Kodak Aerochromeの魅力を最大限に楽しむ方法

10

私がAerochromeで撮影したアルバムをアップロードしてから、この理解を超えたすごいフィルムのあらゆる質問をそれこそ山のように頂きました。このフィルムをどうしたら使いこなすことができるのか、多くのロモグラファーから説明してくれないかと頼まれたのでこの記事を書くことにしました。

Credits: lazybuddha

あのアルバムにあれだけ多くの反応がなかったら、私は決してこの記事を書こうとは思わなかったでしょう。だって私はいまだロモグラフィーの初心者なんですから。実際のところ私よりAerochromeについて詳しく経験豊かな人達はたくさんいて、私だってAerochromeを試す前にそんな偉大なフォトグラファー達のアドバイスを探したんです。彼らは惜しみなく知識をシェアしてくれた。だから私もそのスピリッツに従って、すこしだけどAerochromeについてわかったことを書きます。

はじめに、このフィルムの背景について
Kodak Aerochromeは森林管理、地図作成、工業、軍事的な分野での航空写真の為に設計されました。だから元々航空カメラに使われるフィルムフォーマットのみで作られていて、そのサイズは9.5インチ、長さは400フィートでした。これを一般的な35mmとか120カメラに使うには、すこし面倒な作業をする必要があります。
つまり今ある120フォーマット(めったにないが35mmフォーマット)のAerochromeは誰かが暗室でカットしてもう一度巻いたものというわけです。それは簡単ではないですよね。そういうわけで今はもうその作業はされなくなってしまいました。そのため値段も高く、極端にレアなフィルムになってしまいました。こんな背景もあって、このフィルムを使う時は、ロモグラフィーの 10のゴールデンルール を1つか2つを無視することになるけれど、撮影する前にちょっと頭を使って計算したりして、なんとか失敗を少なくしたいと思うんですよね。

フィルター
Aerochromeは他の普通のフィルムと同様、可視光線すべてのスペクトルに感光する。ただ1つ違うのは、730nm(【nm】ナノメートルは光の波長の単位)以上の、人間には見えない近赤外線にも感光する点だ。また、Aerochromeと他の赤外線フィルムはノーマルフィルムと比べて青い光により感光する。そのため赤外線の効果をしっかり得るためにはフィルターが重要になる。Aerochromeをフィルターなしで使ったとしても強烈なコントラストと風合いが得られるが、そこには赤外線の効果はない。推奨されるのは、イエローやオレンジのフィルターだ。しかしレッドとか、グリーンのフィルターだって使ってもいい。一般的にフィルターが濃いほど、赤系と空が濃くなり、コントラストがはっきりする。フィルターが薄いと、赤がピンク系に寄り、空は緑っぽくなる。それぞれのフィルターの効果の違いを以下に示します。

レッドフィルター

Credits: lazybuddha

オレンジフィルター

Credits: lazybuddha

イエローフィルター

Credits: lazybuddha

グリーンフィルター

Credits: shoujoai

注:フィルターと関係なく、他のいろんな要素も画像に影響を及ぼしています。

露出
Aerochromeはイエローフィルターを使用した時、ISO400に相当する。つまりイエローフィルターを使う時はISO400に設定すればよいという事になる。しかしクロスプロセスの場合はまた違ってくる。AerochromeはAR-5という現像処理をするように設計されていて、E-6がその代用法として一番手軽な方法だ。これをC-41でクロスプロセスする場合、ISOは320あたりに変わってくる。私が今まで撮影したフィルムは全てC-41でクロスプロセスをおこなった。私は露出計を全然使わないけれど、十分な日光に対する目安は以下のとおりです。
イエローフィルター - f22 1/125秒
オレンジフィルター - f16 1/125秒
レッドフィルター - f11 1/125秒

露光時間が短いと、空の色あいは失われるが、画像はきめ細かくなる。露光時間が長いと画像はとても白っぽくなる。以下にその例をあげます。一番目のは露出アンダー気味で、二番目のは露出オーバー気味です。

現像方法
AerochromeはAR-5という現像処理をするように設計されているので、他のスライドフィルムと同じような現像結果にはならない。普通、スライドフィルムをクロスプロセスすると極端な彩度と強いコントラストの結果が得られる。しかしAerochromeをE-6で現像すると、画像は既に最大限の彩度を持って出来上がる。それをC-41でクロスプロセスすると、むしろよりきめ細かい描写が得られる。Aerochromeの写真はなんにせよ強い彩度になるので、クロスプロセスできめ細かさを得たほうが良いと思う。E-6とC-41の詳しい結果とその比較は こちら を見てください。

光源
私たち(またはカメラ)が捉える色は、2つの事柄によって決定される。物体がどれだけ光を吸収または反射するか、と光源である。物体の本当の色を知覚するためには、光源の中にその色の光線が含まれて、物体で反射されなければならない。すなわち物体から赤外線の特性を得るためには、光源に赤外線を含んでいることが必要だ。日光はもっとも赤外線を得やすい光源だが、ダングステンランプ、ハロゲンランプも赤外線を放射する。他の人工光(蛍光灯やナトリウムランプ)のほとんどは可視光しか放射せず、なんの赤外線効果も得られない。現在使われている人工光は、エネルギーの節約という理由で、限られた波長の光しか放射しないものが大部分だ。つまり、Aerochromeは室内や人工光の下で使っても意味が無い。ただしタングステンランプ、ハロゲンランプは除く。

