【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

2016-11-12 1

フォトグラファー、ロモグラファーとして国内外で活躍する山本穂高 hodachrome さんが、期限切れのフィルムの魅力や使い方についてまとめた記事を書いてくださいました。安くなっている期限切れフィルムを買ったり、いつの間にか買ったフィルムの使用期限が過ぎていたなんて人も多いはず。そんな時は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。期限切れフィルムの独特な風合いを楽しみましょう!

期限切れフィルムとは?

期限切れフィルムとは、パッケージに記載されているフィルム使用期限を越えてしまったフィルムのことです。フィルムには使用期限があり、一般的なカラーフィルムは製造から2年、モノクロは3年ぐらいといわれています。

では、その期限が過ぎてしまったフィルムを使うとどうなるでしょうか。保存状態にもよりますが、製造からある一定の期間は品質の劣化があまりなく、その後徐々に本来の品質が失われていきます。

具体的には、
①感度が落ちる…フィルム感度通りの露出で撮っても暗くなる
②コントラストの低下…ハイライト・シャドーの締まりが失われ眠たい画像になる
③カラーバランスが損なわれる…それぞれの色ごとに異なる変色が現れる
④粒子が荒くなる…荒れたザラザラの画像になりシャープさが失われる

などの劣化が現れます。

フィルムの種類によっても変化の程度・度合いは異なります。
カラーネガフィルムの場合、よほど劣悪な環境(高温多湿の場所等)でもない限り、1年ぐらいの期限超過ではあまり劣化は感じられません。それ以上を過ぎると、保存状態にもよりますが上記のような諸症状が現れてきます。しかし、劣化の程度が少なければ現像後に調整することも可能です。
モノクロフィルムの場合は、色情報がないためコントラストの低下(及び粒状性の劣化)だけにとどまり、現像後にある程度の調整は可能です。
リバーサルフィルムの場合が最もシビアに劣化が現れ、現像後に本来の品質を取り戻すことが困難になります。

上がKodak HD400、約3年期限超過。下は期限内のKodak Gold100。

ネガ原版を見てもその変化は確認できます。上のネガが期限切れのカラーネガフィルムですが、フィルムのベース面から色が赤黒く変色しており、フィルムもややカーリングしています。下が期限内のフィルムで、通常通りの淡いオレンジ色を保っています。

Kodak HD400使用、約3年期限超過。

期限切れフィルムからスキャンした画像です。かなり褪色して現実とは異なるトーンになっていることがわかります

では、他の作例もいろいろ見てもらいましょう。成功例・失敗例各種織り交ぜています。

【作例1】Kodak HD400(ネガ現像)、使用期限は2005年ぐらい(約3年超過)

・使用カメラ: Lomo LC-A
もともと特徴的な青みを持つフィルムでしたが、使用期限超過によりさらに非日常的なトーンになりました。コントラストも低くパステル画か水彩画のようです。

【作例2】Lomography X Tungsten 64(クロス現像)、使用期限は2010年ぐらい(約4年超過)

・使用カメラ: Lomo LC-A+
惜しくも生産を終了したロモグラフィーの名フィルムのひとつ。薄暗い森の中でのやや陰鬱なテーマの撮影で用いましたが、その特徴的な赤・紫系は現れずくすんだブルー調に。感度・コントラスト・彩度とも見事なまでに低下し粒子の荒れ方も抜群です。

【作例3】Kodak EBX(クロス現像)、使用期限は2014年ぐらい(約2年超過)

・使用カメラ:Canon EOS 7S/Canon EOS1N(フィルムスワップwith @kennichi
Kodakの人気のスライドフィルムを用いたフィルムスワップによる作例。約2年超過も保存状態が良かったため彩度コントラストとも健在。クロス現像処理により彩度やコントラストが持ち上げられたことの影響も大です。

【作例4】Kodak ProFoto XL 100(ネガ現像)、使用期限は2011年ぐらい(約4年超過)

・使用カメラ:Canon EOS 7S
目玉と壁のペイントによる多重作品。やや退廃的なイメージを狙ったためあえて期限切れを使用。青系のカブリは予想外だったがコントラスト・粒状性は意外と豊か。

【作例5】Kodak Portra400(ネガ現像/2倍増感)、使用期限は2013年ぐらい(約2年超過)

・使用カメラ:Canon EOS 7S
期限切れフィルムで撮影したのち増感現像処理したもの。現像時間を約2倍にしてコントラストの増加を図りました。露出オーバーとなりカラーバランスは崩れましたがレトロ感が強まり味わいが出ました。

