Diana Instant Square:明るさ設定をマスターしよう!

Diana Instant Square は、ロモグラフィーがアナログらしさをとことん追求した一台。今回はこのカメラを楽しむ際に重要な「明るさの設定」についてお話しします!

このカメラで撮影する際、明るさを決める要素はざっくりと言うと2つ。

1. シャッタースピード
2. 絞り(お天気マーク)

スマートフォンや、オート露出のカメラに慣れている人には最初は難しいかもしれません。慣れればカメラの基本的な仕組みを知ることができたり、フルマニュアルのカメラで撮影する際にも役立つ知識です。アナログ写真の世界へようこそ!

1. シャッタースピードの選択

シャッタースピードとは、シャッターが開いている時間のこと。長ければ長いほど写真は明るく写り、短ければ暗く写ります。けれど長すぎると写真が真っ白になってしまいます。まずは、レンズ上にあるレバーで「N」または「B」を選択しましょう。

N(ノーマル):1/100秒の速さでシャッターが切られます。
● 昼間の屋外
● 夜間や屋内の撮影でフラッシュを使う場合

Nモードで撮影された写真。明るい屋外、フラッシュがある場合は基本的にNに設定しましょう。

B(バルブ):シャッターレバーを押している間、シャッターは開いたままです。
● フラッシュなしで、暗い場所で撮影を行う場合(夕暮れや夜の屋外、室内など)
● ピンホール撮影時
● ライトペインティングをする場合

※バルブに設定したら、手ブレに気をつけましょう!三脚を使ったり、カメラをテーブルに置いて撮影すると手ブレを防げます。

Bモードで撮影された写真。光が少ない環境で使う設定です。
ピンホールの場合は絞りが針の穴のように小さいため、明るい環境でもバルブに設定します。

2. 絞りの設定

シャッタースピードを選択したら、次は絞り選択レバーで絞りを設定しましょう。レンズ下に描かれたお天気マークが絞りの目安です。

絞りとは、光をとりこむ穴のこと。レンズ部分を外して絞り選択レバーを動かしてみると、穴の大きさが切り替わる様子が見えます。穴が大ければ大きいほど写真が明るくなります。

その場の環境によって絞りを選択しましょう。最初は慣れないかもしれませんが、撮っていくうちにコツをつかむことができるはずです。

フラッシュを装着すれば、室内でも十分に明るい写真が撮影できます。この際に気をつけたいのが被写体との距離。絞りを解放(f/11)にして被写体に1m以上近づくと、反射して白飛びしてしまうこともあります。フラッシュなしで室内を撮影する場合はB(バルブ)に設定しましょう。ふんわりとした独特な写りを楽しめます!

ピンホール(1/150)の場合はB(バルブ)に設定しましょう。晴天の屋外では3秒ほど、屋内では環境に応じて5〜30分ほどシャッターを開いている必要がある場合もあります。

Q. ピンホールとは?
針穴のように小さな穴(ピンホール)から像を得る撮影方法です。露光に時間がかかるため、バルブモードでの撮影(長時間露光)となります。通常の撮影時よりもドリーミーでソフトフォーカスな仕上がりを楽しめます。フィルムがまだ登場していなかった頃、カメラの原点とも言える撮影方法です。


Q. 写真が真っ白、または明るすぎる場合

写真が真っ白の場合、露光され過ぎている(光に当たりすぎている)ということです。
● 晴天時の屋外で撮影した場合、光が強すぎる等で写真が白く飛んでしまう場合があります。絞りを、より穴が小さい設定にしてみましょう。
● B(バルブ)モードに設定されていないか確認してみましょう。
● フィルムが何らかの理由で感光した可能性があります。電源OFFの状態や電池を抜いたままの状態であっても、シャッターレバーが押されてしまうとフィルムが露光されてしまいます。
● 裏蓋が途中で開いてしまった可能性があります。フィルムを10枚撮りきるまで裏蓋を開けないでください。開いてしまうとフィルムが感光し、真っ白になってしまいます。

Q. 写真が真っ黒、または暗すぎる場合

写真が真っ黒の場合、十分に露光されていない(光が足りていない)ということです。
● レンズキャップをつけたままにしていないか確認してみましょう。
● 屋内でフラッシュを使わずにN(ノーマル)設定で撮影すると、十分に露光されない場合がほとんどです。フラッシュを装着するか、B(バルブ)に設定して撮影しましょう。写真が少し暗い場合は、絞りをより穴が大きい設定にしてみましょう。

2018-12-25 #diana-instant-square #disq # refallinsasaki の記事

他の記事を読む

  • Diana Instant Square 付属説明書に関するお詫びと訂正

    2018-12-16 refallinsasaki の記事
    Diana Instant Square 付属説明書に関するお詫びと訂正

    Diana Instant Square 付属説明書に、Diana フラッシュ+の電池は「単4アルカリ電池」とありましたが、正しくは「単3アルカリ電池」となります。皆様にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、訂正させていただきます。

  • ★【FAQ】Diana Instant Squareってどんなカメラ?

