Petzval 55 mm f/1.7 MKIIの第一印象:Geoffrey Yahya Vargas

今回は彼が Petzval 55 mm f/1.7 MKII で撮影したショットをご紹介。的確なボケをコントロールできるこのレンズは、柔らかくぬくもりを感じられるようなポートレート撮影にピッタリです。

Pictures by Geoffrey Yahya Vargas with the Petzval 55 mm f/1.7 MKII.

── どんな写真を撮るのが1番好きですか?

どんな写真を撮るにも夢中になっちゃうけど、誰かにモデルになってもらい、ポートレイト写真を撮ることが多いかな。自分の中でストーリーを作って、勝手にそのストーリーの登場人物にさせたりするんだ。

── 今までフィルムでは、Lomo LC-A 120や、Lomogon 2.5/32 Art Lensのテスト撮影をして頂きましたね。今回デジタル撮影をこのレンズでしてみて、フィルム撮影との違いは何かありましたか?

例えば今回の撮影のようにファッション要素を強調したい時、デジタル撮影はとても向いていると思います。でも、一方が優れていて、一方が劣っていることなんてないんじゃないかと思うよ。私にとってデジタルとフィルムは、アイディアを実現することにどちらも素晴らしいツールです。

── Petzval 55 mm f/1.7 MKII を使ってみての第一印象はいかがでしたか?

とても大好きになったよ。調節できるボケは素晴らしいね。しっかりとその効果を表すことが出来るし、それにクリアな感じがしたよ。

── 今回の写真のテーマはなんですか?

実は毎回決めないようにしてるんだ。見てくれる人みんなが、それぞれのストーリーを想像できるようにしたいからね。

Pictures by Geoffrey Yahya Vargas with the Petzval 55 mm f/1.7 MKII.

── あなたの写真には被写体との心の近さが感じられました。そのような撮影の雰囲気は、どのように作り出しているんですか?

リラックスしてモデルと会話したり、笑ったりしてるかな。ただ、常に切り抜きたい瞬間には目を凝らして探してるよ。

── Petzval 55 mm f/1.7 MKII を使ってなにかいつもとは違ったことが出来ましたか?

いつもより被写体に近づいて撮れた気がしたんだ。

── 「写真を撮ること」を一言で表すとしたらなんですか?

答えになるかわからないけど、ロバート・キャパのこの言葉が大好きなんです。: "If your photographs aren't good enough, you're not close enough.(君の写真に何か足りないのなら、あと一歩の踏み込みが足りないからだ)"

Pictures by Geoffrey Yahya Vargas with the Petzval 55 mm f/1.7 MKII.

── 写真のほかになにか興味のあるものはありますか?

最近は疎かになってるんだけど、音楽も僕の人生にとって大きな存在なんだ。

── もしフォトグラファーじゃなかったら、何になりたいですか?

同じ様な人生を送りたいね。

── あなたにとってカラーとモノクロはどちらが魅力的ですか?

モノクロはとても魅力的だよね。けど僕はカラーフィルムを使って色で遊ぶのが好きなんだよね。

Pictures by Geoffrey Yahya Vargas with Petzval 55 mm f/1.7 MKII.

Model: Leevibel
Assistant: Andrea Mejia Yahya Vargas
PhotoEditor: Agathe Vastel


Geoffrey Yahya Vargas についてもっと知りたい方はHP, instagram のこちらから。

Petzval 55 mm f/1.7 MKII はフォトグラファーや映像作家によって作り出されました。この55mmアートレンズは、Joseph Petzvalのレンズにインスパイアをうけ、フルサイズミラーレス一眼に対応させました。7段階のボケ調整リングと、絞り調整リングを搭載。美しいぐるぐるボケと中心部のシャープな描写を、写真と動画撮影で楽しめます。ウォーターハウス式絞りプレートを使えば、ボケの形を変えることも可能です。

2019-11-19 #ニュース #people

コメントはまだありません

他の記事を読む