【作例6】Fuji Superia400(ネガ現像)、使用期限は2013年ぐらい(約3年超過)

・使用カメラ:Canon EOS 7S
こちらもやや重い雰囲気を狙ったため期限切れフィルムにご登場いただきました。室内のポートレートと紅葉との多重ですが、グリーン系のカブリとコントラストの低下により狙い通りおも~い雰囲気に。

【作例7】Tokyo gratzy RAINBOW 7(ネガ現像)、使用期限は2009年ぐらい(約5年超過)

・使用カメラ: Lomo LC-A+
かなり個性的なフィルムですが、期限切れにより全体に赤みが増しました。コントラストは低くシャドー部が濁った汚いグレーになりもうどうしようもない感じ。

【作例8】Kodak Gold100(ネガ現像)、使用期限は2014年ぐらい(約2年超過)

・使用カメラ:Canon EOS 7S
2年超過ですが予想以上に劣化の進行が進んでいました(保存場所が劣悪)。裸婦は油絵で上の花は本物の花です。コントラストが低くハイライトに青みが乗りました。絵画(油絵)の持つ質感と期限切れの特徴とは相性が悪くないように感じました。

【作例9】Konica Centuria100(ネガ現像)、使用期限は2003年(約13年超過)

・使用カメラ:Canon EOS 7S
今回の検証の中で最も超過期間の長いフィルム(約13年経過)。バラの花のアップと暗い室内でのシーンとの多重露光ですが予想より色が出ました。コントラストの低下と粒子の荒れはありますが補正なしでここまでの発色が再現できるとは思いませんでした。

【作例10】Kodak Gold100(ネガ現像)、使用期限は2014年ぐらい(約2年超過)

・使用カメラ:Canon EOS 7S
4回露光していますがいずれも少し露出を抑えています。粗さと低コントラストを狙いましたがそれなりによく像が出ています。被写体に明暗のメリハリをつけたことも大きい。

いかがでしたか?フィルムやカメラ・露出・現像方法により実にさまざまな表情を見せているのがわかります。これらの劣化による現象が、撮る被写体やシーン・撮影テーマによってはレトロ感のある味わいのようなものとなり、写真の魅力となって現れることが時としてあります(もちろんその逆もあります)。

最近はフィルムの種類が少なくなり値段も上がってきていますので、期限切れフィルムを使う人も多くなっているかもしれません(私もそうです)。ただ、それらのフィルムを「仕方なく」使うのではなく、特徴を理解した上でうまく付き合ってあげるのもよいのではないでしょうか。

期限切れフィルムを使うときのポイント

最後に、期限切れフィルムを効果的に使う場合のポイントや注意点をまとめました(個人的な感想です)。
1. 高温多湿の場所を避けて保管しておくと劣化が防げる(できれば冷蔵保存)。逆に言えば劣化をあえて促進させたい場合には高温多湿の場所に放置プレイ
2. 撮影の際は露出をややオーバー気味にするとよい(露出不足を防げる)
3. リバーサルフィルムによるクロス現像はあまり劣化が感じられない(クロスによりコントラスト・彩度が上がるため。ただしフィルムの種類・劣化の程度による)
4. 失敗して当然の気持ちで遊び心いっぱいで撮る。時にその年のあなたの代表作が期限切れフィルムから生まれることも(?)

フィルム写真にいかなるルールもありません。皆さんも手元にある期限切れフィルムをガンガン使ってぜひ面白い作品作りを楽しみましょう♪

関連記事
期限切れフィルムの美しさ
-———————————————

Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にロモグラフィーの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。
-———————————————
hodachrome さん、ありがとうございました!

2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

1 Comment

  1. lorrainehealy
    lorrainehealy ·

    Love the images, as usual I wish I could read your text!

他の記事を読む

  • 【数量限定】Lomography Color Negative F²/400 が新登場!

    2017-02-23 #gear #ニュース Lomography の記事
    【数量限定】Lomography Color Negative F²/400 が新登場!

    F²/400フィルムは今までにないブルートーンの美しい鮮やかな発色を楽しめる個性的なカラーネガフィルムです。きめ細やかな粒子は、幅広い色合いを写し出し、現在市場で販売されているフィルムとは一味も二味も違います!X-Pro(リバーサルフィルム)を感じさせる、その特徴的な色はきっとアナログカメラ好きを魅了するでしょう。数量限定、なくなり次第販売終了なので入手はお早めに。

    2017-02-23
  • 生誕30年記念を迎えた「写ルンです」で多重露光にトライしてみた

    2016-07-16 #gear hodachrome の記事
    生誕30年記念を迎えた「写ルンです」で多重露光にトライしてみた

    今月は富士フィルムの使い切りカメラ「写ルンです」がこの世に生まれて30周年となります。この長年愛されてきた名機の生誕を祝い、いろんなイベントが予定されていますが、今回私はhodachromeらしく多重露光にフィーチャーした写ルンですワールドを紹介したいと思います。この魅力的な使い切りカメラを使った多重露光についての説明を画像とともにごらんください♪

    2016-07-16
  • Color Negative F²/400 Watermark Edition が超数量限定で登場!

