If gritty grain, enigmatic vignettes, and surprise light leaks make you go weak in the knees, then you’re right at home! Dedicated to the crazy-fun and creative world of analogue photography, this channel promises to fuel your passion for everything film – from lovely photographs to secret tips, and everything in between.

Featured

ボケ探求:Petzval 80.5 mm f/1.9 MKIIと香港

Petzval 80.5 f/1.9 MKII Art Lensがついに一般発売をスタート!ロモグラフィーの香港チームと一緒にぐるぐるボケの探求の旅にでかけましょう。Rachel がアーティスティックでユニークなボケ効果を使って、ポートレート写真をご紹介!

Related Products

Lomography Color Negative 400 (35mm)
Lomography Color Negative 400 (35mm)

Lomography Color Negative 400 35mmで、鮮やかな色と力強くすばらしいシャープさをお楽しみください。

Lomography Color Negative 800 ISO 35mm
Lomography Color Negative 800 ISO 35mm

ISO400では感度がまだ足りない?Lomography Color Negative 800 35mmフィルムは、低照度下でも驚きの結果をお約束致します。

LomoChrome Purple Film 100-400 35mm
LomoChrome Purple Film 100-400 35mm

Lomochrome Purple XR 100-400 35mmフィルムは、自然な色のトーンを今まで見たことがないような紫色のトーンにシフトさせます。驚きの写真を撮影してみたい方にお勧めのフィルムです。そのサイケデリックな写りはKodak Aerochromeフィルムのように すばらしい彩色を写し出します。

  • スペシャルヒント:ISO感度 400で110フィルム撮影

    スペシャルヒント:ISO感度 400で110フィルム撮影

    一時は生産が終了し市場から消えてしまった110フィルムですが、ロモグラフィーがアナログライフを存続させるために生産中!小さなカメラをポケットに入れて、どんな瞬間も逃しません。

  • 【テクニック記事】多重露光!背中から花が生える!?ウィングショットの撮り方

    【テクニック記事】多重露光!背中から花が生える!?ウィングショットの撮り方

    背中から翼のように花が生えたり、建物や船などがニョキニョキ生えたり...。そんな幻想的で不思議な多重写真を撮ってみませんか?今回は、ワークショップでも大人気の「ウィングショット」について紹介します!

  • データ化されたフィルム写真の真実とは?

    データ化されたフィルム写真の真実とは?

    「ロモグラフィーのカラーネガティブフィルムは黄色だ!いいや、青色っぽいよ。ん?緑?」そんな声をたくさん聞いたので、この際はっきりさせてしまいましょう。

  • はじめてのモノクロフィルム

    はじめてのモノクロフィルム

    モノクロフィルムに挑戦!いつもはカラーネガという方も、白と黒の世界にきっと魅了されるはず。この記事ではモノクロフィルムについて、知っておきたいポイントを簡単におさらいします。

  • 暗いところで撮影するには?

    暗いところで撮影するには?

    夜やお家で撮影するにはどうすればいいの?いつでも思い通りに撮影するためのちょっとしたコツをマスターすれば、どんな環境でもこわいものなし!

  • 本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    改良が重ねられてきたLomoChrome Purple、使ったことありますか?パープルに変化すると言われると、構えてしまってなかなか使うに至らないかもしれません。でも実は、日常使いにオススメのフィルム!

  • ロマンチックな海の向こう:Maya Beano with LomoChrome Purple

    ロマンチックな海の向こう:Maya Beano with LomoChrome Purple

    イギリスの写真家Maya Beano が、LomoChrome Purple で撮影したロンドンとアメリカ北東海岸の現像的な写真をシェア。

  • パープルに染まる幻像:Zac Farro

    パープルに染まる幻像:Zac Farro

    Zac Farroが写すパープルの世界は、ロモクローム パープルフィルムにどっぷりと浸かった、ウエストコースト。

  • B&W 400 Berlin Kino Film:撮影と現像に関するアドバイス

    B&W 400 Berlin Kino Film:撮影と現像に関するアドバイス

    新しい Lomography B&W 400 35 mm Berlin Kino Filmが、モノクロ写真や自家現像を楽しむきっかけとなれば嬉しいです。今回はこのフィルムでの撮影、現像、そして加工を行う際のアドバイスをお話します。

  • Berlin Kino Filmで撮るモノクロポートレイト:Khalil Kwok

    Berlin Kino Filmで撮るモノクロポートレイト:Khalil Kwok

    大学生の Khalilはメランコリックな写真表現が得意。今回は Berlin Kino Filmでポートレイト作品を撮影してくれました。

  • 【作例紹介】B&W 400 Berlin Kino Film

    【作例紹介】B&W 400 Berlin Kino Film

    映画用フィルムから作られている Berlin Kino Film。普段カラーネガフィルムばかり使っているのであまり白黒フィルムには馴染みがありませんでしたが、「映画のワンシーンのような描写」という特徴に惹かれ早速使ってみました!

  • Berlin Kino Filmと鳥取砂丘:橋原大典 (@helloelmer)

    Berlin Kino Filmと鳥取砂丘:橋原大典 (@helloelmer)

    映画用フィルムから作られた Berlin Kino Film 。みなさんはどんな場所でこのフィルムを使いましたか?今回は橋原大典さんが鳥取砂丘で撮影した写真をご紹介。砂丘で白黒写真だと、植田正治を思い浮かべる人も多いかもしれません。