのカメラ、"Solarcan"とは⁉

    2017-04-27 #gear #ニュース lomographymagazine の記事
    超長時間露光のためのカメラ、"Solarcan"とは⁉

    さぁ、皆さん、これがなんだかわかりますか?ジュースの缶?カラースプレー?いいえ、これは太陽光の下で長時間露光ができる、初めての大量生産型フィルムカメラなのです!!

  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24