    2017-05-10 #gear #ニュース pan_dre の記事
    Color Negative F²/400 Watermark Edition が超数量限定で登場!

    販売開始後、世界中で即売り切れとなってしまった 35mmフィルム Lomography Color Negative F²/400。その美しいブルートーンの発色はすべてのフィルム愛好者を魅了し、再販を希望する声も多く寄せられました。そして今回、F²/400フィルムの新エディションが超数量限定で登場!

    2017-05-10
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    2017-06-02 trifivy の記事
    3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    LC-A+の魅力をそのままに、超広角レンズを搭載したLC-Wide。ですが、凄いのはレンズだけではありません!LC-Wideならフォーマットを変えて何通りも楽しめることをご存知ですか?今日はロモグラフィーのコミュニティーから、LC-Wideを使って色んなフォーマットで撮影した作品をご紹介します!!

    2017-06-02
  • 二重露光、自然、そして女性の肖像 - Kimberly Seaburyとフィルム写真

    2017-04-17 #culture #people Lomography の記事
    二重露光、自然、そして女性の肖像  - Kimberly Seaburyとフィルム写真

    写真家のKimberly Seaburyはフィルム写真とそのプロセスに魅了され、中判フィルムを使って魅力的なイメージを創り出しています。

    2017-04-17
  • LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    2016-07-31 #gear #people ihave2pillows の記事
    LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    LomoChrome Purple XR 100-400は伝説の赤外カラーフィルム、コダック・エアロクロームおよびエクタクローム プロフェッショナル インフラレッド (EIR)フィルムに対するロモグラフィーなりの答えです。それは先代と同様に高い技術力を要求してくるものでしたが、このフィルムで撮った作品は驚きに満ちています。それではいかにしてパープルを引き出すか。そのための簡単なガイド記事です。

    2016-07-31
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 2017年3月のトレンドアルバム

    2017-03-31 #ニュース Lomography の記事
    2017年3月のトレンドアルバム

    アルバムのまとめ方は人それぞれ。撮影場所、フィルム、ベストショットなどなど色んな方法がありますが、2017年の3月に人気を集めたアルバムはどんなものだったのでしょう?ロモグラフィーのコミュニティーに投稿されたなかでベストに選ばれたアルバムたちからヒントをもらいましょう!

    2017-03-31
  • 天から覗く

    2016-08-03 #culture lomographymagazine の記事
    天から覗く

    生活していると気付くのは、自分の目線の高さはそこまで変わりがないってこと。たまにはその目線の高さ、変えてみませんか?

    2016-08-03
  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

    2017-05-15
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    2017-03-20 #ニュース lomographysoholondon の記事
    LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    ロモグラフィーのイギリス支店のスタッフHannah BrownがLomoChrome PurpleとLC-Wideを使ってカラフルなパノラマ写真を撮影!ここでは作品とともに、彼女のワイドアングルカメラへの情熱と現像されるまで結果がわからないフィルム写真の魅力について語ってもらいました!!

    2017-03-20
  • 永遠 (@towaforever1) x LC-A+

    2017-06-09 refallinsasaki の記事
    永遠 (@towaforever1) x LC-A+

    日本ではまだ知られていないタイファッションを紹介する『THAI SENSE.JP』。Instagramで人気の若手写真家やモデルの方々にロモグラフィーの LC-A+でタイファッションの魅力を切り取っていただきました。今回はなんと高校生の永遠 (@towaforever1) さんの作品をご紹介。

    2017-06-09
  • 【ロモグラフィーの福袋!】2017年もハッピーでアナログな年にしよう!

    2016-12-28 #ニュース refallinsasaki の記事
    【ロモグラフィーの福袋!】2017年もハッピーでアナログな年にしよう!

    毎年売り切れ続出のロモグラフィーの福袋。そんな季節がやってきました!ハッピーでアナログな2017年を送るために、ロモグラフィーのカメラやフィルムは必需品!刺激が欲しいロモグラファーにも、フィルム写真を始めたばかりの方にも喜んでもらえるよう、さまざまな福袋をご用意いたしました!

    2016-12-28