Love in Lomo:ロモグラフィーがきっかけで始まった恋がある!?

理想のロモグラフィーパートナーに出逢えたら素敵だと思いませんか?ロモグラフィーのコミュニティーならそんな夢も叶うかも!?今回はロモグラフィーがきっかけで生まれた2組のカップルをご紹介しちゃいます!!

今回はMaria (@masha_njam) と Andreas (@andreasehrenreich)の二人に、それぞれのパートナーとの出逢いについてインタビューを行いました!

Maria & Andre:すべての始まりはロモウォーク

ロモグラファーのMariaとAndre (@masha_njam@sushi_9009) はロモグラファーの大事な活動の一つ、ロモウォークを通して出逢いました。二人はベルリンの街を歩き回りながら話しているうちに意気投合したようです。

  • ロモウォーク:ロモグラフィーのカメラやレンズを持って写真を撮り歩くこと

Mariaが語るAndreとの出逢いについて

Credits: sushi_9009

私が仕事で色んなところを旅行して回っていた、2011年の夏の事でした。仕事は楽しかったのですが、周りに誰も知っている人がいないので、休みの時は退屈していたんです。ベルリン出張の時も一人で寂しい思いをしていました。だから、ロモグラフィーのコミュニティーで知り合ったベルリン在住の人を散歩に誘ってみたんです。Andreは私の誘いに答えてくれた一人でした。

Credits: masha_njam

ロモグラフィーは私みたいな人にとって素晴らしいコミュニティーでした。波長の合う人を見つけて、ロモウォークに出かける事で街のことをもっとよく知ることもできたんですから。人々が写真を通じて自分の街を紹介しているのは非常に興味深いです。そうやって、面白い人を見つけて普通の観光とは違う写真を撮ることができるんです。

Andreと私はフリードリッヒシャインで出逢いました。私は迷子になってしまって、そこに30分位いたんです。ロモウォークはベルリンのアンダーグラウンドを巡るとても楽しいものでした。私たちはフリーマーケット、廃墟と化したシュプレーパークや現在は使われていない列車の倉庫に行ったり、ストリートミュージシャンを見たり、フリードリッヒシャインにある奇妙なバーを訪れたりしました。

Credits: masha_njam

私たちは一日中一緒にいて、ずっと笑っていました。散歩はスムーズに進んで、彼の人間性にもとても惹かれました。そして今、こうして一緒にいるんです!

Credits: sushi_9009 & masha_njam

Andreas & Andrea:アナログと手紙

お次のカップルはAndreasとAndrea( @andreasehrenreich@ehrenreichandrea)。彼らは文通を通じて親睦を深めたそうです。

Andreasが語るAndreaとの出逢いについて

私は1966年に感謝しています。この年、ブラスチスラバの鉄のカーテンのむこうでは素敵な少女が生まれたのです。彼女に会う前、まだ彼女が大学も卒業していない頃、私はウィーンにいてパーティーが大好きでした。

1996年、私は結婚相手を見つけようと決意しました。当時は36歳で、おとめ座の私は「誠実」になってすべて「緻密に」計画して実行しなければならない年でした。

今の若い人達、特にデジタル世代の人たちは恵まれていると思います。FacebookやSNSなど婚活の助けになるものが溢れているからです。私の時代には、新聞に投稿するしか手段がありませんでした。それで、オーストリアで一番有名な日刊紙の一つに依頼して、そこで私はAndreaと出逢うことができたのです。この時には私の未来の妻はもうウィーンで建築家をしていました。彼女は忙しい人だったのであまり会う事は出来ませんでしたが、1996年の8月には文通を始めました。

文通はとても楽しくて、幸福な時間でした。そして、1997年の9月に私たちは結婚したのです。

妻との出逢いはここでお話ししたように全て憶えていますが、気付けばもう20年以上も経っていました。そして、いつでも写真とアナログへの情熱が妻と私の二人にとっての人生の楽しみの一つでした。20年間、数えきれないほどのプロジェクトを一緒にやってきましたが、これからもずっと二人で続けていきたいと思います。


これを読んでいる方のなかにもパートナーとロモグラフィックな出逢いをした方がいたら、ぜひコメント欄で教えてください!

