カラフルリセット:with J.K Chekpo

ディレクター、そしてフォトグラファーとしても活動する J.K Chekpo の作品は、2021年のビックサプライズでした。彼のエネルギーにあふれた写真と計算された構図は、鮮やかな色使いとともに、見る人々の目を釘付けにするでしょう。

そんな彼にもスランプに陥ってしまう時期があったそう。そんななか、撮影意欲を掻き立ててくれた、あるフィルムカメラとの出会い。それはまさに、運命だったといえるでしょう。

© J.K Chekpo

── ハロー J.K!自己紹介をお願いできますか?

ベナンとドイツのミックスで、ディレクター、そしてフォトグラファーとしてベルリンをベースに活動しています。街を探索するのが好きなので、自然とストリート撮影をするようになりました。数年前から段々とポートレート写真にもトライしています!

── フィルムを使うようになったきっかけを教えてくれますか?また、どのくらいフィルムで撮影していますか?

当時東京に住んでいた時に、ロンドンに旅行しに行ったのですが、奇妙なことにあまりやる気が出ず、あまり写真を撮りませんでした。日本に戻ってきて、自分の写真が良いのは見た目的にインパクトが強い日本の街並みのおかげだけなのか、と疑うようになってしまいました。今思えば面白いかもしれませんが、すごくやる気が落ちたし、自分のカメラ(EOS 5D mark 3)を数カ月間全く触らなかったです。

ある日友人と秋葉原に出かけて、たまたま見つけた小さなフィルムカメラショップに入りました。そこで中判フィルムカメラの Fuji GW690III を見つけて、なにか良い予感がして、気が付いたらそのカメラを買っていました。そのお店の店員さんはすごく優しくて、期限切れのフィルムをおまけしてくれました。次の日、そのフィルムで撮ってみました。

© J.K Chekpo

撮れた写真をみた時、驚きました。ばかばかしい疑問を自分に投げかけるのをやめて、そしてまるでリセットボタンを押したかの様な感覚になりました。フィルムで撮影をし始めてから4年になりますが、3枚目の写真は今でもお気に入りの一枚です。

”撮影した人の作品を通じて、そのフォトグラファーの素顔がよく分かると思う。僕の場合は色が好きで、自分の写真を通してもそれが表れていると思います。”

── 写真を通じて伝えたいことなどはありますか?

映画をたくさん見て育ち、その映画についての話をするのがすごく好きです。写真を見る人が、この一瞬の前に何が起こったのか、何があってそうなったのか、とか、その後何が起こったのか、なんて想像してくれる写真であってほしいですね。自分の作品が必ずしもそうなれるかは分かりませんが、少なくともそういう心意気で撮っています。(笑)

© J.K Chekpo

── 自分のスタイルを5つのワードで例えるなら?

カラフル、感情的、ドラマチックな光、映画のような雰囲気。

── シャッターを押す前に構図に入れたいものはありますか?

まずは色ですね。自然な感じであってほしい。次に状況に応じて、被写体とその被写体がいる空間との関係性です。

── 写真を撮る理由はなんですか?

写真は動画とは違って、撮るというプロセス自体がとても早いです。違う形で自分が好きなことをやってはいますが、写真は満足感があって、とても落ち着ける感じがします。

© J.K Chekpo

── 将来やってみたいプロジェクトはありますか?

今のところ、これといった物は無いですが、とにかく自分が撮りたいものを撮る、そしてそれでハッピーな気分になれる、そういうのが良いですね。この先何が起きるか全く予想ができない時代で、「自分が撮りたいものを撮る」っていうのはすごく大切なことだと思います。(Bye 2020年)未来を予想、なんて無理ですが、これからまた何かがあるでしょう。様子見だね!

── 調子はどうですか?パンデミックの影響などはありましたか?

なんとか元気にやってます!東京と香港に戻らないといけないのですが、計画していたプロジェクトは難しそうです。なので最近は昔の写真を編集したりすることが多いです。でも新しいアイデア作りにも取り組んでいます。この状況が早く終わるといいですね!

© J.K Chekpo

── あなたにとってのパーフェクトな一日とは?

朝早く起きて、街中を自転車で走り回って、途中で朝食。朝食をとりながら、街の景色と紅茶の匂いと一緒に向こう岸までフェリーで行く。もう少しだけ探検をして、街を眺めながらアイスティーかタピオカでも飲みながらルーフトップの上で一日を終える、こんなパーフェクトな一日を彼女と香港で過ごしたいです。

── ロモグラフィーマガジンを読んでいる皆さんへ何かメッセージはありますか?

「日々学び続けている」ということを忘れないことが大切だと思います。常に好奇心を持って、冒険し、様々なことに挑戦する。いろいろな種類のフィルムにも。やったこと無いことには少し躊躇しちゃうかもしれない。だけど、とりあえずやってみて、楽しむことを忘れずに、それが大事です。


その他の彼のカラフルなアートワークは Instagram からご覧ください。


ロモグラフィージャパン:Instagram / Twitter / Facebook / ショップページ

2021-05-05 #people cheeo の記事

他の記事を読む