花と重ねて撮ろう

2012-10-13 6

多重露光(MX)は、幻想的な世界を生み出すことのできる、ロモグラファーの中でも大人気のテクニック♪
いろんなテクニックがありますが、私はさまざなな花と多重露光するのが大好きです。街の風景と花、工場と花、枯れ木と花…など。いろいろな組み合わせでより幻想的な世界を作り上げましょう!

この写真は、教会とチューリップの花を組み合わせて多重露光した写真です。それぞれのイメージがしっかりと重なり、カラフルで幻想的な結果になりました。
その季節にしか咲かない花、そのときにしか出会えない風景や建物などを見つけたらぜひ多重露光をしてみましょう。
それでは多重写真を撮るためのいくつかのTipsを教えますね (^_^)

【必要なもの】
1. カメラ(LC-A+、Holga、Diana等、多重露光の容易なカメラがベター)
2. フィルム(基本的になんでもOK、低感度すぎるものは向きません)
3. 場合によってはスプリッツァー

1. 天気について
まず天気の話から。
多重露光をするときに気をつけることは「明るさ(光の量)」です。それぞれのイメージがうまく重なり合うためには、適切な光をフィルムに与えてあげなければいけません。
ポイントは、「曇天と逆光」です。
曇天についてですが、私は花を組み合わせるときは「曇りのとき」、(または日陰の花)をよく選びます。これは、コントラストが下がることにより花びらの明るさのみが浮き上がり、葉っぱ・枝等の周囲の部分が暗くなります。これは多重にはもってこいの条件なのです。
建物についても同様です。曇天下のほうが建物部分が暗くなり重ねやすくなります。
逆光についてですが、これは建物など風景の撮影には適しているといえます。
強い太陽光を受け、被写体のコントラストは強くなります。空の部分は明るいですが、建物の部分はとても暗く落ち込みますので、次に花と重ねるのには好条件となります。(一番上の写真がそうです)

晴天と曇天の比較

2. 花が先?建物が先?
これはよく聞かれる質問です。
私の考えではどちらが先でもいいです。要はそれぞれの被写体の「より明るいほう」がフィルム上に映し出されるわけです。その露出のバランスさえ間違えなければどちらが先でもよいのです。
私は同じ場所、同じ条件で順番を変えてよく数枚撮りますがちがいは感じられません。

撮る順番による比較

3. 花の選び方
花の選び方には少しだけ注意点があります。
なんでもいいというわけではありません。できるだけ明るい(すなわち、反射率の高い)花を選んでください。
例えば、ユリ、ひまわり、コスモスなど(黄色やピンク系の花)。
明るい条件なら赤い花でもOKです(バラ、チューリップなど)。(ただしレッドスケールやモノクロフィルムではあまり向きません)。
あまり適さないのが、濃い青や紫などの反射率の低い花です。
そして、花の周り(葉っぱや枝、土の部分など)の明るさにも気をつけましょう。周囲が明るすぎると花が目立たなくなります。

花の種類による比較

4. 風景・建物の選び方
曇天下や逆光下ならあまり気にしないでもいいですが、なるべく暗い(反射率の低い)色の風景・建物を選ぶのがポイントです。
白い建物(教会等)はどちらかというと向かないです。形、輪郭のよさを重視して選びましょう。

5. 撮り方
※カメラはLC-A+にて、フィルムはISO100のスライドフィルムを使用した場合で説明します。
・花の撮り方
背の低い花はなるべく上から見下ろすようにして均一にフレーミングしましょう。
背景を空にすると多重される風景・建物まで飛んでしまいがち(白飛びしがち)になります。下から見上げるのではなく、上から見下ろして撮るのが効果的です。
小さな花のときは距離モードを0.8mにして花をなるべく大きくして撮りましょう。
花以外の余分なものはなるべく入れないようにします。(暗いものなら入ってもOK)
感度設定ですが、一番上の写真のときは晴天下で明るく見えたためISO200で撮りました。(撮影距離モード0.8m)
そのときの明るさにより変えます。

花の撮り方

・建物・風景の撮り方
建物などの風景を撮る際に一番大事なのは、その建物の輪郭・エッジです。
シャドー部分(建物の内側)は花と重なる部分なので、建物の色などの情報はあまり細かく気にする必要はありません。輪郭の美しく見えるアングルを重視してフレーミングしましょう。
感度設定は、一番上の見本の写真ではISO100で撮りましたが、これもそのときの明るさにより変えます。
露出オーバーになりすぎなければよいので、あまり露出をアンダーにする必要はありません。
建物のディテール部分まで見せたいときは露出の調整が必要になります。
迷ったときは、ISOの設定を変えて何枚か同じ場所で撮っておきましょう。私はいつもそうしています (^_^)
ISOの設定次第で結果は大きく変わってきます。(下の画像参照)

露出の比較

6. スプリッツァーも使ってみよう
スプリッツァーを使うことでより効果的に、かつ面白く撮ることができます。
・余分な部分を隠す
花を撮るときに、余分なものが入ってしまうときがあります。そんなときはスプリッツァーで半分を隠して花だけで二回撮りましょう。花を増やすことにもなりボリュームがよりアップします。

余分なものをスプリッツァーで隠す

・風景をシンメトリーに描く
スプリッツァーを使って風景を対照的に二回撮り、さらに花を重ねるというテクニックです。
下の写真では、風景(工場)を上下対称に二回撮り、さらに花を重ねることでより幻想的な雰囲気となっています (^O^)

スプリッツァーを使って計三回露光

わかりましたか~?
ぜひやってみましょう。素敵な花、魅力的な風景に出会ったときはチャンスですよ♪
Enjoy your MX life!


Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2012-10-13 #gear #tutorials #double #doubles #double-exposure # #multiple-exposure # #flower # #mx #lc-a # #tipster hodachrome の記事

6 Comment

  1. 134340
    134340 ·

    hodaka, English plssssssss :)

  2. modern_nmt
    modern_nmt ·

    Good

  3. suizidekid
    suizidekid ·

    awesome, even if i can't read one word :)

  4. zulaikha
    zulaikha ·

    awesome!!! i will try the Spritzer. ^^

  5. whynotwinnipeg
    whynotwinnipeg ·

    Now English version is coming!:) Stay tune, peeps!:))
    Way to go, KC!:)

  6. npkishi
    npkishi ·

    わーーーーそうか!(目からうろこ)

他の記事を読む

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • 生誕30年記念を迎えた「写ルンです」で多重露光にトライしてみた

    2016-07-16 #gear hodachrome の記事
    生誕30年記念を迎えた「写ルンです」で多重露光にトライしてみた

    今月は富士フィルムの使い切りカメラ「写ルンです」がこの世に生まれて30周年となります。この長年愛されてきた名機の生誕を祝い、いろんなイベントが予定されていますが、今回私はhodachromeらしく多重露光にフィーチャーした写ルンですワールドを紹介したいと思います。この魅力的な使い切りカメラを使った多重露光についての説明を画像とともにごらんください♪

    2016-07-16
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Awesome Albums: 『Progetto Double Exposure』 by emmesalvezza

    2015-12-19 lomographymagazine の記事
    Awesome Albums: 『Progetto Double Exposure』 by emmesalvezza

    人物のシルエットに模様をつける多重露光のテクニック。このテクニックは時代遅れになることはありません!

    2015-12-19
  • イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    2016-08-31 #gear #ニュース Lomography の記事
    イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    とうとうミステリープロダクトのベールがはがされました。クラウドファンディングに舞い戻ってきたのは、コンパクト、丈夫そして自動。 Lomo’Instant Automatは目まぐるしい日常を支える心強い機能がいっぱいのインスタントカメラです。初心者の方にはもちろん、プロの方も驚きの仕上がりでストレスなく楽しめます!9月6日(火)よりはじまるMotionGalleryでのプロジェクトにて、最大35%割引で「いま」を「いま」創り出すインスタントカメラをGETしましょう!

    2016-08-31
  • LomoMission: Better Together

    2016-02-03 #ニュース lomography の記事
    LomoMission: Better Together

    撮影済みフィルムを友達と交換してその上から多重露光をするフィルムスワップ。2人のフォトグラファーによるコラボレーション作品ができるだけではなく、クレイジーな写真を生み出します。今回のロモミッションはそのフィルムスワップです!

    2016-02-03
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【hodachromeが講師!】春の多重露光ワークショップ in 名古屋

    2016-03-11 #ニュース hodachrome の記事
    【hodachromeが講師!】春の多重露光ワークショップ in 名古屋

    山本穂高(hodachrome)による撮影ワークショップのご案内です。4月9日(土)に、名古屋市内にて「春の多重露光ワークショップ in 名古屋」を開催します。フィルム好きにおなじみの「ダイヤモンドカメラ シュシュ」さんとのコラボです。桜の咲く春の公園でフィルムカメラによる多重露光を皆さんでぜひ楽しみましょう♪

    2016-03-11
  • 世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    2016-05-06 #ニュース #gear lomographymagazine の記事
    世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    なんとDaguerreotype Achromat Art LensにCanon EFマウント、Nikon FマウントだけではなくPentax Kマウントのリターンが追加されることになりました!あまりに急な発表で驚かれた方もいらっしゃることと思いますが、私たちもこちらを発表することができて大変うれしく思います。世界規模での目標本数に達したためリターンとして正式に追加されます!

    2016-05-06
  • アナログカメラで写す超現実的な世界

    2016-11-22 #culture #tutorials lomographymagazine の記事
    アナログカメラで写す超現実的な世界

    誰だってアナログカメラで自分だけのユニークな写真を撮る方法を常に追い求めているはず。今回はロモグラフィーのコミュニティーに投稿された写真から、フィルムで幻想的な世界を映し出す方法を学んでみましょう!

    2016-11-22
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    2016-04-18 #people ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    「あのPetzvalに勝るとも劣らないクラシックでロマンチックなレンズだと思います。このレンズから新たな表現を生み出すのが楽しみです!」ソフトでドリーミーな作品で私たちを幻想的な世界へと連れ出す魔力を秘めたフォトグラファーTakeshi Suga(菅 武志)さんに、特徴的なソフトフォーカスを写し撮るDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの所感を伺いました。

    2016-04-18
  • フィルムカメラブーム再来の謎に迫る

    2016-10-25 #culture Ciel Hernandez の記事
    フィルムカメラブーム再来の謎に迫る

    21世紀以降のフィルムからSDカードへの急激な移行は、カメラ産業やアート界に大きな変化を与えました。ところが15年ほど前から、再びアナログに興味を示す人が増えています。人々は何故いまフィルムに惹かれるのでしょうか?

    2016-10-25
  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

    2016-02-18