Community LomoAmigo :hodachrome 、LOMO LC-A+で撮る

夢のような多重露光写真を撮るhodachromeさん。よく見てみるとこれ、日本の風景がほとんどなんです。信じられます?!不思議の国に迷い込んだような体験と共に、彼がどうやってロモグラフィーに出会ったか、どんな風に撮影しているのか、ぜひインタビューをお読みください!

Full Name: Hodaka Yamamoto
Lomography Username: hodachrome
Location: Gifu, Japan

あなたのことをちょっとだけ教えて!どこに住んでいるの?最近、興味をもっていることは?

日本の岐阜県に住んでいます。自然に囲まれた静かで美しい場所です。
最近最も興味があるのは、世界中でロモグラフを撮影をして、世界中で個展を開くこと。できるだけ多くの人に私のロモグラフを見せたいです。夢に近いけどね。まずは国内でかな!

ロモグラファーになってからどれくらい?どうやってロモグラフィーコミュニティーのことを知ったの?

6年ぐらい。LC-Aを使い始めたころ、インターネットでカメラや写真についてをいろいろ調べていて、このコミュニティーもすぐ見つけました。コミュニティーの写真からたくさんの刺激を受けて多くを学びました(今でも学んでいます)。

LOMO LC-A+ を一言で表すと?

無限の可能性。それはカメラによってのみ創造されるのではなく、多彩な種類のフィルムや現像方法、そして斬新なアイデアによってもたらされるものです。その可能性をもっともっと追求していきたいですね。

いつも不思議でべストと思える程完璧な多重露光を撮っているけど、どんな風に撮影しているの?

完璧な人なんていないよ。もちろん私もね。写真についての技術や知識を持っているほうが良いけど、一番大事なことは、いつも言っているけど忍耐力と集中力、そして運。それらがあれば写真の神はきっと我々に微笑んでくれますよ。
あと、気に入ったシーンではなるべく多く同じ写真を撮るようにしています。一か所で一本全部費やすこともあります。その中から満足のゆくベストな一枚が得られたら素晴らしいことだと思いませんか?私は常に、「一期一会」という日本のことわざを大切にしています。

多重露光以外にLOMO LC-A+ でどんな風に撮影するのが好き?

私は多重露光に重きを置いているのでちょっと答えるのが難しいですね。今は「フィルム両面露光(EBS)」というスタイルで作品作りをするのが気に入っています。これも多重露光の一種だけどね…。
あと、長時間露光、これも好きなテーマの一つです。写真の可能性を広げる面白い撮影方法だよ。そのそれぞれの撮影方法を多重露光と関係させたいです。とにかく多重露光が好きなんだよ!

フィルム両面露光(EBS)写真

どんなきっかけでLOMO LC-A+を購入して、撮影するようになったの?

はじめは友人からの勧め。それがまさにロモグラファーとしてのhodachromeのスタートです。それを使うと面白くて変わった写真が撮れると聞いたので、初期のLC-A(ウィーンバージョン)を買いました。正直なところ、はじめはあまりロモグラフが楽しくなかった。たぶん一眼レフカメラをメインでそれまで使っていたから。新しい写真のスタイルに慣れるまで少し時間がかかりました。その後LC-A+を買って、多重露光を覚え始めてからその可能性の虜になったんだよ。

撮影中に何か面白かったり変わった体験をしたことはある?

私の写真は計算されたものが多いけど、ロモグラフィーには光かぶりやコマ送りのトラブル等、予期せぬアクシデントがつきものです。でもそれによって素敵な結果をもたらすことがときどきあります。
Hell’s Angels (最後から2番目) やWheels on fire (一番最後)、など。いつも計算ばかりしている自分への戒めであり、また訓示なのかもしれないね。こういう類のアクシデントはウェルカムだよ、(いつもはイヤだけど)。

もし、LOMO LC-A+で生死を問わずどんな人(想像上も!)でも撮れるとしたら、誰を撮りたい?そしてそれはなぜ?

古代の日本の女王「卑弥呼」を選ばせて下さい。確かな史料がない、日本史上最も謎の女性の一人です。シャーマニズムや呪術を用いて国を統治したと言われています。私のロモグラフィーには最高のモデルだよ!呪術をしている叙情的な彼女の後ろ姿を逆光で収めたいね。フィルムはRedscaleがいいかな。きっと彼女も喜ぶよ、殺されるかもしれないけど。

一番お気に入りのLOMO LC-A+写真を教えて!

難しい質問ですね。自分の写真に順番はつけられないですね。一枚だけ選ぶとしたら「Dolphin Sky」(すぐ下の写真)です。
この写真に関しては、良い結果のために必要な全ての要素、すなわち忍耐力、集中力、テクニック、そして運が本当に全てうまく働いてくれました。難しい撮影だったけど挑戦する価値はありました。

Dolphin Sky

これからチャレンジしてみたいテクニックはありますか?

LC-A+で天体撮影にチャレンジしたいです。珍しいし楽しいと思うよ。去年の冬計画したけどできませんでした。あと、カラー赤外線撮影ですね。やってみたいです、可能ならば。
より不思議で斬新な、誰もやったことのない写真に挑戦したいです。

Hell’s Angels

これからLOMO LC-A+を使ってみたい方に一言アドバイスをお願いします!

知識やテクニックは我々にとって大事だけど、まずはアナログ写真というものを純粋に楽しんでもらいたいです。
「考えずに撮ろう!」、そして「たまに少しだけ考えてみて」、よりよい写真のために。

Wheels on fire

hodachromeさんのすてきな写真は他にもたくさん 彼のロモホーム で見ることができます!ぜひチェックしてフレンドになってみましょう!

LOMO LC-A+ はMXスイッチという多重露光が簡単にできるスイッチがついたコンパクトオートカメラ。 Splitzer を組み合わせて使えば、hodachromeさんの撮るような上下で違う不思議な写真も簡単にお楽しみいただけます!

2012-09-12 #people #splitzer #mx #community #multi-exposure #lomoamigos # #lomoamigo #hodachrome kyonn の記事

【Petzval 80.5 mm f/1.9 MKII Art Lens】180年前の美しいボケを現代に復刻!アートレンズを製品化するクラウドファンディングプロジェクトが MotionGalleryでスタートします!キャノンEF、ニコンFマウントカメラに対応し、各種アダプターを使用してミラーレス機などでもお楽しみいただくことが可能です。最大30%オフでアートレンズが手に入るリターンもご用意いたしました。24時間限定!

他の記事を読む