2017-02-21 #culture #people

他の記事を読む

  • 【コーヒーで現像】第一回ロモグラフィー現像ワークショップ開催

    2020-01-23 plsrptme の記事
    【コーヒーで現像】第一回ロモグラフィー現像ワークショップ開催

    2020年2月8日(土)に直営店Lomography+はコーヒ現像ワークショップを開催いたします。フィルムの現像って難しそう思えますがあなたが飲んでるコーヒーでできちゃうって知ってましたか?撮影から現像まで(もちろんSNS投稿用のデータ化までも)お試しいただける豪華版になっております。

  • 【ロモグラフィーより年末のご挨拶】Holiday Love Letter from Lomography

    2019-12-27 erina の記事
    【ロモグラフィーより年末のご挨拶】Holiday Love Letter from Lomography

    年末いかがお過ごしですか?今年もロモグラファーの皆さまのおかげで、たくさんの素晴らしい思い出を作ることができました!ロモグラフィーから2019年最後のご挨拶を申し上げます。

  • Daguerreotype Achromat:冬のナイトスナップにかける魔法

    2019-12-23 erina の記事
    Daguerreotype Achromat:冬のナイトスナップにかける魔法

    すっかり寒くなり、街のきらめきがまぶしい季節。そんな冬の夜、Daguerreotype Achromatで街明かりをスナップしませんか?きらめく街明かりと柔らかく優しい空気感を写した瞬間を、いっしょに見ていきましょう。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • #イットガーリー x フワちゃん in New York City

    2019-10-31 xcvllshawn の記事
    #イットガーリー x フワちゃん in New York City

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はフワちゃんがアメリカ、ニューヨークの街角を疾走してくれた様子をまとめました。(パワフルすぎて一部まとめきれませんでした🙃)

  • 写真に収めたい大切なもの: Kageakiへのインタビュー

    2019-12-11 #culture #people cheeo の記事
    写真に収めたい大切なもの: Kageakiへのインタビュー

    フォトグラファーとしてキャリアをスタートさせたことは、Kageakiにとって大きな決断でした。このインタビューでは、何が彼を写真に惹きつけるのかを紐解いていきます。「うまくいかなかった1枚は、思い通りに撮れた1枚よりも大切な1枚でした。」

  • LomoOdds:クリタ x Petzval 55

    2020-02-27 erina の記事
    LomoOdds:クリタ x Petzval 55

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回のLomoOddsは、子ども服を制作しているクリタさんにPetzval 55を使っていただきました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ActionSamplerでGIFを作ろう

    2019-09-03 #ビデオ erina の記事
    ActionSamplerでGIFを作ろう

    ActionSamplerは4枚の写真を1枚に収める4連射カメラ。もっとこのカメラを楽しむために、GIFアニメーションを作ってみませんか?ちょっと手を加えるだけで写真が動き出しますよ。

  • ブツ撮りを極めるための5つのステップ

    2019-05-09 #tutorials cheeo の記事
    ブツ撮りを極めるための5つのステップ

    良いスチール写真を撮ろうと思ったら、画角、ライティング、構図などさまざまな要素に気を配る必要がある。スチール撮影のときに心がけたい基本の5つについて紹介。

  • 【スタッフレビュー】Petzval 55mm f/1.7 MKIIで注目したい5つのポイント

    2019-05-27 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Petzval 55mm f/1.7 MKIIで注目したい5つのポイント

    Petzval ファミリーに、待望のフルサイズミラーレス用 Petzval 55mm f/1.7 MKII が仲間入り!このPetzval 55、試してみると「1本で5度もおいしい」レンズな気がしてきました。どんなところが「おいしい」のか?さっそく見てみましょう!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LomoOdds:Rina Endo x Lomogon

    2020-03-31 erina の記事
    LomoOdds:Rina Endo x Lomogon

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回は会社務めの傍、写真家・ミュージシャンと多方面で活躍するRina Endoさんに、LomogonとLomographyのユニークなフィルムを使っていただきました。

  • LC-A+とLC-Wideの違いとは?

    2019-10-17 erina の記事
    LC-A+とLC-Wideの違いとは?

    ロモグラフィーの代表的なカメラシリーズ、LC-Aファミリー。LC-A+とLC-Wideがあるけれど、その違いとは?そんな疑問を解決します。あなたはどちらのカメラを選びますか?

  • Berlin Kino Filmと鳥取砂丘:橋原大典 (@helloelmer)

    2019-05-21 refallinsasaki の記事
    Berlin Kino Filmと鳥取砂丘:橋原大典 (@helloelmer)

    映画用フィルムから作られた Berlin Kino Film 。みなさんはどんな場所でこのフィルムを使いましたか?今回は橋原大典さんが鳥取砂丘で撮影した写真をご紹介。砂丘で白黒写真だと、植田正治を思い浮かべる人も多いかもしれません。