花と重ねて撮ろう

5

多重露光(MX)は、幻想的な世界を生み出すことのできる、ロモグラファーの中でも大人気のテクニック♪
いろんなテクニックがありますが、私はさまざなな花と多重露光するのが大好きです。街の風景と花、工場と花、枯れ木と花…など。いろいろな組み合わせでより幻想的な世界を作り上げましょう!

この写真は、教会とチューリップの花を組み合わせて多重露光した写真です。それぞれのイメージがしっかりと重なり、カラフルで幻想的な結果になりました。
その季節にしか咲かない花、そのときにしか出会えない風景や建物などを見つけたらぜひ多重露光をしてみましょう。
それでは多重写真を撮るためのいくつかのTipsを教えますね (^_^)

【必要なもの】
1. カメラ(LC-A+、Holga、Diana等、多重露光の容易なカメラがベター)
2. フィルム(基本的になんでもOK、低感度すぎるものは向きません)
3. 場合によってはスプリッツァー

1. 天気について
まず天気の話から。
多重露光をするときに気をつけることは「明るさ(光の量)」です。それぞれのイメージがうまく重なり合うためには、適切な光をフィルムに与えてあげなければいけません。
ポイントは、「曇天と逆光」です。
曇天についてですが、私は花を組み合わせるときは「曇りのとき」、(または日陰の花)をよく選びます。これは、コントラストが下がることにより花びらの明るさのみが浮き上がり、葉っぱ・枝等の周囲の部分が暗くなります。これは多重にはもってこいの条件なのです。
建物についても同様です。曇天下のほうが建物部分が暗くなり重ねやすくなります。
逆光についてですが、これは建物など風景の撮影には適しているといえます。
強い太陽光を受け、被写体のコントラストは強くなります。空の部分は明るいですが、建物の部分はとても暗く落ち込みますので、次に花と重ねるのには好条件となります。(一番上の写真がそうです)

晴天と曇天の比較

2. 花が先?建物が先?
これはよく聞かれる質問です。
私の考えではどちらが先でもいいです。要はそれぞれの被写体の「より明るいほう」がフィルム上に映し出されるわけです。その露出のバランスさえ間違えなければどちらが先でもよいのです。
私は同じ場所、同じ条件で順番を変えてよく数枚撮りますがちがいは感じられません。

撮る順番による比較

3. 花の選び方
花の選び方には少しだけ注意点があります。
なんでもいいというわけではありません。できるだけ明るい(すなわち、反射率の高い)花を選んでください。
例えば、ユリ、ひまわり、コスモスなど(黄色やピンク系の花)。
明るい条件なら赤い花でもOKです(バラ、チューリップなど)。(ただしレッドスケールやモノクロフィルムではあまり向きません)。
あまり適さないのが、濃い青や紫などの反射率の低い花です。
そして、花の周り(葉っぱや枝、土の部分など)の明るさにも気をつけましょう。周囲が明るすぎると花が目立たなくなります。

花の種類による比較

4. 風景・建物の選び方
曇天下や逆光下ならあまり気にしないでもいいですが、なるべく暗い(反射率の低い)色の風景・建物を選ぶのがポイントです。
白い建物(教会等)はどちらかというと向かないです。形、輪郭のよさを重視して選びましょう。

5. 撮り方
※カメラはLC-A+にて、フィルムはISO100のスライドフィルムを使用した場合で説明します。
・花の撮り方
背の低い花はなるべく上から見下ろすようにして均一にフレーミングしましょう。
背景を空にすると多重される風景・建物まで飛んでしまいがち(白飛びしがち)になります。下から見上げるのではなく、上から見下ろして撮るのが効果的です。
小さな花のときは距離モードを0.8mにして花をなるべく大きくして撮りましょう。
花以外の余分なものはなるべく入れないようにします。(暗いものなら入ってもOK)
感度設定ですが、一番上の写真のときは晴天下で明るく見えたためISO200で撮りました。(撮影距離モード0.8m)
そのときの明るさにより変えます。

花の撮り方

・建物・風景の撮り方
建物などの風景を撮る際に一番大事なのは、その建物の輪郭・エッジです。
シャドー部分(建物の内側)は花と重なる部分なので、建物の色などの情報はあまり細かく気にする必要はありません。輪郭の美しく見えるアングルを重視してフレーミングしましょう。
感度設定は、一番上の見本の写真ではISO100で撮りましたが、これもそのときの明るさにより変えます。
露出オーバーになりすぎなければよいので、あまり露出をアンダーにする必要はありません。
建物のディテール部分まで見せたいときは露出の調整が必要になります。
迷ったときは、ISOの設定を変えて何枚か同じ場所で撮っておきましょう。私はいつもそうしています (^_^)
ISOの設定次第で結果は大きく変わってきます。(下の画像参照)

露出の比較

6. スプリッツァーも使ってみよう
スプリッツァーを使うことでより効果的に、かつ面白く撮ることができます。
・余分な部分を隠す
花を撮るときに、余分なものが入ってしまうときがあります。そんなときはスプリッツァーで半分を隠して花だけで二回撮りましょう。花を増やすことにもなりボリュームがよりアップします。

余分なものをスプリッツァーで隠す

・風景をシンメトリーに描く
スプリッツァーを使って風景を対照的に二回撮り、さらに花を重ねるというテクニックです。
下の写真では、風景(工場)を上下対称に二回撮り、さらに花を重ねることでより幻想的な雰囲気となっています (^O^)

スプリッツァーを使って計三回露光

わかりましたか~?
ぜひやってみましょう。素敵な花、魅力的な風景に出会ったときはチャンスですよ♪
Enjoy your MX life!


Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2012-10-13 #gear #tutorials #lc-a #flower #mx #multiple-exposure #tipster #double #doubles #double-exposure # # # # hodachrome の記事

5 Comment

  1. 134340
    134340 ·

    hodaka, English plssssssss :)

  2. modern_nmt
    modern_nmt ·

    Good

  3. suizidekid
    suizidekid ·

    awesome, even if i can't read one word :)

  4. zulaikha
    zulaikha ·

    awesome!!! i will try the Spritzer. ^^

  5. npkishi
    npkishi ·

    わーーーーそうか!(目からうろこ)

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】多重露光!背中から花が生える!?ウィングショットの撮り方

    2021-03-24 hodachrome の記事
    【テクニック記事】多重露光!背中から花が生える!?ウィングショットの撮り方

    背中から翼のように花が生えたり、建物や船などがニョキニョキ生えたり...。そんな幻想的で不思議な多重写真を撮ってみませんか?今回は、ワークショップでも大人気の「ウィングショット」について紹介します!

    3
  • 光の魔法:写真家 Li Hui

    2020-04-29 #ニュース #people jennifer_pos の記事
    光の魔法:写真家 Li Hui

    写真は思い出を残すだけのものではありません。一筋の光が写真を芸術へと姿を変える鍵となり、カメラを通して見えるもう一つの世界を体感することもできます。そんな光を操り、芸術作品に変えてしまうのが、写真家のLi Huiです。彼女の作品とセンシティブではかなげな素晴らしい写真についてインタビューをしました。

  • ゴトウヨシタカ写真展:Journey to UNKNOWN

    2020-06-30 gocchin の記事
     ゴトウヨシタカ写真展:Journey to UNKNOWN

    「多重露光」という写真表現を駆使し、アジア〜欧米を飛び回り、時間や空間までも越えた独特の風景写真をクリエイトし続けるゴトウヨシタカ。そんな彼の「未知なる旅」の記録を体感できる写真展を開催します。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ゴトウヨシタカ写真展【Mission : Nolan】@京都

    2021-02-17 erina の記事
    ゴトウヨシタカ写真展【Mission : Nolan】@京都

    多重露光作品を生み出すゴトウヨシタカ。今回は、映画監督クリストファーノーランの作品の世界観を、フィルムカメラによる多重露光で撮影したフィルム写真展を京都にて開催!

  • Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    2020-06-20 xcvllshawn の記事
    Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    美しいぐるぐるボケを描くPetzval 80.5 mm f/1.9アートレンズで、尾道〜しまなみ海道周辺の島々を撮影した写真をご紹介。ソフトなボケとシャープな絞りを写すレンズ、そして繊細なグレートーンを写す映画用フィルム Potsdam Kino Film。相性抜群なコラボレーションはポートレイトはもちろん、景色まで絵画のように幻想的に描きます。

  • 【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    2020-11-06 keitauni94 の記事
    【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    ついに開催する11/21(土)まで1ヵ月を切った、ロモジャパン初のロシアと日本をオンラインでつないだイベント。貴重なЛОМО (LOMO) 社の情報が詰まった、ロモ歴史博物館に潜入し、LC-Aの謎を紐解いてゆきます!海外旅行に行きたくてもなかなか行けないこの時期だからこそ、ご自宅から気軽に参加できますので、みなさまとオンライン(ZOOM)上でツアーできることを楽しみにしております!

  • ショップニュース

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    フィルムカメラを始めてみたいけど、いきなり一眼レフを使いこなす自信がない...という人も多いはず。気軽なスナップ撮影や、使い捨てカメラからのステップアップには、 35mm コンパクトフィルムカメラがおすすめ。

  • クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    2021-04-12
    クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    フィルムスープとは、フィルムに化学反応を起こさせてその結果得られる予期せぬ結果を楽しむという試みのことで、ときおり思いがけない面白い作品が生まれることがあります。今までにも多くのロモグラファーが実験し、検証し、そしてレポートしてくれていますが、今回は実験結果を紹介していきたいと思います。

  • Lomogon 2.5/32 x LomoChrome Purple:カンナ (@canna_tkhs)

    2021-01-22 xcvllshawn の記事
    Lomogon 2.5/32 x LomoChrome Purple:カンナ (@canna_tkhs)

    特徴的な絞り調節ダイヤルからクラシックな見た目まで、Lomogon Art Lensは素早く、簡単に、そして楽しく撮影できます。そして、サイケデリックな発色のロモクロームフィルムを使い、幻想的な世界をカンナさんが撮影してくれました!

  • はじめてのモノクロフィルム

    2020-06-07 erina の記事
    はじめてのモノクロフィルム

    モノクロフィルムに挑戦!いつもはカラーネガという方も、白と黒の世界にきっと魅了されるはず。この記事ではモノクロフィルムについて、知っておきたいポイントを簡単におさらいします。

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • 本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    2020-05-19 erina の記事
    本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    改良が重ねられてきたLomoChrome Purple、使ったことありますか?パープルに変化すると言われると、構えてしまってなかなか使うに至らないかもしれません。でも実は、日常使いにオススメのフィルム!

  • 世界をオレンジ色に染め上げる:Lobster Redscale 110

    2020-09-20 erina の記事
    世界をオレンジ色に染め上げる:Lobster Redscale 110

    いつでもオレンジ色の世界を楽しめる、レッドスケールフィルム。今回はとても小さなフィルム、 110フィルムで燃え立つような色の写真を撮影してみました。

  • LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    2020-11-20 xcvllshawn の記事
    LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    ポートレートプロジェクト #イットガーリーなど、普段はカラーネガで撮影することが多いという 梅澤 勉さん。そんな彼に、4x5 大判カメラで Instax Wide Filmが楽しめるロモグラフロック 4x5 インスタントバック を使用して撮影していただきました。