★Lomo'Instant Automat Glassと Lomo'Instant Automatの違いとは?

ワイドガラスレンズ搭載 オートインスタントカメラ Lomo'Instant Automat Glass 。今回は Lomo'Instant Automatと比較しながら、その仕様について詳しくご紹介します。

Lomo'Instant Automat (左)と Lomo'Instant Automat Glass Magellan (右)の大きな違いはなんといってもそのレンズ。Lomo'Instant Automat は60mm(35mm換算35mm相当)のプラスチックレンズで、よりふんわりとした柔らかい写りが特徴です。Lomo'Instant Automat Glass Magellan には38mm (35mm換算21mm相当)の広角ガラスレンズが搭載され、これまでのインスタントカメラにはないシャープでワイドな写りが実現可能です。さらに Lomo'Instant Automat Glass Magellan は最大絞り値が f/4.5になり、低光量下でもフラッシュ無しの撮影をよりお楽しみいただけるようになりました。

Lomo'Instant Automatで撮影した作品

Lomo'Instant Automat Glassで撮影した作品

いかがでしょうか?Lomo'Instant Automatはソフトでやさしい印象が、Lomo'Instant Automat Glassはパリッとした鮮やかな画力がどちらも魅力的ですね。

その他くわしい情報は各製品マイクロサイトにてご確認ください。
>> Lomo'Instant Automat 製品マイクロサイトへ
>> Lomo'Instant Automat Glass 製品マイクロサイトへ

2017-03-24 # #lomoinstant #instant # #lomoinstantautomatglass # # #lomoinstantautomat trifivy の記事

他の記事を読む

  • Lomopedia: Canon Demi

    2020-09-12 #gear plasticpopsicle の記事
    Lomopedia: Canon Demi

    今回のLomopediaは、キヤノン初のハーフフレーム製品を詳しく見ていこう。世界中で最も人気のあるハーフカメラのひとつ、キャノンデミのご紹介。

  • Liquid Guide:サットンレンズの使い方

    2020-10-22 xcvllshawn の記事
    Liquid Guide:サットンレンズの使い方

    ロモグラフィーの LomoMod No.1とHydroChrome Sutton's Panoramic Belair Camera (ハイドロクローム サットンズ パノラミック ベルエア カメラ)に搭載されているサットンレンズ。その詳細な使い方や、実験結果をご紹介します!

  • わたしのカメラ:原田泰地

    2021-03-30 erina の記事
    わたしのカメラ:原田泰地

    フィルムカメララバーはどんなカメラを使っているの?ちょっと気になるみんなの愛用カメラをご紹介。今回は映像カメラマンの原田泰地さんに、共に人生を歩んできた大切な1台をご紹介いただきました!

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • わたしのカメラ:コスモ

    2020-09-13 erina の記事
    わたしのカメラ:コスモ

    フィルムカメララバーはどんなカメラを使っているの?ちょっと気になるみんなの愛用カメラをご紹介。今回はフリーライターのコスモさんに愛すべき4台のカメラをご紹介いただきました!

  • クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    2021-04-12
    クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    フィルムスープとは、フィルムに化学反応を起こさせてその結果得られる予期せぬ結果を楽しむという試みのことで、ときおり思いがけない面白い作品が生まれることがあります。今までにも多くのロモグラファーが実験し、検証し、そしてレポートしてくれていますが、今回は実験結果を紹介していきたいと思います。

  • Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    2020-06-20 xcvllshawn の記事
    Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    美しいぐるぐるボケを描くPetzval 80.5 mm f/1.9アートレンズで、尾道〜しまなみ海道周辺の島々を撮影した写真をご紹介。ソフトなボケとシャープな絞りを写すレンズ、そして繊細なグレートーンを写す映画用フィルム Potsdam Kino Film。相性抜群なコラボレーションはポートレイトはもちろん、景色まで絵画のように幻想的に描きます。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【撮影のヒント】幻想的な写真を撮るには

    2020-10-12
    【撮影のヒント】幻想的な写真を撮るには

    落ち着いた色調と美しいボケ、そんな夢のような素敵な写真を目指している方へ、いくつかヒントをご用意しました。

  • ボケ探求:Petzval 80.5 mm f/1.9 MKIIと香港

    2021-04-21 #gear #ニュース rachelmanlomo の記事
    ボケ探求:Petzval 80.5 mm f/1.9 MKIIと香港

    Petzval 80.5 f/1.9 MKII Art Lensがついに一般発売をスタート!ロモグラフィーの香港チームと一緒にぐるぐるボケの探求の旅にでかけましょう。Rachel がアーティスティックでユニークなボケ効果を使って、ポートレート写真をご紹介!

  • 性別の壁を超えて:TMT

    2021-06-16 #culture #people rachelmanlomo の記事
    性別の壁を超えて:TMT

    香港を拠点に活動する女性ファッションフォトグラファーTMT は、普段から様々な種類のフィルムを使って撮影しています。仕事などの役割を「男性や女性と、性別で区別するべきでは無い」と語ってくれました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 世界をオレンジ色に染め上げる:Lobster Redscale 110

    2020-09-20 erina の記事
    世界をオレンジ色に染め上げる:Lobster Redscale 110

    いつでもオレンジ色の世界を楽しめる、レッドスケールフィルム。今回はとても小さなフィルム、 110フィルムで燃え立つような色の写真を撮影してみました。

  • 【テクニック記事】多重露光!背中から花が生える!?ウィングショットの撮り方

    2021-03-24 hodachrome の記事
    【テクニック記事】多重露光!背中から花が生える!?ウィングショットの撮り方

    背中から翼のように花が生えたり、建物や船などがニョキニョキ生えたり...。そんな幻想的で不思議な多重写真を撮ってみませんか?今回は、ワークショップでも大人気の「ウィングショット」について紹介します!

    3
  • Pretty, Awesome(かわいくって、最高):Ennuh Tiu

    2021-05-19 #people cheeo の記事
    Pretty, Awesome(かわいくって、最高):Ennuh Tiu

    輝いていて、美しい、そして女性たちは、ウィメンズ・マンス(Women’s Month)じゃなくったって大切な存在。LomoAmigoでも登場してくれているフォトグラファー、Ennuh Tiu が、今年の3月に女性たちをとらえた写真で力強く締めくくりましょう!