Kazuto Nakajima と Atoll Art Lens の自由気ままなストリートショット

私たちの10ゴールデンルール は "Don't Think, Just Shoot!(6.考えるな!)" のエッセンスに基づいていおり、ブルックリンで活動するフォトグラファー Kazuto Nakajima はまさに彼のストリートフォトグラフィーでそれを体現しています。彼が Atoll Ultra-Wide 2.8/17 Art Lens をつかって、街のせわしさを捉えてくれました。

Photos taken by Kazuto Nakajima with the Atoll Ultra-Wide Lens

こんにちは Kazuto、ロモマガジンへようこそ!自己紹介と作品について話してくれる?

こんにちは!ご招待ありがとう!Kazuto Nakajima です。Kazu と呼んでください。日本人フォトグラファーで、1年前に引っ越してきて、現在ニューヨークに住んでいます。

7年間アメリカに住んでいます。2019年にカメラを手にし、カリフォルニアのスケートボードを写真に収め始めました。そのとき、スケートのトリックを写真に撮るだけでは満足できず、そこでストリートに出て、人々を撮影するようになりました。すぐにハマり、それ以来写真にぞっこんです。いつもカメラを持ち歩いています。

Kazuの撮る写真の多くは、被写体と共にとても親しみやすい印象を与えます。どのようにアプローチしているんですか?

ありがとうございます。僕にとって写真は感じ方そのものです。僕のアプローチはとてもシンプルなんです。この世界で歩いていて、何かを感じるとき、気の抜くままに、僕自身中に何かうごめきを感じたとき、その世界に飛び込みただシャッターを切るだけです。それだけです。あとよく許可を求めません。許可をとってしまうとストーリーが全て変わってしまいます。

Photos taken by Kazuto Nakajima with the Atoll Ultra-Wide Lens

どうやって自分のスタイルを確立したの?

そうですね、大半は他のフォトグラファーの作品を見ていたと思います。歴史については良くはわかりませんが、偉人たちから多くを学んでいます。またストリートにいるときは、常に二度と見れないものを探し続けています。

Atoll レンズでの撮影の仕上がりはどんな感じですか?

このレンズでの撮影はとても楽しかったです!ネガを手にしたとき本当に驚きました。このレンズは本当にシャープですね。最もエキサイティングだったのは、一度もしたことのない見方で世界を見ることが出来たことです。特に被写体の下から撮影する時です。そのアングルはとても魅力的でした。

Photo taken by Kazuto Nakajima with the Atoll Ultra-Wide Lens

このレンズで撮った写真の中にお気に入りはある?そこにストーリーは?

このカメラっこの写真が気に入ってます。テクニカルには良いとは思いませんが、気に入ってます。彼のお父さんが止めているにもかかわらず、その子は人ごみの中に立って何枚も写真を撮っていたんです。彼は完全にゾーンに入っていましたね。子供のころに写真を撮っていたことを思い出しました。この写真は僕自身を撮影したものでもあるんです。まさにセルフポートレートでしたね。

広角レンズで撮影する時に、ストリートフォトグラファーが意識するコツとかトリックはある?

出来る限り沢山撮って、実験を恐れないことですね。決まり文句の様なものですが、ルールは無いということです。好きなものなんでも撮ってください。それが成長するための最良の方法だと思います。

Photos taken by Kazuto Nakajima with the Atoll Ultra-Wide Lens

もし、どこへでもこの Atoll を持っていけるとしたら、どこにもっていく?

東京ですね。いつか、Atoll を持って東京の人ごみの中を探検してみたいんです。

ほかにシェアしたいことはある?

僕の写真は全て 992 Photo Life INC. で現像、スキャンしています。
---

Kazuto の作品をもっと見てみたいなら、彼の Instagram をフォローしてみよう!

2022-12-26 #gear #people eloffreno の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む