草木の葉
木や草の葉はそれぞれ種類によって赤外線の反射角度が異なる。それはそれぞれ少しずつ違う赤い陰影で写真に写る。フィルターが明るいほど草木の種類の違いがはっきりする。例えば明るいイエローフィルターはレッドフィルターより、ピンクと赤の陰影が豊かに写る。なぜならレッドフィルターだと薄いピンク色がうまく出ないためだ。

フォーカシング
光がレンズを通過して曲がる(屈折)ときに、それぞれの色の光線は異なる波長を持つ故に違う角度に曲がる。一般のカメラのレンズは、全ての波長の可視光線(つまり赤外線は除く)は同じポイントで結像するように設計されている。しかし、赤外線は波長が可視光線よりも長いためにそれより向こうに焦点が合う。目に見えないものを扱っているため、この焦点の調整はやっかいだ。古いレンズには赤外線の調節のための赤い点がついているものもある。それを持っていないならば、私の経験から可視光の焦点距離よりも1/3から1/4近くに焦点を合わせるといいと思うが、だいたいはやってみないとわからない。はっきりしていることは、絞りを絞るほど被写界深度が増すので、成功の機会が増えるということだ。f2.8などの開いた絞りによる正確なフォーカシングはまったくもって難しい。

他にも空気のコンディション、海面からの距離というような、不確定な要素が最終的な出来上がりに影響してくる。赤外線フィルムを使うこと自体が、どんな結果が出るかの実験を楽しむようなものだ。しかしあらかじめ少しばかりでも知識を仕入れておくことで、うまくいけばがっかりする結果を最小限に抑えることができるはずだ。みなさんの健闘を祈ります!

2011-10-28 #gear #tutorials #film #infrared #tutorial #filters #tipster #aerochrome #cir #ir #eir-color-color-kodak #kodak-aerochrome lazybuddha の記事

旅やストリートで活躍するコンパクトなワイドレンズ Lomogon。アナログカメラ LC-Aを彷彿とさせる生き生きとした写りと、スマートなダイヤル式絞り。ロモグラフィー渾身の一眼レフ用レンズが登場。MotionGalleryでプロジェクトがスタート!クラウドファンディングでは最大40%OFFでレンズを支援できます。

10 Comment

  1. kyonn
    kyonn ·

    Kodak Aerochrome、どこで売ってるんでしょう??一度でいいから使ってみたい!

  2. tame
    tame ·

    つかってみたい!me too!

  3. gangan
    gangan ·

    ワールドオークション セカイモン www.sekaimon.com/ で売ってるよー
    「赤外フィルム カラー」とかで検索すれば出てくるはず。
    ちなみに1個だいたい5000円。。。

  4. mizugoji
    mizugoji ·

    5000円www
    使う人尊敬します!

  5. keni
    keni ·

    自分じゃ買えないから誰かプレゼントしてくれないかなー。なんて^^

  6. kyonn
    kyonn ·

    げっ!5000円かぁ。 @gangan プレゼント待ってます♡

  7. npkishi
    npkishi ·

    5000円…シャッターきるのに勇気が要りますね。でも、こんな写真がとれるなんてすてき!

  8. tame
    tame ·

    わああ。5000円かぁー。高いな〜@ganganさん情報ありがとうございます!
    @npkishiさん、確かに、シャッターきるとき緊張しそうですね!

  9. gangan
    gangan ·

    @kyonn じゃーLC-Wideと交換だな♡

  10. kyonn
    kyonn ·

    @gangan えっ...?

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    2018-09-04 #ビデオ dnimdnim の記事
    Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    タイ人のシンガーソングライター Phum Viphuritの「Lover Boy」という曲を知っていますか?今年の夏、色々な場所で流れていたので聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。この曲のミュージックビデオには、一部 Petzval 58 Bokeh Control で撮影された映像が使用されています。

  • 暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    2018-08-28 #gear
    暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    撮影時に光がどの程度得られるかというのは、フィルム写真では最も重要な問題。晴天の屋外で撮影すれば極端に失敗することはありませんが、シチュエーションに合ったフィルムを選べば光の少ない環境でも撮影を楽しめます!

  • ショップニュース

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    フィルムカメラを始めてみたいけど、いきなり一眼レフを使いこなす自信がない...という人も多いはず。気軽なスナップ撮影や、使い捨てカメラからのステップアップには、 35mm コンパクトフィルムカメラがおすすめ。

  • 【ロモグラフィーより年末のご挨拶】Holiday Love Letter from Lomography

    2018-12-27 erina の記事
    【ロモグラフィーより年末のご挨拶】Holiday Love Letter from Lomography

    2018年が終わろうとしています。今年もロモグラファーの皆さまのおかげで、たくさんの素晴らしい思い出を作ることができました!ロモグラフィーから年内最後のご挨拶を申し上げます。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    2018-04-26 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    #イットガーリー はインフルエンサーたちの日常を温かみのあるフィルム写真で切り取った写真集。いままで様々な形でコラボしてきた #イットガーリー × Lomographyが今回展示を開催することとなりました!来場者プレゼントもあるのでお楽しみに。

  • Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    2018-05-26 #gear
    Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    太陽が登って世界が夏色に染まる季節です!さあ、写真を撮りに外へ出かけましょう。重いカメラは家に置いておいて、あなたが必要なのは小さくて、シンプルで、それでいてパワフルなカメラ。

  • 多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    2018-03-15 hodachrome の記事
    多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    多重露光アーティスト山本穂高氏(@hodachrome)主催による多重露光写真展「 カサナリノセカイ 」が京都で開催中です。コンセプトは「日常ではありえないような夢の世界──。何度でも心に刻んでほしい…」。全国から集まった多重露光好き・フィルム好きがそれぞれの幻想的な多重露光の世界を奏でます。ぜひ足をお運びくださいませ!