    2019-02-09 erina の記事
    ★【FAQ】Diana Instant Squareってどんなカメラ?

    満を辞して誕生した新しいインスタントカメラ Diana Instant Square。そもそもどんなカメラなの?使い方は?そんな疑問にお答えします!この遊び心いっぱいの「アナログ」インスタントカメラをめいっぱい楽しみましょう。

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • B&W 400 Berlin Kino Film:撮影と現像に関するアドバイス

    2018-11-12 #gear #tutorials sameder の記事
    B&W 400 Berlin Kino Film:撮影と現像に関するアドバイス

    新しい Lomography B&W 400 35 mm Berlin Kino Filmが、モノクロ写真や自家現像を楽しむきっかけとなれば嬉しいです。今回はこのフィルムでの撮影、現像、そして加工を行う際のアドバイスをお話します。

  • ★Diana Instant Square - 6/22(金) 正午よりプロジェクトスタート!

    2018-06-20 #gear #ニュース
    ★Diana Instant Square - 6/22(金) 正午よりプロジェクトスタート!

    Dianaが正方形フォーマットのインスタントカメラとして生まれ変わる!鮮やかな色とコントラスト、特徴的なビネット(四隅の周辺光量落ち)、ふんわりとしたソフトフォーカスに予測できない光漏れ。そんなアナログな写りを撮ってすぐに楽しめる Diana Instant Square !

  • Lomopedia:Olympus Pen(オリンパス 初代ペン)

    2018-11-08 #gear plasticpopsicle の記事
    Lomopedia:Olympus Pen(オリンパス 初代ペン)

    最も成功をおさめたカメラのひとつとして知られる Olympus Pen(オリンパス 初代ペン)は、1959年に誕生したハーフカメラ。35mm ハーフサイズカメラを普及させる先駆けとなったこのカメラについて、Lomopediaを見てみよう。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ゴトウヨシタカ写真展「RISK TAKER vol.2」開催

    2018-06-30 amanachan の記事
    ゴトウヨシタカ写真展「RISK TAKER vol.2」開催

    ロモグラファーの ゴトウヨシタカ さん ( @gocchin ) の個展「RISK TAKER vol.2」が7月27日(金)より旭川市のディーアイあさひかわにて開催決定!ロモグラフィーのカメラを使用し、アナログ手法のみを駆使して撮影された多重露光やクロスプロセス現像の美しい作品は必見です。お近くにお住いの方はぜひ足を運んでみてくださいね!

  • 夏の3331こども芸術学校2018「フィルムカメラで作る夏の思い出アルバム教室」開催

    2018-06-28 erina の記事
    夏の3331こども芸術学校2018「フィルムカメラで作る夏の思い出アルバム教室」開催

    直営店Lomography+ があるアーツ千代田 3331では、今年も 3331こども芸術学校 を開催します!絵画教室、ドローン操縦や英会話教室などさまざまなことを学べるワークショップが企画されており、Lomographyはインスタントカメラ教室の開催が決定しました!撮ったあとはアルバム作りにも挑戦しましょう!

  • ロモグラフィーのブースでカメラやグッズをGETしよう!【CP+ 2019】

    2019-02-25 erina の記事
    ロモグラフィーのブースでカメラやグッズをGETしよう!【CP+ 2019】

    2/28(木) ~ 3/3(日) にパシフィコ横浜で行われる国際的なカメラと写真映像のワールドプレミアショー「 CP+(シーピープラス) 2018 」。当日ロモグラフィーブースにご来場いただいた方にオリジナルグッズがもらえるキャンペーンをご用意しております。さらに抽選でロモグラフィーのカメラをプレゼント!

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • LOMORIDE! -Don't Think Just Shoot with Tokyobike-

    2019-05-08 refallinsasaki の記事
    LOMORIDE! -Don't Think Just Shoot with Tokyobike-

    街を楽しむためにデザインされた自転車、トーキョーバイクに乗ってフィルム写真を撮りにいくスペシャルなライドを 5/18(土)、19(日)に開催。THE KNOTとトーキョーバイク、ロモグラフィーとのコラボレーションイベントです!

  • Diana F+:変幻自在なスクエアフォーマット

    2018-06-15 #gear
    Diana F+:変幻自在なスクエアフォーマット

    無限の可能性を秘めた Diana F+。アクセサリーと一緒に使うことで様々な姿に変身するカメラです。今回はスクエアフォーマットがどのように変化するかに注目してみましょう!