インスタントカメラを使って多重露光をする方法は?

ロモグラフィーのインスタントカメラにも多重露光機能が搭載されています。スイッチを押して好きな回数多重露光撮影できます。

ロモグラフィーのインスタントカメラにはMXボタンが搭載されています。このボタンを押してからシャッターを切ることで多重露光を撮影することができます。撮影後、もう一度MXボタンを押すとフィルムが排出されます。

多重露光撮影をする時は、露出補正ボタン (+/- 1) を使って明るさの調整してください。

MXボタンはLomo’InstantLomo’Instant AutomatLomo’Instant Automat GlassLomo’Instant Wide のカメラに搭載されています。

Diana Instant Square にはボタンの代わりにスイッチが搭載されています。このMXスイッチをオンにしている限り、無制限で多重露光撮影ができます。

Lomo’Instantシリーズ

Splitzer と組み合わせてよりクリエイティブな多重露光を撮ることもできます。例えば、Splitzerをレンズに取り付けて、先に上半分を撮って、Splitzerを回転させて次に下半分を撮影します。そうすることで2つの違う景色を写真の上下に繋げた面白い写真を撮ることができます。上下半分ずつだけではなく、1/4ずつ撮影することもできます。

見つからないものがありますか?

探している答えが見つかりませんか?そんな時はschool@lomography.com までご連絡ください!

詳細はこちら

  • 多重露光撮影のコツ

    多重露光撮影のコツ

    写真を重ねてとる 多重露光 はいつもの撮影がより楽しく、より独創的になる撮り方の一つです。ここではいくつか撮影テクニックをご紹介します。

  • 多重露光とは?

    多重露光とは?

    多重露光(MX)は複数の写真を1枚に重ねて写す撮影方法です。フィルムカメラを使えば簡単に多重露光ができます。例えば、お花畑とポートレートの多重露光をすることで花に包まれた幻想的なポートレートに仕上げることができます。

  • 多重露光におすすめの35mmフィルムは?

    どんなフィルムでも多重露光はできますが、ポジフィルムよりもネガフィルムの方がラティチュードが広いのでカラーやモノクロネガで撮影することを強くおすすめします。

  • フィルムが入ったままのカセットをカメラから取り出すとどうなりますか?

    未露光のInstaxフィルムをカセットごと光に当てると1枚目のフィルムが完全に感光してしまいます。その下にある2枚目以降はまだ使える可能性がありますが、光漏れの恐れがあります。

  • インスタント写真の保管方法について

    撮った写真はその後どうしてますか?空き箱に入れたり、引き出しにまとめたりする方も多いと思います。ただ、長期保管をするにはもっといい方法があります。いくつかおすすめの保管方法を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

  • チェキフィルムのスキャン方法

    チェキフィルムもスキャンをしてデータ化する方法がいくつかあります。自分に一番合ったやり方を探してみてください。

  • ロモグラフィーのインスタントカメラの特徴は?

    ロモグラフィーのインスタントカメラの特徴は?

    ロモグラフィーのインスタントカメラには他のカメラにはないクリエイティブな撮影機能がたくさん搭載されています。

  • インスタントフィルムについて

    ロモグラフィーのインスタントカメラは全て富士フイルム社製のInstaxフィルムを使用します。

  • LomoGraflok 4×5 インスタントバックとは?

    LomoGraflok 4×5 インスタントバックは世界初の大判カメラ用のインスタントバックです。グラフロック機構搭載の4×5カメラに搭載して、Instax Wideフィルムを使って撮影が出来ます。